2020年8月5日配信「週刊0510の特選レース」<週間レース社提供>

 


2020年8月4日配信「東京仙人島minimini情報」

 

「かつて米国でディベートしていたときに『日本はヒットラーと手を組んでいた国』といわれたことがあります。これからは『あのトランプと手を組んでいた国』といわれる時代になるかもしれません。対米過剰依存から脱却しなければ、日本の未来は開けません」(寺島実郎・「しんぶん赤旗」)

 

………………………………………

 

<社会>

 

★「感染防止憲兵隊構想?」…「風営法等を拡大解釈してコロナ感染拡大を阻止すべし!」菅官房長官が警察官、保健所の店内立ち入りによるコロナ対策強化を宣言。

 

◆「山健組に非ずんばも、今は昔の物語」神戸山口組の中核組織山健組」のトップ、中田浩司組長(現在殺人未遂容疑で勾留中)が神戸拘置所から離脱を表明したのに続き有力組織の「池田組」(岡山県)が離脱。

 

★「セールス役はりそな銀行元社長」…極小1Rマンションの「スピリナス」が銀行残高改竄による不正セールス疑惑。

 

★「MIZUHOドジ丸総研(´;ω;`)」「みずほ総合研究所」が保管していた顧客情報延べ約250万7千件を含む記録媒体を紛失。

 

◆「ドサクサ紛れの処分?」「日本郵政」が組織的不正販売に関与したかんぽ生命役員を含む社員573人を処分。

 

★「元凶は能無し環境省!」…東日本大震災復興工事の下請け企業が清水建設」、「安藤ハザマ」、「鹿島」、「大成建設」の幹部らへの提供を目的にした1億5000万円の裏金作り。

 

★「斬り捨て御免!」「俺は悪くない。悪いのはトヨタの車だ」――過失運転致死&過失建造物損壊容疑で起訴、公判中の石川達紘・元名古屋高検検事長の反省なき証言に批判集中。

 

◆「信頼失墜の極み」…誤った緊急地震速報で気象庁が謝罪。

 

◆「白い判決」…広島地裁が「黒い雨裁判」で84人全員を被爆者に認定。

 

★「耄碌慎ちゃん」…「ALSは業病だ」――石原慎太郎元東京都知事が言わずもがなの暴言で謝罪。

 

 

<政治>

 

★「貰い屋悪代官?」河井夫妻の公選法違反事件に絡み検察当局の家宅捜索を受けたアキタフーズ」が西川公也元農相ら3人を豪華クルーザーで接待。

 

◆「河井ウイルスで辞職ドミノ?」…河井夫妻から買収された広島県の市長、市議ら8人が相次いで辞職。

 

★「息を吐くように嘘を吐く?」安倍晋三首相が来年の東京五輪・パラリンピックについて「確実に開催できるよう不退転の気持ちで環境整備を進める」と表明。

 

◆「不要不急マスク再び!」…政府が不評のアベノマスク8000万枚を介護施設や保育所に予定通り配布を強行の愚。

 

★「所詮はアナウンサー上がり?」神奈川警戒アラート」発動の日に横浜スタジアムの横浜DeNA対巨人戦を観戦の黒岩祐治知事「感染防止対策を観に行った」と苦しい弁明。

 

★「国賊はN某とI某?」…米国戦略国際問題研究所が「日本でのコロナ感染拡大は安倍政権が習近平国賓来日の為に中国に忖度し入国禁止を採らなかった事が要因。近年、中国共産党が日本に影響を与えた最大のものとなった」と発表。

 

★「仕事と遊びの2本立て」「旅行しながらテレワークwww」――政府の観光戦略実行推進会議が「ワーケーション」を推進のハチャメチャ。

 

◆「傘寿区長の悪あがき?」「億ション不正購入疑惑」で百条委員会に告発された石川雅己・千代田区長議会解散宣言で対抗。

 

★「泉下の龍太郎が泣いている!」…コロナ対策で大わらわの厚労省のナンバー2・橋本岳副大臣と同ナンバー3・自見英子政務官が“失楽園ごっこ”。

 

 

<企業>

 

◆「コロナに敗けた!」ギャル系ブランド「CECIL McBEE」が店舗閉鎖へ。

 

★「看板に偽りあり」「コスモ」「エネオス」「出光」「昭和シェル」「キグナス石油」「太陽石油」大手5社の独自開発のはずのハイオクガソリンが20年前から混合ガソリンだったことが発覚の巻。

 

◆「ま、まさか買収原資はM資金?」「コロワイド」による「大戸屋」の買収が敵対的TOBに。

 

★「スマホに敗けた」「オリンパス」がデジタルカメラを中心とする映像事業を投資ファンドの「日本産業パートナーズ」に売却、同事業から撤退。

 

◆「貧すれば鈍する?」テレビ朝日労組が民放労連を脱退。

 

★「“浪花バクチ場”が新装開店!」先物の総合取引所大阪で始動。

 

◆「さらばパジェロ?」「三菱自動車」の子会社「パジェロ製造」が岐阜工場から撤退。

 

◆「2機とも墜落寸前?」日本航空」、「ANA」の2020年4〜6月期連結決算でそれぞれ1000億円以上の赤字を計上。

 

◆「脱輪寸前?」「日産自動車」の2021年3月期の連結純損益が2年連続で6700億円の赤字予想。

 

◆「レナウンに続いて〜」…カーコンプレッサー大手の東証1部「サンデン」が経営破綻、民事再生(ADR)を申請。

 

◆「負債総額68億円」…無印良品良品計画の米国子会社「MUJI USA」が破綻、連邦破産法第11条の適用を申請。

 

 

<海外>

 

★「発端はビットコイン詐欺投稿事件」米Appleの共同創業者スティーブ・ウォズニアック氏ら17人が米Googleとその傘下のYouTubeを提訴。

 

◆「閉鎖合戦」米国の中国総領事館(テキサス州ヒューストン)閉鎖に対抗して中国が米国総領事館(四川省成都)を閉鎖。

 

★「只今、共産国家に変貌中?」…フイリピン政府が「ABS」「CBN」放送免許更新否決で報道の自由が風前の灯。

 

★「リーマンの4倍!(*_*)」…アメリカのことし4月〜6月までのGDP伸び率が、前の3か月に比べて1947年以降、最悪の水準▲32.9%。

 

 

<訃報>

 

❁俳優の三浦春馬さん。行年30。

 

❁作家の五島勉さん。行年90。

 

彫刻家の瀬戸 剛さん。行年75。

 

❁歌手の弘田三枝子さん。行年73。

 

❁デザイナーの山本寛斎さん。行年76。

 

李登輝・元台湾総統。行年97。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2020年7月29日配信「週刊0510のおススメBOOKS」

 

 

 


2020年7月28日配信「東京仙人島minimini情報」

 

「選挙報道におけるメディアの責任は相当に重い。気分よく先頭を走っている時はメディアを使いこなし、具合が悪いとなると身を潜める。そうした小池知事のご都合主義に引きずられるように、都知事選をロクに報じないテレビの姿勢は非常に問題です。そもそも、コロナ対策の責任者でもある小池知事と他候補を同じレベルで扱う必要があるのか。小池知事がヒタ隠しにしようとする都政の実態を検証し、明らかにするのが今、果たされるべきメディアの役割です」(須藤春夫・法大名誉教授)

 

………………………………………

 

<社会>

 

★「多すぎて面倒くさいので〜www」…東京地検特捜部が河井克行・案里夫妻を公選法違反容疑(買収)で起訴も収賄の地方議員100人は事実上の司法取引でお目こぼし。

 

◆「根幹に政治不信」…厚労省肝煎りの「接触確認アプリ」に登録した利用者は3日から8日午後5時まででたったの3人(;´д`)トホホ。

 

★「いつの間にやら〜www」「東京アラート」から「個人アラート」へ、小池都知事の言葉遊びに「もう、うんざり」の声。

 

◆「再編成進行中?」…指定暴力団「絆会」(旧・任侠山口組)が解散。

 

★「点ピンは博打に非ず?」東京地検が産経新聞記者らとの賭け麻雀で辞職した黒川弘務前東京高検検事長を起訴猶予処分。

 

★「冤罪?」…2012年の「六本木フラワー事件」の石元太一服役囚(懲役15年・横浜刑務所)が東京高裁に再審請求を申し立て。

 

★「刺せるものなら刺して見ろ」…森友事件で国と佐川元理財局長を告訴した故赤木俊夫さんの妻・雅子さんがTBSの取材に覚悟の激白。

 

★「赤羽クンじゃ駄目だな!」…「外出を控えてください。でも旅行には来て下さい」――東京だけ爪弾きで「Go To Travelキャンペーン」が支離滅裂のままスタート。

 

 

<政治>

 

★「コロナ、コロナで日が暮れて〜」…コロナ患者急増も国も東京都も「会議」ばかりで「気をつけましょう」のワンパターン。

 

★「汚れた論功行賞!」退任する岡本薫明財務省事務次官の後任に森友学園事件の火消し役として活躍した太田充主計局長が就任。

 

◆「バカ知事!」井戸敏三兵庫県知事が県のコロナ対策会議で「東京は諸悪の根源」と発言も慌てて撤回。

 

★「さすがは亀爺」亀井静香元・衆院議員が公選法で起訴された河井夫妻からガッチリ300万両を受領。

 

◆「“裏切り”の代償?」鹿児島県知事選で前九州経済産業局長の塩田康一が現職の三反園訓氏や元職の伊藤祐一郎らを破って初当選。

 

★「ブレーキを踏みながらアクセルを噴かせろ!」…コロナウイルス感染者数急増のなか「Go to トラベルキャンペーン」がスタート。

 

★「世間知らずのMoney Man?」…「大戸屋」買収で奮闘中の蔵人金男・コロワイド社長がM資金に引っ掛かり32億円の被害。

 

 

<企業>

 

◆「割れた盃?」「日本製鉄」トヨタ、三菱重工のほか、住友金属鉱山、積水ハウス、大日本印刷、マツダ日野自動車など政策投資株を全株売却

 

◆「トヨタ地獄」…自殺したトヨタ自動車の男性社員の妻と長女が自殺したのは過重な業務と上司のパワーハラスメントが原因として1億2300万円の損害賠償を求め名古屋地裁に提訴。

 

★「総裁ご乱心?」「景気はきわめて厳しい状態にあるが、全体としての日本経済として底を打って回復しつつある」――黒田日銀総裁の能天気発言に疑問の声?

 

 

<海外>

 

★「命よりもカネ」…感染対策より経済対策優先のボルソナロ・ブラジル大統領がコロナウイルスに感染。

 

★「イカサマは昔から?」…大学入試資格試験でトランプ大統領替え玉受験疑惑。

 

★「頭の中はハチャメチャ」…トランプ大統領がWHOからの脱退を正式決定。

 

◆「202年の歴史に幕」…米衣料品大手の「ブルックス・ブラザーズ」が経営破綻、米連邦破産法の適用を申請。

 

★「オトモダチ思い」トランプ大統領がロシア疑惑を巡る偽証罪で実刑判決を受けた盟友ロジャー・ストーン氏の刑を免除。

 

◆「大英断」…イギリスが20%の付加価値税(消費税)を5%に引き下げ。

 

 

<訃報>

 

❁岡部英男さん(おかべ・ひでお=元自民党衆院議員)4日、肺炎のため死去、91作家のC・W・ニコルさん。行年79。

 

ギタリストの安田裕美さん。行年72。

 

石原健太郎・元新自由クラブ衆院議員。行年82。

 

映画監督の青野 暉さん。行年89。

 

森田次夫・元自民党参院議員。行年82。

 

❁歌人の岡井隆さん。行年92。

 

❁作家の久木綾子さん。行年100。

 

映画監督の森崎東さん。行年92。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2020年7月24日配信「週刊0510のおススメBOOKS」

 

 


2020年7月16日配信「週刊0510の特選レース」<週間レース社提供>

 

 


2020年7月14日配信「東京仙人島minimini情報」

「メディア社会は、すべてが逆説のカラクリに満ちていて、素直なヒトほど騙されてしまう」、「情報化社会とは、情報が不自由な社会のことである。ウソの情報ばかりが意図的に氾濫させられ、真の情報が隠される時代の呼び名なのである」、「一見、ぶっきらぼうな態度だが、取り上げている事柄への真摯さがその奥に窺われる、というのはダメで、みるからに虚偽の取り繕いで、対象に関心を持っていないマジメ風の慇懃無礼は、大いに歓迎する。その結果、たとえば多くのNHKアナウンサーのような不気味な存在が出来上がってしまうのである」(『テレビ帝国の逆襲』・岡庭昇)

 

……………………………………… 

 

<社会>

 

★「オンナの次は賭けゴルフ?」原辰徳・読売巨人軍監督が巨額賭けゴルフ疑惑を報じた『週刊新潮』に猛抗議。

 

◆「親鸞さんが泣いている」真宗大谷派本山・東本願寺)で人権問題を担当する部署の職員が部下を怒鳴りつけるなどのパワハラ行為で譴責処分

 

★「幻のリニアモーターカー?」川勝平太静岡県知事JR東海の金子慎社長も打開の糸口が見えないまま物別れ、中央新幹線建設がデッドロックに。

 

◆「武闘派総長」…萩生田光一文部科学相が名和豊春・北海道大学総長を役職員に対するパワハラで解任。

 

◆「NHKをぶっ飛ばせ」…受信料裁判でNHKが秘密兵器の「イラネッチケー」に敗訴。

 

★「なんだかなあ(*_*)」…大阪地裁堺支部が民族差別的なヘイト文書を配布した「フジ住宅」(東証1部)の今井三郎会長に110万円の支払い命令。

 

◆「ヘボ!」…2019年度のGPIF運用実績は堂々の▲18兆2800億円で、また年金支給減らして調整の巻。

 

★「人災?」…熊本県球磨川氾濫は樺島知事・小野副知事コンビの「川辺川ダム建設中止」の咎めの声。

 

◆「紺屋の白袴」…コロナ専門TV局の「テレビ朝日」社員が、またもやコロナ感染の皮肉。

 

◆「お粗末キャリア」聖成竜太・福井県警本部長が福井市内で通行できない道路を走行したとして道交法違反(通行禁止)で摘発さる。

 

★「どこまでも卑劣!」…中抜き専門企業の「電通」がネット上などで「権利を独占するつもりか」等の批判を受けてアマビエ」の商標登録出願を取り下げ。

 

 

<政治>

 

★「ボルトン爆弾炸裂でも官邸は沈黙の行」「安倍=トランプ」コンビの無能ぶり、嘘つきぶり満載の『それが起きた部屋』がベストセラーに。

 

★「専門家会議の“反乱”」…政府がコロナ発表に不満タラタラの「専門家会議」を用無しとばかりに廃止。

 

◆「広島で多忙なのでお目こぼし?」…東京地検特捜部が香典疑惑の菅原一秀前経産相起訴猶予処分

 

★「役者やのうwww」河野太郎防衛相が自民党国防部会で「イージス・アショア」の秋田、山口両県への配備撤回を報告、配備賛成で落選した中泉松司・自民党元参院議員(秋田)に涙の謝罪。

 

★「闇は深い?」…連日の検察リークで河井夫婦の有罪はほぼ確定も「自民党本部」の捜索スルーで「官邸=検察」の取引説

 

◆「否認一転、我も我もと自白の大行列」…河井夫妻の公選法違反事件で19人の地方議員が続々と「収賄」を告白。

 

★「国のフンドシで当選」…国の「10万円給付」を小田原市独自の公約に掲げて市長選に当選した守屋輝彦・小田原市長に批判殺到の巻。

 

◆「堂々の−34%」日銀短観がリーマンショック以来11年ぶりの落ち込み。

 

★「すべてはあなた次第です!」「誰も緊急事態宣言なんかやりたくないんです。みんなが気をつけないと経済活動なんかできません(# ゚Д゚)――西村経済再生相のパニック発言に大臣失格の声。

 

◆「ゆりこ山は高かった!」…都知事選で、無策&イカサマの小池百合子候補が史上2位の355万票で再選のアベコベ。

 

★「やってる感、満杯のカラ喇叭!」安倍首相が大雨で被災した熊本県に「自衛隊1万人派遣」と豪語も実際は「2140人」の大嘘。

 

 

<企業>

 

◆「過去最大!」弁護士法人「東京ミネルヴァ法律事務所」(港区)が過払い金の未払いなどで負債総額50億円破産。

 

★「“孫マジック”に滅びの足音が聞こえる?」「ソフトバンク」にドイツ系フィンテック企業「ワイヤーカード」めぐって2300億円循環取引疑惑

 

★「景品表示法違反!」「コスモ石油」が10年以上にわたって、謳い文句の添加剤が入っていないハイオクガソリン「スーパーマグナム」販売の詐欺商売。

 

◆「負債総額併せて351億円」…旅行代理店の「ホワイト・ベア―ファミリー」「WBFホールディングス」が破綻、大阪地裁に民事再生法を申請。

 

 

<海外>

 

★「お尋ね者になった大統領」イラン検察当局が革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のソレイマニ司令官の殺害に関与したとして米国のトランプ大統領を含む36人の逮捕状を取得

 

◆「コロナと共に〜」…アフリカに続いてアルゼンチンにもバッタの大群が襲来。

 

◆「コロナに敗けて中国に身売り?」カナダのサーカス劇団「シルク・ドゥ・ソレイユ・エンターテイメント・グループ」がコロナ禍による経営悪化で破産法の適用を申請。

 

★「23年で一国二制度が崩壊」中国の全国人民代表大会常務委員会が香港への統制を強化する「香港国家安全維持法案」をスピーディに可決。

 

★「終身大統領」憲法改正の是非を国民に問う「全ロシア投票」でプーチン大統領の5が可能に。

 

 

<訃報>

 

❁岡部英男さん(おかべ・ひでお=元自民党衆院議員)4日、肺炎のため死去、91作家のC・W・ニコルさん。行年79。

 

❁落語家の柳谷三寿さん。行年74。

 

❁歌手のウイリー・沖山さん。行年87。

 

❁俳優の加藤茂雄さん。行年94。

 

寺前巌・元共産党衆院議員。行年94。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2019年7月10日配信「週刊0510のおススメ展覧会」

 


2020年7月8日配信「週刊0510の特選レース」<週間レース社提供>

 


2020年7月3日配信「週刊0510のおススメBOOKS」

 

 



profile

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

還暦川柳
還暦川柳 (JUGEMレビュー »)
公益社団法人 全国老人福祉施設協議会

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

テレビはなぜおかしくなったのか
テレビはなぜおかしくなったのか (JUGEMレビュー »)
金平 茂紀,永田 浩三,水島 宏明,五十嵐 仁

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM