2019年8月17日配信≪週刊0510archive≫「人生は義理と人情と浪花節!――佐川急便創業者・佐川清会長の思い出」


佐川急便・佐川清会長 
「タニマチ」すなわち「特別営業部長」とは、何ぞや?…世間の噂を笑い飛ばしながら佐川会長は淡々と話を続けます。

「何遍も言うが、ワシは贅沢や道楽のためにカネを遣うてきたんやない。格好つけるつもりはないが、“将来の佐川急便”、“ワシ亡き後の佐川急便”のために遣うとるんや。世間は往々にして表面だけ見て勝手なことを言うが、ドライバーが汗水垂らして儲けてくれたカネをチャラチャラしたことには遣えんよ」

──ところで、政治家とのお付き合いも相当なものだったようですが。

 「ワシは一遍も来てくれ、会いたいと言うたことはない。そやけど、向こうから来るんやから、そら会わな失礼やろ( ´艸`)」

──どんな方が見えたのですか?

「共産党以外は皆、来たよ。ちょっと、待てよ」

 書斎から戻った会長が目の前に置いたのは借用証書や手形が詰まった古い手文庫でした。
 
 「これは、ここに来るのが一番多かった"黄門様"とか何とか言われとったF元総理が書いた借用証文や。大した用事もないのに、顔出すんやからしゃあないがな。来るたびに500万円や。控え目にいうても都合1億は下らんやろな。民社党の3代目委員長K、6代目のTもよう来たなあ。彼らは野党やから300万や。そうやな、金額的に一番多いのは、赤いマフラー巻いて、ダ―ッとか言うとるやな。ブラジルの牧場がどうした、こうしたで嫁はんのM子と一緒に来て、金22億円拝借致し候や。プロレス会社の株券を置いて行って、上場したら返せます言うとったが、どないなったんやろな。喜劇役者の(故人)や女優の(故人)も、公演のたびにチケットの束持って、しょっちゅう来とったなあ(笑)」

──この証文が未だに手許にあるということは…つまり、全然、返済されてないということですか。

 「そうや。たとえ貸したカネでも一旦、ワシの手を離れたら、どない遣おうと、また相手が返そうと返すまいと、ワシは頓着せん。返す奴は返すし、返さん奴は返さん。そんなことより世間をグルッと回って、またワシの所へ戻って来るように一生懸命、努力したらエエやないか。カネにしがみついたかて、あの世へは持って行けんがな。そうやろ」

──田中角栄元総理との交流は別格ですか?

 「角さんと知り会うたんは、ワシがまだトビやっとる時分やった。茨城・高萩の現場で仕事が終わった後、銭湯行った時に、湯船で天保水滸伝(㊟浪花節)唸っとる若い男がおったんや。『兄さん、エエ声しとるやないか。どこの産まれや?』『越後です』、『ワシもや』。同郷ということで、すっかり意気投合。その晩は二人で故郷の話を肴にして飲み明かしたのが付き合いの始まりや。その後だいぶ経ってから角さんが総理大臣になる前、確か通産大臣か何かになった頃からかな、本格的に“応援”するようになったんは」

──応援と言いますと、やはり政治献金ですか?

 「政治献金なんてそんな大袈裟なもんちゃう。『佐川急便』が軌道に乗ってからは、毎年暮れに12億円づつ目白へ運んだよ。『おーい角さん、裏の物置に入れといたでぇ』言うて、段ボールを母屋の裏の納屋にポーンと放り込むだけのことやけどな。領収書?そんなもんあるかい。『持って来たでえ』、『おう、いつも済まんなぁ』、『ほな帰るわ』で終わりや。そういえば半端な数字やったから、今でも覚えとるんやが、総裁選か何かでモノ要りだったんかな、1回だけ追加の要請があって、別枠で14億5000万円頼むと言われて、持って行ったことがあるなあ」

──もっと”生臭い場面”を想像していたのですが、随分と簡単なんですね(笑)。

 「そうや。カネは、グチャグチャ言わんと出してこそ値打ちがあるんや。世間が何かの見返り云々を想像すること自体、それこそゲスの勘繰りちゅうもんや(笑)」

――物置に“荷物”を入れたら、お茶を飲むどころか、話もしないで、そのまま帰るんですか?

 「“荷物”届けたら、それ以外に何の用があるんや。お互い忙しい身や。上がり込んで、グダグダ言う暇なんかないわ」

――「ハンコ不要の荷物は迅速を旨にすべし」ですね(笑)。

 「但し、ワシは唯の一度も角さんに生臭い頼みごとをしたことはないぞ。世間ではワシのことを札束で頬を引っぱたく“極悪商人”みたいに噂しとるようだが、ワシと角さんの付き合いは今、言うた通りや。もっとドロドロしとったら、アンタが喜ぶような話も出来たんだろうが、期待に添えずにスマンなあ(笑)。そうそう、角さんに直接、頼みごとをしたといえば、前妻の子供のが新潟の高田駅で切符切りをしとるんで、もっと大きい駅に配置換えしてやってくれんかと言うたら、当時の国鉄総裁の計らいで隣の直江津駅に移してくれたぐらいやなあ。そんなもんや、ワシと角さんの付き合いは。信じる、信じないはお前の勝手やけどな(笑)」

――娘の田中真紀子氏とは?

 「知らん。目白で何度か会ったことはあるけど、話をしたことはない。もちろん付き合いもない。角さんとは一代限りの付き合いや」(続く)【隆】

 

 

 

 

 

 

 

 





 


コメント
いよっ!会長らしい豪快な生きざまに涙しています。
それに引き替え・・・?
これからは米の宅配が増える季節です。
現役諸君、腰を痛めないように。
  • 飛脚OB
  • 2009/08/10 10:55 AM
12億円をサラッというところが格好いいです。
  • シャーロック友の会
  • 2009/08/10 9:29 PM
佐川の本は今まで何冊か読みましたが、まったく違った切り口でおもしろい!何回の連載なんですか?
  • ドットコム
  • 2009/08/10 9:31 PM
F元総理って「黄門様」のこと?
いいねえ、飄々として500万か!
でも、黄門様の敵は12億円ですから・・・。
  • 函館サブちゃん
  • 2009/08/10 9:48 PM
イニシャルがバレバレで(笑)素晴らしいです、清会長。
  • oba
  • 2009/08/11 1:06 PM
Aさん、借金踏み倒しですか?
1、2、3、4・・・ダーッ!
  • ツルの恩返し
  • 2009/08/12 12:50 AM
健さんの正体は?
知りすぎてます。
わくわく!
  • 55
  • 2009/08/12 9:02 PM
“切符切り”が本家のバカ息子ふたりを追い出したのがあのお家騒動と聞いていますが、真相はどうなんですか?
  • 特急つばめ
  • 2009/08/16 8:38 PM
コメントする








   

profile

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

還暦川柳
還暦川柳 (JUGEMレビュー »)
公益社団法人 全国老人福祉施設協議会

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

テレビはなぜおかしくなったのか
テレビはなぜおかしくなったのか (JUGEMレビュー »)
金平 茂紀,永田 浩三,水島 宏明,五十嵐 仁

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM