2020年7月21日配信「わたし、本屋さんのバイトで“亀甲しばり”が上手になりました!?」<寄稿>

 

Bonda2x.jpg

                             (wikipedia)

 

 わたしは大学2年の女子学生です。今年の夏休み、都内に何店舗もある大型書店でアルバイトをした時の“成果”を報告したいと思います。

 大好きな本に囲まれて、それでいてちょっぴり知的。体力的にガテン系が苦手なわたしにとっては、あこがれのアルバイトでした。

 バーコードを読み取って、「2点で○○○○円でございます」、「カバーお掛けいたしますか」、「ありがとうございました」…こんな感じで時給1000円。レジの前でずっと立ちっ放しなので、少々足が痛いのを除けば、ラクチンのバイト…のはずでした。

 しかし、理想と現実は往々にして異なるものです。一番辛く、体力を消耗させられたのはシャッターを降ろした後の、“亀甲しばり”じゃなかった、「返本のための梱包作業」でした。
 
 まず、週刊誌や月刊誌などの雑誌類。――「ええっ、こんな雑誌があるの?」と驚くほどに膨大な種類の雑誌が発行されています。
 それも発行日がまちまちなので毎日が返本のための梱包作業です。せっかく並べても1冊も売れぬまま、そっくり返本される雑誌も少なくありません。手は荒れるし、汗はダラダラ。それでも翌日、入荷してくる雑誌のスペースのためには返本しなければなりません。

 大変なのは雑誌だけではありません。単行本や文庫本もほとんど毎日のように返本しなければならないのです。

 店長の話によると昨年一年間で約8万点、14億冊もの書籍が発行されたそうです。なんと1日平均220点、383万冊もの新刊が出版されていることになります。

 しかも、ここ数年の総発行部数は減少しているにもかかわらず、発行点数は30%ほど増加しているとのことです。つまり、出版社は目先を変えるために?次から次に新刊を発行しているのです。

 こうなると、売り場の広さは決まっているのですから、当然のことながら、既刊本が棚に並ぶ期間は短くなります。
 以前なら、発刊後1〜2ヶ月は棚に並んでいたのに、売れないとなると、後から後から押し寄せる新刊本に押されてトコロテン式に排除されてしまうことになります。
 1日並べただけで返本というのも再三でした。
 一説には、最近の「返本率」は40%近いそうですが、これぞ時代の要請であるエコに逆行する資源の無駄以外の何物でもありません。

 また、出版社による「平積みスペース」の取り合いが激烈になったのも、新刊本の増加が原因だそうです。
 本の中味の良し悪しではなくて、スペースを確保するために出版点数を増やしているからです。
 
 こうした「売らんかな主義」が蔓延する責任の一端は取次会社にもあります。
 取次会社は書店を売上高や売り場面積によって“格付け”しているそうで、そのランクによって新刊本の配本数を機械的に決めているらしいのです。
 そうなると、いくら良い本でも発行部数が少なければ小さな本屋さんには届かないことになります。

 ほんのわずかな経験で生意気なことを口にするのは僭越ですが、「本が売れない」と嘆く前に、こんな目先のことに拘泥した販売手法や横着な流通システムを改める方が先決だと思います。
 
 出版業界こそ構造改革が必要なのではないでしょうか。

 わずか3ヶ月足らずのバイトでしたが、出版業界、書籍販売業界の裏側を少しばかり覗かせてもらったばかりか、女だてらに「梱包作業」(亀甲縛りではありません!)が上手になるという“おまけ”までついた実に有意義な体験でした。【りんごっ娘】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 


コメント
私も経験がありますが、同感です。
マジにきついお仕事でした。
亀甲縛りが得意ならTさんみたいに選挙に出れるかも?
  • ネットガール
  • 2009/09/28 10:18 AM
出版業界の厳しさを痛感させられた投稿です。
みなさん、本を読みましょう。
  • シミ小僧
  • 2009/09/28 5:06 PM
同感です。
  • 吉田ケンコー
  • 2009/09/30 9:23 PM
コメントする








   

profile

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

還暦川柳
還暦川柳 (JUGEMレビュー »)
公益社団法人 全国老人福祉施設協議会

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

テレビはなぜおかしくなったのか
テレビはなぜおかしくなったのか (JUGEMレビュー »)
金平 茂紀,永田 浩三,水島 宏明,五十嵐 仁

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM