2013年6月26日配信「『20年前の話では済まない』――『安愚楽牧場』事件化で海江田万里・民主党代表の辞任は必至!!」<事件>



 約4200億円と、日本最大の消費者被害となった「安愚楽牧場」(本社・栃木県那須塩原市、破産手続き中)の事件化で、これから厳しく責任を追及されるのが、海江田万里民主党代表である。
 
 既に、海江田氏は「安愚楽牧場」の“広告塔”であったことを糾弾され、今年2月には、経済評論家時代に出資を勧める記事を発表したとして、出資者30人が約6億1000万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こしている。
 
 提訴されたことに対し、海江田氏の弁護士は「今から20年前のことで、議員になってからは何の関係もない」と、コメントしている。
 
 確かに、日本新党から立候補して初当選したのは93年7月のことで、「経済環境は刻々と変化しており、当時の評論活動を、今になって批判されても困る」という説明は、理解できなくはない。
 
 だが、警視庁捜査2課が、特定商品預託法違反で三ヶ尻久美子元社長らを逮捕して次々に明らかになる事実は、「すべては昔の話」では済みそうにない。
 
 例えば、『朝日新聞』(6月20日付)は、経営破たんする前年度の2010年度までの15年間の決算資料を入手、売上高に対してどの程度の利益を出せたかを示す「営業利益率」はマイナスの年が7回で、プラスの年も0.1%から3.4%にとどまっていたことを指摘した。
 
 これでは、約束していた3〜5%の配当など出るはずもなく、新規オーナーの出資金を自転車操業のように配当に回していた疑いが濃厚である。
 
 つまり、「安愚楽牧場」の経営状態は、昔、良くて、経済状況の変化のなかで「今、悪くなった」のではなく、「当時も配当に回すカネなどない」ほど悪かった。
 
 しかも、「安愚楽牧場」のビジネスモデルがいずれ破たんするものであることは、畜産業界関係者なら誰でも容易に想像できた。
 
「2年かかって牛を肥育して、粗利は14%取れるかどうか。そんなカツカツの状態だから畜産農家に後継ぎはいない。和牛商法の業者が、肥育料を払った上に、宣伝・広告費をかけ、都会にオフィスを構え、高給を取ったうえに、出資者に3%も5%も配当が出せるわけがない」(肥育農家)
 
 これが、経済原則というものだろう。
 
 従って、「安愚楽牧場」の和牛商法は、悪徳業者によって真似され、95年以降、不動産、広告代理店、教材、健康器具、管工事会社など異業種からの参入が相次ぎ、その多くが出資金を集めるだけが目的の詐欺商法で、大半が捜査当局に摘発された。
 
 当然、安愚楽商法にも疑いの目は向けられ、三ヶ尻元社長に取材した記者もいるのだが、唾を飛ばして撥ねつけられたのだという。
 
「次の2点を理由に、『他とは違う』と、強調しました。ひとつは、1983年にシステムを完成させた老舗であること。次に、マネー雑誌になんども採り上げられ、経済評論家が推奨していること。そのうえで、『危ない商法と書くつもりなら提訴も辞さない』と、脅されました」(取材した記者)
 
「安愚楽牧場」が叩かれなかったのは、他より少し信用があったことと、規模が大きく、ごまかしが可能だったためだが、そのうえ91年頃から、相当な広報・宣伝活動資金を投じたこともあって、売上高は飛躍的に増加。92年の76億円が、94年には237億円と3年で3倍増を記録した。
 
 つまり、海江田氏が経済評論家として、安愚楽牧場の和牛オーナー制度を絶賛している頃に会員数は飛躍的に伸びているわけである。
 
 同氏は、『女性セブン』(92年7月2日号)の連載コーナーでは、「利益は申込時に確定していて、リスクはゼロ」と断言し、申し込み方法まで書いている。
 
 政治家や芸能人が、悪徳業者の“広告塔”になったのとはワケが違う。
 もちろん、それも犯罪に加担する行為ではあるが、大半はシステムも商品もよく分からぬまま、高額なギャラに魅かれての宣伝役である。
 
 だが、海江田氏は経済評論家であり専門家。その立場で、業界では常識の「ビジネスモデルの破たん」に気が付かないわけはない。
 
 なのに、著作や雑誌で何度も採り上げ、安愚楽牧場の拡大戦略に乗って、推奨を続けているのだから“共犯者”に等しい。
 
 7万3000人の出資者と4200億円の被害額を考えれば、衰退一途の党勢を食い止めるためにも、これ以上、公党の代表を務めている場合ではないだろう。【丹】



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

profile

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

還暦川柳
還暦川柳 (JUGEMレビュー »)
公益社団法人 全国老人福祉施設協議会

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

テレビはなぜおかしくなったのか
テレビはなぜおかしくなったのか (JUGEMレビュー »)
金平 茂紀,永田 浩三,水島 宏明,五十嵐 仁

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM