2016年1月27日配信「東京仙人島通信局発ミニ情報」<連載>



 「明治二十五年に完成した林野行政による、官有林、民有林の区分だ。例をとる。奈良県の民有林は99.7%。官有林は、わずか0.3%しかない。わが東北地方はどうか。官有林が宮城県で66%。山形県83%。福島県80%。秋田県は実に94%だ。そして、青森県。ここは97%が官有林に没収されておる。
 農民は完全に山林から締め出された。中央政府によって生活の根拠を断ち切られたのだ。それまでは自由に木の枝や下草を取りに入山したのが、いっさい禁止された。当時の大林区署・小林区署、つまり、営林署の役人が警官と同じ支度であったのは、入山者を取り締まるためであった。東北地方の農業経営には山林原野が最重要であった。そこから飼料肥料の供給をたえず仰いでいたのだ。生活の根を絶たれた農民は、土地を捨てて都会に出るしかなかった。富国を急ぐ政府には、産業を支える低賃金労働者が必要だった。中央政府は東北地方の山林を国有林として農民の生活を奪うことで、労働力を得ようとした。
 幾多の婦女子が売られ、男は戦場にて、死んだ」

 「都会に出た学業もなく、技術もない東北県人、賎民として扱われた。ひとたび恐慌が襲うと、真っ先に馘を斬られた。故郷には水吞み百姓の父母がいる。そこの戻れば喰えるだろうというのが、政府の言葉だった。<今日の経済を考えるとき、人間の力で失業者を防ぐことはできやしません。とうぜん不景気は来る。失業者はできるのです。それはもう、わたしは当然だろうと思う。すこしも不思議はない>。大蔵大臣井上準之助はそういった。内務大臣安達謙蔵は、こういった。<東北地方人の失業は、失業にあらず、帰村すればそれですむのだ>と。また、雑誌『改造』の座談会で、こうも述べている。<そこは東洋流の家族制度のおかげで欧米とはよほどちがうのですね>、<失業手当などやると、遊民、惰民を生じるから、そういう弊害を極力防ごうと考えている。いかに日本の政府が民衆誠意になったからといって、民衆におもねってそういうことをしたら、百年の禍根を残すと思うのです>と。
 賎民は故郷に追い返された。
 妻の身売り、娘売りがつづき、子供を買う最上婆アがあらわれた。東北地方の歴史はこの身売りにつきまとわれている。
 いまも、諸君は、わが妻や娘を沿道の男たちに売りながら、南下している…」

 「中央政府は。、東北地方住民が貧しいのは土地が狭いからだと、定義した。その定義は満州占領の布石だった。広大な満州へはばたけと、大宣伝をはじめた。そして、若者はぞくぞくと満州に渡った。政府の真の狙いは現地調達できる兵力にあった。
 話を現時点に進めよう。
 日本の高度経済成長が緒についた昭和36年、政府は、農業基本法を制定した。農業従事者と他産業従事者の所得格差をなくするための法律だとある。一戸あたり2.5ヘクタールの耕地があれば、他産業従事者と同じ所得があげられるから、小規模農家はやめろといった。そして、工場を東北地方に大量進出させた。これが、経済成長を遂げさせる基盤になった。その結果が貿易収支の黒字となり、その見返りとして諸外国の余剰農産物が法外な安値でどんどん入ってくるようになった。
 政府は稲作の減反を命じた。 
 アメリカ産の飼料を使って家畜を飼えという総合農政がはじまったのだ」 (『蒼茫の大地、滅ぶ』・西村寿行・角川文庫)

………………………………………………………………

<社会>

★「国賊企業!」談合は「ハトの会」で!――東京地検特捜部と公正取引委員会が「東日本道路」(NEXCO東日本)発注の高速道路復旧舗装工事に絡む独占禁止法違反容疑(不当な取引制限)で「NIPPO」「前田道路」「日本道路」「大林道路」「鹿島道路」「佐藤道路」「ガイアートT・K」「大成ロテック」「三井住建道路」「世紀東急道路」「東亜道路工業」「福田道路」「常磐工業」「東京舗装工業」「地崎道路」「北川ヒューテック」「大有建設」「フジタ道路」「竹中道路」「戸田道路」を強制捜査。

★「嘘つきは泥棒の始まり?」…アベノミクスの旗振り役を務めた竹中平蔵・会長「トリクルダウンは起きない」発言に続いて、今度は浜田宏一・エール大学名誉教授「GPIFは大損する可能性がある」と驚きの開き直り発言。

★「贈収賄は業界ぐるみ!」「東京書籍」「教育出版」「大日本図書」「開隆堂「学校図書」「教育芸術社」「光村図書」「啓林館」「数研出版」「日本文教出版」「育鵬社」「三省堂」が、教科書採択権限を持つ教育長、教育委員、教員ら延べ5147人に現金、図書カードなどの‟袖の下”。

★「もったいない、もったいないwww」…産廃業者「ダイコー」(愛知県)による廃棄用食品不正転売事件がCoCo壱番屋のビーフカツに続いてマルコメ味噌、イオン、ローソン、セブンイレブンにも波及。

◆「お粗末TV局!」新谷保志・汐留TVアナウンサーが制作会社勤務の女性に対するセクハラで只今謹慎中。

◆「同ヤンのドン、逮捕さる」…京都府警が無許可のゴミ収集で9年間に2億円を違法に稼いだ北幸史・同志社法人事務部長吉田多郎・コスモスビルメンテナンス社長を廃棄物処理法違反容疑で逮捕。

★「年金は大丈夫か?」GPIFの運用損が大発会以来10日間で▲5.6%の7兆3800億円。

★「ゲスの極みTV!」…なりふり構わず視聴率!――‟お台場TV”が分裂騒動のSMAPを『SMAP×SMAP』の生放送で‟公開処刑”のバカ騒ぎ!

◆「とんだ‟みまもり家族事業”!」…預託金2億7000万円流用で浜田健士・日本ライフ協会代表理事ら理事8人全員が辞任。

★「埋めててしまえば分からない!」「奥村組」(大阪)と「竹中土木」(東京)が土地区画整理組合の承認取らず製鋼スラグ24万トンを地盤改良材として袖ヶ浦駅前に埋設。

◆「2度目の公判欠席は許しません」…神戸地裁が政務活動費913万円のデタラメ使用で詐欺罪に問われた野々村某・元兵庫県議に勾引状。

◆「モンスター社労士!」…厚労省が「モンスター社員を鬱病に追い込み退職させる方法」をブログで指南した社会保険労務士・木全三千男先生の懲戒処分を決定。

★「ブラックドンキ」東京労働局が違法な長時間労働をさせていた「ドン・キホーテ」支社長、店長らを東京地検に書類送検。

◆「押し花詐欺」…警視庁生活経済課が押し花のレンタル事業名目で2300人から60億円を詐取したフラワーライフ社長・村田某女ら2人を逮捕。

★「栄兄弟、ふたり揃って詐欺商売!」…大阪府警生活経済課がインチキ開運商法で800人から7.5億円を騙し取った栄義則ら3人を詐欺罪で逮捕。

◆「逆転敗訴」…「放送によって原告の社会的評価が低下したとはいえない」――最高裁がNHK番組『シリーズJAPANデビュー・アジアの一等国』による名誉棄損損害賠償訴訟で台湾・パイワン族の女性に請求棄却判決。

★「シンゾウ首相の意を汲んで?」…降板する古館伊知郎メーンキャスターを務める『ニュースステーション』(テレビ朝日)の後任に‟稀代のゴマすり名人”と評判の後藤謙次・共同通信客員論説委員が内定の噂。


<政治>


★「バカ丸出し!」「国民に夢と希望を」(菅官房長官)、「うれしいニュース」(加藤1億総活躍相)、「5人一緒で良かった」(馳文科相)、「パラリンピック盛り上がる」(遠藤五輪相)、「雪降って絆固まる」(中谷防衛相)――全員でアホ面揃えてSMAP賛歌!

★「冷血シンちゃん?」「拉致を使ってのし上がったのか」――緒方林太郎・民主党衆院議員の質問にシンゾウ首相「北朝鮮は常に国論を二分しようとしてくる。これに乗ってはいけない」と反論。

★「嵌められた?」甘利 明経済担当相がURへの口利きで「薩摩興業」から1200万円受領の斡旋利得処罰法違反容疑で大ピンチも、政権挙げて‟被害者”に仕立てて強行突破の構え?(☚『週刊文春』)

◆「刑事告発へ!」甘利明・経済再生担当相の金銭授受疑惑で上脇博之・神戸学院大教授らが政党支部の会計責任者を政治資金規正法、斡旋利得処罰法違反で東京地検特捜部に刑事告発。

◆「狙いは株式投資用資金?」小泉進次郎・自民党農林部会長「農林中金不要論」の真意は同金庫の持つ60兆円の運用資産?

◆「他人のフリ見て我がフリ直せ!」…民主党・山井和則衆院議員が自身の「やまのい和則と日本の未来を創る会」に個人の寄付の限度額(1000万円)を超える1080万円の寄付のチョンボ。

★「公務員富んで国滅ぶ」…人事院の‟お手盛り勧告”受けて国家公務員の給与を平均0.36%引き上げる改正給与法がひっそりと成立。

◆「6000票差で圧勝」27668票vs21811票――沖縄・宜野湾市長選で現職の佐喜間淳氏志村恵一郎氏を破って2度目の当選。


<経済>

◆「官主導の業界再編成!?」…経営再建中の「シャープ」「産業革新機構」が3000億円出資で将来は「ジャパンデバイス」と経営統合へ。

◆「行く行くは元気寿司傘下?」…落ち目の居酒屋チェーン「ワタミ」とコメ卸大手の「神明HD」が資本業務提携。

◆「わしゃ知らん!」「東芝」の不正会計問題で会社側から3億円の損害賠償を求められた旧経営陣5人(田中某、佐々木某、西田某、村岡某、久保某)が第1回公判で請求棄却を要求。

◆「朝方勤務の旗振り役」村木厚子・前厚労相事務次官「伊藤忠商事」の社外取締役に就任。

◆「単なるハク付け?」ジョン・ルース前米駐日大使「ソニー」の社外取締役に就任。

◆「同業連携」…欠陥エアバッグで業績悪化の「タカタ」「ダイセル」との提携を検討。


<国際>

◆「テニスも八百長の仲間入り?」…テニスの4大大会(全英、全仏、全米、全豪)で優勝者を含む16人に八百長疑惑。

◆「2年連続目標割れ」…中国の2015年GDPが実質ベースで目標値7%に対し▲0.1%の前年比△6.9%。


<原発>

★「320億円が無用の長物に?」「安全な運用ができない」――原子力規制委員会が完成した凍土遮水壁の稼働に待った!


<訃報>

山根秀夫・神戸新聞元社長が腎不全のため死去。享年75。合掌。

◇美術評論家の南嶌宏さんが脳梗塞のため死去。享年58。合掌。

◇前進座代表の俳優・中村梅之助さんが死去。享年85。合掌。

◇「イーグルス」創設メンバーのグレン・フライさんが死去。享年67。合掌。

◇仏作家のミシェル・トゥルニエさんが老衰のため死去。享年91。合掌。

◇朝日訴訟の裁判長・小中信幸さんが肺炎のため死去。享年85。合掌。

金沢一郎・前宮内庁皇室医務主管が膵臓ガンのため死去。享年74。合掌。

加藤精一・岡三証券グループ会長が心不全のため死去。享年87。合掌。

◇北炭夕張炭鉱事故訴訟で弁護団長を務めた広谷陸男弁護士が循環器不全のため死去。享年86。合掌。











コメント
社会プラスと同時に、マイナス防止策を考えねばならぬ。爆弾豪う、線上降水帯集中豪雨土砂災害防止策が将来・現在必須。天自然原生原始林の復活による林床下層植栽繁茂・保水力の増加によるもの。下草刈り、間伐除伐の励行。野生しか輪転放牧活用による、しょうりょく
  • social counsule
  • 2017/12/27 1:00 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

profile

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

還暦川柳
還暦川柳 (JUGEMレビュー »)
公益社団法人 全国老人福祉施設協議会

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

テレビはなぜおかしくなったのか
テレビはなぜおかしくなったのか (JUGEMレビュー »)
金平 茂紀,永田 浩三,水島 宏明,五十嵐 仁

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM