2016年3月31日配信「東京仙人島通信局発ミニ情報」<連載>


 異常気象は日本だけの現象ではない。世界的な規模で起こっている。ニューヨークに大寒気団が押し寄せて凍死者や事故死者を激増させた。ヨーロッパも同様である。かと思うと、逆に異常高温のところもあった。カムチャッカ、ベーリング海、中央アジア西部、グリーンランドなどである。日本では寒気団の影響で銚子沖にオットセイが群集し、茨城ではスケソウダラやアンコウがとれ、利根川にニシンが集まり、相模川にはサケが迷い込んだ。
 日本の場合は寒冷化である。もう、何年も続いている。地球的な寒冷化だといわれている。しかし、それが去年から東北地方が主にであるが、また異常を生みつつある。暖冬現象が突如として顔をみせはじめたのだ。例年になく暖く、そのせいで極端に降雪が少なかった。
 雪だけではなく、降雨量もすくない。
 寒冷化の中に突如、温暖現象が挟み込まれることがある。その逆の現象もまたあるのである。だが、ふつうはそうした現象は一年きりのものである場合が多い。しかし、どうやら今年もその気配が強い。入梅時に雨量がすくなかった。例年の半分以下であった。空梅雨といってもよい。
 去年は亜熱帯性の太平洋高気圧が太平洋に居据わって動かなかった。小笠原高気圧といわれるものである。そのために温暖現象が起きた。今年はまた別の原因が出ている。チベット高気圧である。高度一万六千メートルある。そおために根が生えたようになりかけていた。
 恐怖の高気圧といえる。なぜなら、温暖旱魃化の傾向が著しいからだ。降雨量がすくなくなれば農作物への被害が出る。そうなれば、冷害も旱魃も同じであった。現に、昨年の雪不足が河川の水不足を生じさせている。このまま、今冬も雪がすくなければ、来年は目も当てられない。(『蒼茫の大地、滅ぶ』・西村寿行・角川文庫)


………………………………………………………………

<社会>


★「三菱よ、お前もか!」「安藤ハザマ」が施工、「三菱地所」が販売した億ション「フォレスト東山パークハウス」(名古屋市千種区)の耐震スリット6割に建築基準法違反の施工不良が発覚。

◆「AI作家恐るべし」人工知能(AI)が書いた小説が星新一賞の1次審査突破の快挙。

◆「合産税適用外」「神戸物産」(兵庫県)が香港子会社利用で過去3年間で2億6000万円の所得隠しで追徴課税は1億6000万円。

◆「暴言教師」「吐き気ぐらいで授業を抜けるのか!」――神奈川・藤沢市立中学校の英語教師が白血病生徒に暴言のお粗末。

★「47人の"脱走兵"」防衛大学419人の卒業生うち47人が任官を拒否。

◆「ホストは店を利用した自営業者」…東京地裁がホストと店の雇用契約を否定。

★「落涙奏功?」日本野球機構(NPB)が野球賭博に関与の読売ジャイアンツ・高木京介投手失格1年間の温情処分。

★懲りない道路屋!」…東北地方の高速道路復旧工事の談合事件で起訴された(独禁法違反容疑)「NIPPO」「前田道路」「日本道路」「大成ロテック」「鹿島道路」「大林道路」「東亜道路工業」「世紀東急工業」「NEXCO東日本・関東支社」発注の高速道路工事でも談合。

◆「大阪地検特捜部と合同で!」…大阪府警生活経済課が免振装置ゴムの性能データを改竄した「東洋ゴム」不正競売防止法違反容疑(虚偽表示)で家宅捜索。

★「ようやくの事情聴取」「UR口利き事件」で東京地検特捜部が一色武・薩摩興業総務担当から任意の事情聴取。

◆「安倍政権下で16人目」…法務省が死刑囚の鎌田某、吉田某女の死刑を執行。

★「泥沼の理事長選!」「理事長選は田舎芝居とか出走ゲートに入った馬」――日本相撲協会事業部長の尾車親方(元琴風)が暴言連発の協会外部理事・宗像紀夫弁護士を第一弁護士会に懲戒請求の構え。

★「登記ごっこ?」…近時、何かとお騒がせの「豊田建設」(埼玉県八潮市)の豊田某社長以下逢坂某監査役まで総入れ替えで"伊予の女傑"=H女史の側近・相生某氏が新社長に就任の怪。

★「下手人はY?K?N?」…混乱の浅草・吉川ビル争奪戦で活躍中の横浜・自修院住職の酒井某が暴漢に襲われ重傷。

★「記憶喪失になった魔術師?」「相手がぶつかってきた」、「車の傷はもとからあった」――公判既に4回も"登記の魔術師"の反省なき無罪主張で裁判長もうんざり、実刑確定の声も。


<政治>

★「2代目ビリケン!」「安倍首相は立憲主義を守らない非立憲だ!」――参院予算委員会で民主党と共産党が安全保障法案の廃止を主張、シンゾウ首相を非立憲の大先輩・寺内正毅首相に倣って「ビリケン安倍」と命名。

★「バカにつける薬はなし!」「東日本の人は頭に浮かんだらすぐに発言してしまう」――細田博之・幹事長代行大西英一衆院議員(東京16区)の「巫女のくせになんだ」発言に苦言。

◆「バカは死ななきゃ治らない!」…参院農水委員会理事の要職にある山田俊男・自民党参院議員が「産地表示」めぐって出身母体のJA関係者にグーパンチ。

◆「地方創生?」「まち・ひと・しごと創生本部」が数年内に文化庁の京都府移転を決定。

★「御坊の乱!」…悪評嘖々、不肖の息子・俊樹のあまりの出来の悪さに次期市長選めぐって"二階王国"はテンヤワンヤの大騒ぎ。(☚週刊新潮)

★「安倍チルドレン最凶のチャラ男…だってwww」…セクハラ&二股交際の"性事家"=石崎徹衆院議員(自民党・新潟1区)のご乱行を「週刊新潮」が大暴露。

◆「ニュースター誕生」…新生「民進党」政調会長に"保育園問題の旗手"・山尾志桜里衆院議員(愛知7区)が就任。

◆「迷アドバイス?」「小沢氏の知恵や経験を生かすことが大事だ」――「『一強・多弱』を覆す野党国会議員と語る会」"宇宙人宰相"が民進党に苦言。

◆「釈迦の説法屁ひとつ?」不倫発覚で当選確実のはずの爽やか乙武洋匡氏の参院選出馬に暗雲。(☚「週刊新潮」)


<経済>

◆「一転赤字!」「三井物産」「三菱商事」が資源・エネルギー価格の下落響き平成28年3月期の連結決算で共に創業以来(昭和22年)初の赤字決算。

◆「1000億円減額でようやくの調印」…台湾「鴻海精密工業」が傘下入りの「シャープ」への出資金を▲1000億円減の3890億円に

◆「新しい地銀提携モデル?」「千葉銀行」「武蔵野銀行」が株式保有割合(3%)を高め、金融商品の開発など業務面での包括提携を発表

◆「足利銀行との提携も視野に」「ゆうちょ銀行」新社長に「横浜銀行」出身の池田憲人・東日本大震災事業者再生支援機構社長の就任が決定。


<国際>


★「88年ぶり」米オバマ大統領がキューバを訪問、ラウル・カストロ国家評議会議長と首脳会談。

◆「今月に入って4度目!」…またもや北朝鮮新型多連装ロケット砲?を日本海に5発。

★「大統領より上?」…ミャンマーのティン・チョー新政権アウン・サン・スー・チー女史大統領府相・電量・エネルギー相、教育相として入閣。

◆「北方領土交渉難航必至!」…ロシア・ショイグ国防相が国後島と択捉島を含む「大クリール諸島」に海軍基地の建設を発表。


<原発>

◆「6例目の廃炉」「四国電力」が採算合わず伊方原発1号機の廃炉を決定。


<訃報>

◇作家の夏樹静子さんが心不全のため死去。享年77。合掌。

吉田安・元道新スポーツ社長が心不全のため死去。享年85。合掌。

丹野太郎・元河北新報専務が心不全のため死去。享年89。合掌。

逢沢英雄・元衆院議員が肺炎のため死去。享年90。

◇写真家の白岡順さんが肝細胞ガンのため死去。享年71。合掌。

◇蘭・伝説のサッカー選手・ヨハン・クライフさんが肺ガンのため死去。享年68。合掌。

◇漫画家の小山田いくさんが死去。享年59。合掌。

◇作家の佐野正幸さんが不整脈のため死去。享年63。合掌。












コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

profile

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

還暦川柳
還暦川柳 (JUGEMレビュー »)
公益社団法人 全国老人福祉施設協議会

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

テレビはなぜおかしくなったのか
テレビはなぜおかしくなったのか (JUGEMレビュー »)
金平 茂紀,永田 浩三,水島 宏明,五十嵐 仁

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM