2016年9月2日配信<0510archives>「敵は"都議会のドン"!――小池百合子都知事が挑戦する内田茂都連幹事長の虚実!!」<政治>

都議会のドン!?

 

 「後出しジャンケン」が必勝パターンといわれる都知事選で、「先出しジャンケン」をしたのが小池百合子元防衛相である。

 7月6日には早くも出馬会見。冒頭解散、利権追及チームの立ち上げ、舛添問題の第三者委員会設置の三つを公約とした。

 どれも都民の生活レベルとは無関係だが、自民党都連への対決姿勢を鮮明にすることで、自らを浮上させる作戦だ。

 舛添要一前都知事が、あれだけのバッシングに渋太く耐え続けたのは、自民党都議団から「耐えろ。乗り切れば、今後とも支援する」という"消極的な支援"を受けていたからである。

 自民党を裏切って新党を立ち上げた舛添氏は、「許されざる裏切り者」だったが、都知事に立候補するに際して「推薦」をもらいにきた舛添氏に対し、都連幹部は東京五輪、お台場カジノ、築地市場移転跡地などのビッグプロジェクトに、「口を挟まないこと」を推薦の条件にした。

 そういう意味で、舛添氏と自民党都連の関係は"良好"だった。

 

 お互いの“棲み分け”ができていたからである。

 そして、その都連を牛耳っているのは内田茂幹事長で、ヤル気まんまんの小池女史にノーをつきつけ、増田寛也元総務相を担いだのも、権力に寄り添ううちに、権力の何たるかに敏感となり使いにくくなった小池女史より、官僚出身で政治との付き合い方を知っている増田氏の方が、使い勝手がいいからだ。

 そういう意味で、舛添氏を支持したのと同じ理屈で、小池女史は、そこに"勝機"を見出そうとした。

 つまり、舛添問題の追及が甘かったのは、都連が利害を同じくしていたからで、そこには内田幹事長を頂点とする自民=公明の都議らが仕切る利権構図があり、それをぶち壊さなければ、「明るい都政」は取り戻せないという理屈である。

 「自民党をぶっ潰す」といって、同情と共感と期待を一心に集め、郵政選挙に大勝利したのは小泉純一郎元首相だが、それと同じ構図を目指している。

 しかし、「郵政」は日本の保守層の基盤であり、国民と密接に絡み、郵便局を通じて誰もがその存在をイメージできる。

 それに比較して、自民党都連の存在は遠く、まして「都議会のドン」とはいえ、一般には無名の内田氏を敵にするには無理がありすぎよう。

 内田氏は、確かに東京が「大いなる田舎」であることを知らしめてくれる政治家だ。

 東京都には、興業、風俗、酒類販売という裏に暴力団が絡む商売と、政治の世界をつなぐ"フィクサー"が存在する。

 戦後、その役割を担ったのが、プロレスラー・力道山の支援者として知られ、明治座を復興させて社長に就いた新田新作氏だった。

 だが、57年に新田氏は死去。その後を継いだのが、料亭濱田家の2代目の三田政吉氏である。

 明治座社長の後継となった三田氏は、日本演劇興行協会会長、日本食品衛生協会理事長などを歴任、都政にも影響力を行使した。

 「自民党都議になるには、三田氏の承諾を必要とした」(都議会関係者)といわれたほどで、06年1月、95歳で亡くなるが、葬儀委員長は石原慎太郎都知事(当時)が務め、参列者は5000人に及んだ。

 高校中退の学歴で、千代田区議を4期、都議を7期務める内田氏は、三田氏の“薫陶”を受けた政治家で、ゼネコンなどの業者と行政をつなぐのが、都議の最も大切な"仕事"と発想する政治家である。

 そうした自分の仕切りに口を出す都知事、副知事、区長、都議とは徹底的に戦い、蹴散らしてきた。

 内田氏は、石原慎太郎元知事、浜渦武生元副知事、猪瀬直樹元知事、石川正己千代田区長など錚々たるメンバーと激突、譲歩を引き出すことに成功してきた。

 都連幹事長という「公職」ではない地位にある内田氏が、裏に回って利権を差配、都政を牛耳っていていいのか、という小池女史の主張は分からなくはないが、それがどれだけの共感を得るかは、いささか疑問である。

 「虚」や「影」に戦いを挑んでも分からない人には分からない話で、パラシュートなしで飛び降りた小池女史の勇気は買えるが、

都議会の舞台裏は一種の"伏魔殿"。――たとえ当選しても前途は決して平坦ではなかろう。【未】

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

profile

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

還暦川柳
還暦川柳 (JUGEMレビュー »)
公益社団法人 全国老人福祉施設協議会

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

テレビはなぜおかしくなったのか
テレビはなぜおかしくなったのか (JUGEMレビュー »)
金平 茂紀,永田 浩三,水島 宏明,五十嵐 仁

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM