2016年11月29日配信「『大統領の犯罪』を暴く韓国検察と『貸金業法違反』で建設業者の罪を暴く日本検察との落差!?」

 

(☚wikipedia)

 

 

 韓国検察当局は、朴槿恵大統領の友人である女性実業家の崔順実被告が国政に介入した事件で、崔被告らの起訴状に、「大統領の犯罪」を明記した。

 記者会見で検察の李永烈特別捜査本部長は、「相当部分、共謀関係があると判断した」と、断定したうえで、「大統領への直接聴取が不可欠だったが、それはできなかった」と、不満を表明した。

 現職大統領は、内乱罪などを除いて起訴できないという憲法上の縛りを受けながらも、韓国検察は思い切って踏み込んでおり、「大統領の犯罪」を認定したに等しい。

 権腐必然!――どんな為政者もこの現実から逃れることはできない。

 権力が長期化すれば、自らはもちろん、家族、側近政府機関のいずれかに腐敗が生じ、やがてそれは国を蝕む。

 近代国家は、その反省から権力監視機関を設けてきた。

 それが「検察」であり、各国に制度上の違いはあっても、国政や行政とは別の立ち位置を持ち、犯罪の事実があれば、公訴権や捜査権を持つ捜査機関として権力に切り込む役割を担う。

 韓国検察は、今回、その役割を果たし、国民とマスコミの後押しを受け、居座る朴大統領を追い込もうとしている。

 翻って、日本はどうか。

 東京地検特捜部が、最大権力者の田中角栄元首相を逮捕したロッキード事件から40年が経過。この間、リクルート事件、金丸信脱税事件など、最終処理に問題を残す局面もあったが、権力監視機関としての務めを果たしてきた。

 だが、2010年の2つの強引な事件から暗転、検察冬の時代を迎えた。東京地検特捜部が犯罪をデッチ上げしようとした小沢一郎政治献金事件と、大阪地検特捜部の障害者郵便制度悪用事件捜査での証拠改ざん事件である。

 それからの検察の堕落は、今さらいうまでもないだろう。

 違反行為が明白な甘利明事務所の政治献金事件では、告発者の関係先は家宅捜索しながら、被疑者の関係先である甘利事務所は、官邸の顔色をうかがって任意証拠提出に留め、結果は不起訴処分だった。

 会員制月刊誌の『選択』(16年9月号)は、『無駄飯喰らいの腰抜け集団』と、書いて揶揄した。

 その東京地検特捜部が、久々に動き始めた。

 10月中旬、愛媛県の貸金業者・H女史が「無免許で貸金業を行っていた」という貸金業法違反容疑で、同女史の融資先など数十箇所の家宅捜索を行ったのである。

 不可解なのは、この業者は「政商」に類するような大物でも、各界に人脈を擁するような著名人でもなく、単に高利のカネを業績不振企業に貸し付けるごく一般的な高利貸しにすぎない。

 同女史の元パートナーが3代目時代の山口組系金融業者として知られたY商事・O氏(故人)だった縁で、確かにグレーゾーンにそれなりの人脈は築いていたが、どう考えても特捜部が摘発するような相手ではない。

 では、なぜ「貸金業法違反」で摘発するのか。

 「問題は、H女史の貸付先である『豊田建設』(埼玉県八潮市)だ。売上高は50億円にも満たない中堅業者だが、除染工事絡みで『大成建設』に食い込んだのをきっかけに急成長。その過程で『豊田建設』が『大成建設』の“前捌き役”として、政官工作を担った可能性がある」(検察関係者)

 それなら、「豊田建設」を"被疑者"として捜査着手すべきだろうが、「豊田建設」とH女史との間で貸金を巡るトラブルに関して検察が同女史を任意で事情聴取したところ、望外の"お宝証言"が次々に飛び出したことで方針を変更。貸金業法違反の"裏付け捜査"の形で介入し、上手くウラが取れれば『豊田建設−大成建設』に踏み込もう?ということのようだが、それにしても随分と回りくどい捜査ではないか。

 「豊田建設」の政官界工作が事実なら、「瓢箪から駒」の展開があるやもしれない。

 しかし、H女史の"お宝証言"がオーバーに脚色されたものだったら事件は立たず、検察の面子が潰れる。

 だから、たとえ「豊田建設の疑惑」が不発に終わっても「貸金業法違反事件だけは立件できる」という、姑息な計算もあるのではないか。

 「腐っても鯛」ではないか!――「天下の東京地検特捜部」が、そんな腰の引けた重箱の隅をつつくような捜査で「巨悪」に迫れるのだろうか?【巳】

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

profile

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

還暦川柳
還暦川柳 (JUGEMレビュー »)
公益社団法人 全国老人福祉施設協議会

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

テレビはなぜおかしくなったのか
テレビはなぜおかしくなったのか (JUGEMレビュー »)
金平 茂紀,永田 浩三,水島 宏明,五十嵐 仁

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM