2018年2月6日配信「『コインチェック』の『580億円流出騒動』で分かった甘すぎる仮想通貨業者の“暗”と“明”」<事件>

 
和田晃一良社長
(コインチエック社HP)


 

 仮想通貨バブルを狙い撃ちにしたような被害金額約580億円の不正アクセス事件が発覚した。

 顧客は仮想通貨NEMを預けていた「コインチェック」の甘すぎる管理に呆れる一方、可能か、どうかはともかく、全額返金表明(返金額はNEMの下落で約460億円)にひとまずはホッとするとともに、履歴を解析して流出資金を監視できるというブロックチェーンの持つ機能に、改めて驚かされている。

 昨年12月から、多くのバラエティ番組で活躍中のお笑いタレント・出川哲朗を起用したテレビCMを打ちまくり、知名度を上げて顧客を獲得、仮想通貨取引所の最大手「ビットフライヤー」に並ぶ勢いだった「コインチェック」だが、その管理体制は「杜撰」の一語に尽きるものだった。

 仮想通貨を管理する場所は、「ウォレット(財布)」と呼ばれるが、ネットで売買される取引所は、常に外部からの不正アクセスにさらされるだけに、オンラインから切り離した「コールドウォレット」という場所でデータを管理するのが一般的で、なにより記者会見に登場する大塚雄介取締役が、自著のなかでこう述べている。

 

 「(預り資産の)全体を100とすると、そのうちの数%しかオンライン上に置かず、それ以外はインターネットから物理的に切り離して、オフライン環境で厳重に保護してあります」

 オンライン環境での「ホットウォレット」での管理がいかに危険かを自ら指摘、「インターネット環境から完全に切り離して、USBメモリのような物理デバイスに入れ、複数のバックアップをとって、別々の金庫に保管してあります」と、ヌケヌケといってのけていたのだから罪深い。

 さらに仮想通貨NEMは、「New Economy Movement(新しい経済運動)」の略称で、その普及活動のために「NEM財団」が設立されているが、同財団が求めていた管理体制は、「コールドウォレット」と「マルチシブ」と呼ばれる秘密鍵を複数に分割、別々に管理する手法を組み合わせている。

 当然、こちらも怠っていて、ひとつの秘密鍵だけだった。

 和田晃一良社長は、「技術的な難しさと人材不足から対応できていなかった」と述べたが、記者会見で「広告に投じるより先にやることがあったのではないか」と、突っ込まれるのも当然だ。

 この大甘管理が仮想通貨業者の抱える「暗」なら、資金の移転がブロックチェーン上の台帳に記録され、それを追うことで、不正に支出されたNEMの使用を監視でき、凍結させられるというのは「明」だろう。

 大塚取締役は、28日、被害状況や個客への補償方針を金融庁に報告した後の囲み取材で、「不正アクセスで流出したNEMの行方はわかっている。(奪われた通貨は)まだ現金化されていない」と、述べた。

 ブロックチェーン上に、資金移動の記録が改竄されない形で残され、追跡できるのは仮想通貨犯罪の防御に役立つ

 今回、ネット雑誌の要請を受けたブロックチェーンの専門家が、事件発覚から2日もしない間に、ハッキングの様子を公開した。

 それによれば、コインチェックのオンラインに侵入したハッカーは、NC4から始まる40桁のアドレスに、1月26日午前0時2分から09分の間に被害金額の大半を送金。それは続けて、10カ所のアカウントに送金されており、そのアドレスは確認済みだ。

 大塚取締役によれば、「現金化はされていない」ということなので、監視によって包囲すればハッカーは身動きできず、被害は出ないことになる。

 現在、仮想通貨は世界中で1500種類以上あるといわれている。

 

 誰もが勝手に「通貨発行人」になれるのだから、それも道理であるが、「以前、流行した未公開株詐欺みたいなもので、仮想通貨の99%は詐欺師たちのカネ集めです」(経済誌記者)との指摘もある。

 

 「今回のコインチェック事件を機に関係官庁の”介入”が強まるのは必至です。特にブロックチェーンで資金の流れが捕捉できる税務当局にしてみれば、仮想通貨が現金化される段階で網を張っていればいいのですから、恰好の”獲物”。『往きはよいよい、帰りは怖い』――”億り人”だ”自由(十億)人”だ、と浮かれていられるのも今のうちだけでしょう」(前出の記者)

 

 およそ「人さまのカネ」を扱う資格のない業者が、仮想通貨を成り立たせている「ブロックチェーンで救われ」、同時に被害を免れた”仮想通貨成金たち”が「ブロックチェーンで捕捉される」――何とも皮肉である。【丑】

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

profile

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

還暦川柳
還暦川柳 (JUGEMレビュー »)
公益社団法人 全国老人福祉施設協議会

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

テレビはなぜおかしくなったのか
テレビはなぜおかしくなったのか (JUGEMレビュー »)
金平 茂紀,永田 浩三,水島 宏明,五十嵐 仁

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM