2018年2月8日配信「人生本因坊の甘辛時事問答」<連載>

 

 

――憲法改正が最大テーマの通常国会が開会しました。

本因坊師「大雪が降ったんはお前のせいちゃうか!www。柄にもなく憲法改正だなんて、どないしたんや!」

――失敬千万、何たる言い草!――そんな言いがかりはパワハラですよ。

本因坊師「カカカwww――最近は口を開けばパワハラ、セクハラ、モラハラ、アカハラ、挙句の果てにジタハラ(時間短縮)。何でもかんでもハラスメント扱いすれば事足れり。昭和に比べたら“軟弱な時代”になったもんや。しみじみ『昭和は遠くなりにけり』を痛感するぞなもし」

――もうすぐ平成も終わろうというのに、いつまでも「昭和、昭和」と言ってると、化石扱いされますヨ。

本因坊師「これは異なこと。その言い方こそ、昭和生まれに対するハラスメントだろう(# ゚Д゚)」

――お言葉ですが、今日の老師は「価格交渉」「内部検討」と言って恥じない財務省の“忖度役人”みたいですよwww。

本因坊師「(mumumu)言わしておけば調子に乗りおって…(# ゚Д゚)」

――たとえ老師が相手でも、今年からは「是は是、非は非」の姿勢で臨む所存ですから、そのつもりで…」

本因坊師「(クソ〜ッ!)……」

――さて、今年は国政選挙もないし、年内にも国会議決がありそうな憲法改正について老師は、どう思われますか?

本因坊師「『どう?』ってどういう意味よ?」

――賛成ですか、反対ですか。

本因坊師「反対だ!」

――なるほど!その理由は?

本因坊師「その前に、都合の悪いことを言われたら、すぐに逆切れしたり漢字を満足に読めないのは愛嬌としても、平気でウソをつく総理大臣に憲法改正を口にする資格があるんかなあwww」

――お気持ちは分かりますが、もう少しアカデミックな解説をお願いします。

本因坊師「アカデミックだって?――ボンクラ揃いの内閣には似合わないだろうwww」

 

――安倍首相は、かねてより憲法9条の第1項、第2項を残して「自衛隊」を明記する条文を加えたいと述べています。

 

本因坊師「自衛隊は命を懸けて任務に励んでいるのだから『彼らの名誉のためにもキチッと憲法に掲げるべきだ』と妙にセンチメンタルなことを口にしているが、謙虚に丁寧に説明すると公言していた『モリ・カケ・スパ疑惑』に対する国会での答弁でも分かるように、2枚舌、3枚舌の持主だからなあ。単に自衛隊を明記するだけで済むはずがないと考えるべきだろうwww」

――これまでも屁理屈をつけた解釈で、恐る恐るにせよ、憲法で禁じる集団的自衛権を容認してきたことを考えると油断はできませんが、「自衛隊」の3文字を挿入するだけなら別にどうということはないような気がするんですが…?

本因坊師「相変わらず読みが浅いなあ。――その3文字で自衛隊の位置づけが変わるんや。つまり『国際的な平和維持に貢献する自衛隊』、そのココロは『日本の国益と直接関係のない米国の戦争に大手を振って協力する自衛隊』になってしまうちゅうことや」

――晴れて「米国のフロント軍隊」になるということですか?

本因坊師「現在でも自衛隊は米軍の指揮下にある実態は変わらんのだが、これからは胸を張って『オン・ザ・ブーツ』が可能になるわけや」

――なるほど。たかが3文字、されど3文字ですね。

本因坊師「現行憲法を押し付け憲法と言うのなら、日米地位協定だって押し付けだろう。それには何ら言及することなく憲法だけを云々するなんて、どうかんがえてもおかしいだろ」

――それはそうと、先程、ボンクラ内閣と仰いましたが、相も変わらず安倍晋三シンパの私でさえ「?」を付けたくなる大臣が多いですね。

本因坊師「上が上なら下も下。ほぼ全員が上に右へ倣えなんだからなあwww」

――線香と手帖を配っても「あれは無記名だから政党支部の活動だから公選法違反ではない」と開き直って恥じない茂木敏充・経済再生相なんか100%大臣失格ですね。

本因坊師「秘書が配っても線香箱に本人の名前が書いてないからセーフだと平気で居直るんだから、さすが帝大卒だわな( ´艸`)」

――過去に線香を配って公民権停止の憂き目に遭った小野寺某やウチワを配って大臣を辞めた松島某女が気の毒ですねwww。

本因坊師「人品骨柄最低の極みだな!」

――その居直り大臣と質疑中に笑顔でおしゃべりをしていた野田聖子・総務相もダメですね。

本因坊師「あのおしゃべりでオンナを下げたな!(ピシャリ)」

――松本文明・内閣府副大臣の「何人死んだんだ」発言も酷かったですね。

本因坊師「物事の是非が分からん病人よ。堪えてつかあさい(ペコリ)」

――豹変した外相も期待外れ。経産相もキレがないし、詐欺師の広告塔で小銭稼ぎに余念がない厚労相も大臣失格だと思います。

本因坊師「頭が痛くなるから、もうよろしい。――キリがないのでクイズでもして気分を変えようぜ。――第1問。1786万人vs97万人。これは何の数字か?――正解したら牛丼並盛(ツユだく)1杯や!」

――う〜ん。人数ですからねえ。何だろう?う〜ん、分かりません!

本因坊師「中国と日本の2016年の出生数や」

――ガビ〜ン、18倍ですか!(@_@)

本因坊師「国土の面積と人口は国力の礎だ。――中国号の前途は洋々、日本丸の前途は多難。悔しいが指導者の差だな(ヒヒヒ)」

――老師がお隠れあそばしたら移民する国を探さなきゃ。――今日はもうひとつ、「トランプ大統領特集」を予定していたので画像を貼り付けたのに…。

 

本因坊師「寒いし、次回にしようぜ。――おお、寒い寒い」

 

 

 

 

 

 

 


 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

profile

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

還暦川柳
還暦川柳 (JUGEMレビュー »)
公益社団法人 全国老人福祉施設協議会

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

テレビはなぜおかしくなったのか
テレビはなぜおかしくなったのか (JUGEMレビュー »)
金平 茂紀,永田 浩三,水島 宏明,五十嵐 仁

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM