2018年2月20日配信「先祖返り?した強気の『東京地検特捜部』vs資料隠蔽発覚でも強気で反撃する『大成建設』――どっちもどっちのせめぎ合い⁉」<事件>

 (☚wikipedia)


 「ふざけるな!」「社長の前でもウソをつくのか!」

 リニア中央新幹線の談合事件を捜査する特捜部経済班サブキャップ・関善貴検事は、「大成建設」の役職員を社長室に呼びつけると、こう怒鳴りつけたという。

 いつか見た風景である。

 国家秩序を担っているという高ぶりと、公訴権と捜査権の双方を握っているという驕りが、人柄的には謙虚な特捜検事であっても、捜査がうまく行かなかった時には、思わず怒りとなって噴出、被疑者であれ参考人であれ、だれかれ関係なく面罵する。

 それが証拠改竄につながった「大阪地検特捜部事件」(2010年)のような犯罪を生み、その反省のもと、大人しくなっていたのに、事件を再開すれば、やはり元の強引な特捜に戻ってしまう。

 「大成建設」の顧問弁護士は検察上がりのヤメ検。特捜部は、二度、三度と「追いガサ」を繰り返し、そのなかには法務部も含まれ、弁護士のパソコンまで押収した。

 取り調べの際の想定問答やアドバイスなど手の内を握られ、怒り心頭に達したのであろう。

 「検察のストーリーに沿った自白を強要しようとして圧力を加えているもの」と、顧問弁護士は、その捜査姿勢に反発、「抗議書」を送り付けた。

 特捜部には自信があった。

 ひとつは、「JR東海」からの内部告発が公正取引委員会に寄せられ、その情報と資料をもとに、まず「大林組」に偽計業務妨害容疑で家宅捜索に入れば、独禁法違反での摘発が容易と判断できたこと。もうひとつは、「JR東海」には総工費9兆円のうちの3兆円が財政投融資として注ぎ込まれていたこと。そして、「JR東海」は「民」だが、事業は「国家プロジェクト」であり、特捜案件にふさわしい事案だった。

 誤算は、受注予定表を押収された「大林組」が課徴金減免制度(リーニエンシー)を使って自首。次いで「清水建設」も従ったのに、「大成建設」「鹿島建設」が突っ張ったことで、「4社が自首して幕引き」のシナリオは崩れた。

 また、「JR東海」をゼネコン談合の「被害者」にしなれればならないのも、入札実態との間に大きな差があった。

 難工事が予想されるうえ、民間企業として「JR東海」自身が収益を確保するため、ゼネコン各社との間に協議を続けてきた。

 それは技術と価格の擦り合わせを含むもので、「官製談合」の側面がある。

 立件には、そこは除かねばならず、談合事件として仕上げる際の歪みをもたらしている。

 「大成建設」が、突っ張っているのも、民間会社として「施主=JR東海」の意向に沿って情報を集め、技術提案をして価格を擦り合わせてきただけ、という思いであり、だから談合ではなく、設計協力を含む営業努力と主張している。

 そこには、亡くなった「JR東海」のリニア担当と最も親しかった元常務が、リニアの推進を担ってきたという自負がある。

 難工事といわれる大深度の南アルプストンネルの受注は、そうした互いの「信頼関係のなかでの貸し借り」で生まれたもので、「業務屋」と呼ばれる談合担当が、話し合いだけで受注を決める従来の談合にはほど遠い、というわけである。

 しかし、「大成建設」にも弱みがあった。

 代々木にある幹部寮に隠してあった段ボール約40箱のリニア中央新幹線に絡む資料が、顧問弁護士が「抗議書」を送った直後に発覚、「JR東海との守秘義務に関するもので、隠蔽のつもりはなかった」と弁明したものの、いかにも苦しい。

 どっちもどっちのせめぎ合いのなか、3月末の立件に向けて神経質な争いが続いている。【巳】

 

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

profile

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

還暦川柳
還暦川柳 (JUGEMレビュー »)
公益社団法人 全国老人福祉施設協議会

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

テレビはなぜおかしくなったのか
テレビはなぜおかしくなったのか (JUGEMレビュー »)
金平 茂紀,永田 浩三,水島 宏明,五十嵐 仁

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM