2018年9月21日配信「東京仙人島週間mini情報」<連載>

「プーチン大統領もトランプ大統領も、安倍首相を対等な交渉相手として見ていません。外遊先で気前よくバラまけば、そりゃあ、どこの国も歓迎してくれます。見下され、金蔓扱い扱いされているだけです。地球儀俯瞰外交などと言って訪問した国の数を誇っていますが、結局どの国とも信頼関係を築けていない。安倍政権で米国、中国」、ロシア、韓国という日本の国にとって重要な国との外交関係はすべておかしくなってしまいました。北朝鮮の拉致問題も、安倍首相の存在自体が解決の支障になっています」(孫崎亨氏・日刊ゲンダイ8/31

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

<社会>

 

★「“自転車”転倒で破産申請!」…高利をエサにオーナー会員を集めた通販会社「ケフィア事業振興会」がダウン、340億円超の焦げ付きで2万人が被害。

 

◆「踏んだり蹴ったり」♪トントントンマの〜♪――留置中の樋田某に逃げられたばかりか、誤認追跡で死亡事故を起こした大阪府警富田林署をオチョくった替え歌が近畿一円で大人気。

 

★「民放TV局は色情記者ばかり!」…古くは8ch・渡辺某を初め、6ch・山口某に続いて4ch・青山某に女性スキャンダル発覚で着任予定のニュース番組から降板。

 

★「SURUGA-BANK is my WALLET…私物化の極み!―—「スルガ銀行」が岡野家の関連企業に500億円の情実融資

 

★「老いて益々意気軒昂!」「スルガ銀行を辞めて老後をゆっくり過ごしたいと思っているかもしれないが、そうはいかない。残りの人生を追い込んでいかざるを得ない」――スルガ銀行被害者弁護団長の河合弘之弁護士が岡野一族追及に怪気炎。

 

◆「これ以上やると経歴に傷がつく?」…あまりの酷さに「スルガ銀行」の代理人弁護士が相次いで裸足で脱走。

 

★「長州デタラメ銀行!」…顧客の預金残高を水増しして融資の「TATERUのメインバンク「西京銀行」“第二のスルガ”の声。

 

◆「台風につきお解き放ち⁉」…三重県串本市の生簀から近大マグロ350匹が“脱走”。

 

★「どこまで続く泥濘ぞ」…今度は重量挙げの三宅義行・日本ウェイトリフティング協会会長に続いて渡辺正昭・日体大駅伝部監督にパワハラ疑惑。

 

◆「寄生虫貴族」「ボランティアをやりたくなければ申し込まなくていい」――ジョン・コーツIOC調整委員長が夜郎自大なひと言。

 

<政治>

 

★「問わず語り」…「私の不徳の致すところから〜皆さんにかぶっていただき〜」――安倍首相が総裁選の選対発足式で思わず“自白”の巻。

 

★「毎度毎度のやってるパフォーマンス!」「晋ちゃん、頑張っています!」とアピールしたい安倍首相が北海道地震による死者を早トチリ発表の愚。

 

◆「思わずホンネ⁉」「不謹慎だが総裁選にはプラスだ」――自民党幹部が大阪台風&北海道地震にニンマリの非情。

 

★「言うだけ宰相」…石破茂元幹事長との論戦避けてウラジオストックに逃避も会談予定のプーチン露大統領に2時間半の待ちぼうけ食っても安倍首相は「多大な成果アリ」と嘘っぱち。

 

★「舐められて候」「4島は返さないけど平和条約を先に結ぼうぜ」――プーチン大統領の提案に安倍首相は無言でニヤニヤ。

 

★「虚言症・盲言症・健忘症は深刻?」…「トリクルダウンなどという言葉は一度も使ったことはない」――石破元幹事長との公開討論で安倍首相の“持病”発症で一堂、唖然の巻。

 

★「無知蒙昧の極み⁉」「G7の有色人種の国は日本だけ」――麻生太郎財務相がまたもや言わずもがなの脱線発言。

 

◆「コップ中の選挙⁉」国民民主党代表選玉木雄一郎共同代表が当選もシラケ鳥が乱舞。

 

◆「また一人〜」…安保法制論の違い理由に長島昭久衆院議員が民進党を離党。

 

★「府民より外遊が大切⁉」…台風で関空沈没でも松井一郎・大阪府知事は「訪問を取りやめると都市として脆弱と思われる」との迷言残して万博誘致理由に欧州旅行外。

 

★「著書の宣伝パフォーマンス?」橋下徹・元大阪市長「維新は失敗だった」と反省の弁。

 

 

<企業>

 

★「積年の悪行が」…不正融資疑惑で沈没寸前の「スルガ銀行」岡野光喜会長米山明広社長が辞任

 

「マネロン信金」…金融庁が「埼玉県信金」に対しマネーロンダリングの疑いで調査を開始。

 

◆「開拓魂、今何処」…カーナビ需要不振で赤字決算の「パイオニア」が経営危機に。

 

★「MBO失敗のツケ払い」「ワールド」が巨額債務解消のため?に今月末に再上場の邪道。

 

 

<海外>

 

★「嫌われドナルド」トランプ大統領故マケイン共和党上院議員の葬儀に招待されずやけくそゴルフで憂さ晴らし。

 

★「何処かの国にもいるよー 「あの男はバカだ」「小学5〜6年生程度の知能」「我々は狂った街にいる」―—米ボブ・ウッドワード氏が著書「Fearでトランプ大統領を酷評。

 

★「何処かの国にもいるよー◆…「GDP伸び率が失業率を上回るのは100年ぶりだ」――トランプ大統領が10年ぶりを100年に読み間違えても自画自賛

 

◆「トランプ大統領もご満悦」…北朝鮮が建国70年の軍事パレードを開催もICBMは不参加。

 

◆「何でもアリ!」…アサド政権打倒を叫ぶ米国がシリアで御法度の白燐弾を使用。

 

★「またまた暴露本」…ストーミー・ダニエルズ女史がトランプ大統領との不倫を綴った「Full Disclosure」を出版。

 

 

<訃報>

 

🌸井出正一・元厚政相が心不全のため死去。享年79.合掌。

 

🌸人形浄瑠璃文楽三味線の人間国宝・鶴沢寛治さんが死去。享年89。合掌。

 

🌸米俳優バート・レイノルズさんが死去。享年82。合掌。

 

🌸ダービー馬・ワグネリアンの母・ミスアンコールが地震で不慮の死。合掌。

 

🌸高田勇・元長崎県知事が心不全のため死去。享年92。合掌。

 

🌸神田俊甫・福島民友新聞元社長が膵臓ガンのため死去。享年71。合掌。

 

🌸ニュースキャスターの浜尾朱美さんが乳ガンのため死去。享年57。合掌。

 

🌸声優の大塚周夫さんが心不全のため死去。享年85。合掌

 

🌸女優の樹木希林さんがガンのため死去。享年75。合掌。

 

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

profile

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

還暦川柳
還暦川柳 (JUGEMレビュー »)
公益社団法人 全国老人福祉施設協議会

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

テレビはなぜおかしくなったのか
テレビはなぜおかしくなったのか (JUGEMレビュー »)
金平 茂紀,永田 浩三,水島 宏明,五十嵐 仁

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM