2020年3月12日配信「東京仙人島minimini情報」

 

「今も世界中が格差と貧困にもがいている。その辺の良いおっさんやおばはんを描いたところで映画は楽しくない時代になった。我が新作も、欲望の昭和時代の片隅で一人で飢えや汚辱にまみれ、世間のまなざしにあらがい続けた“無頼の徒”を描いてみた。命懸けの裏社会を生き抜く様を観てやってほしい。はやりの『はみ出し者』の映画なので、世間の片隅で春に公開します。見逃さずにご高覧ください」(井筒和幸・日刊ゲンダイ・2/22)

 

………………………………………

 

<社会>

 

★「世論操作はお任せ」…大手クラウドソーシング企業「ランサーズ」の秋好陽介社長と官邸の親密すぎる関係に疑問の声。

 

★「父子2代のクソ坊主」…臨済宗大本山・妙心寺が「定光寺」の前住職と息子の前副住職を檀家から受け取ったお布施など計約1億1千万円を私的に流用したとして2人を「擯斥」の処分に。

 

★「おかしい判決」「楽曲を利用しているのは、生徒や教師ではなく事業者である音楽教室だ」――音楽教室がJASRAC(日本音楽著作権協会)を訴えた裁判で、東京地方裁判所が教室側の訴えを棄却

 

★「被告人は健忘症?」「海喜館地面師事件」の第1回公判で主犯のひとり、カミンスカス操被告が起訴内容を全面否認。

 

◆「埋めたてありき!」…防衛省が辺野古沖の埋め立て予定地の地盤強度データをまたもや隠蔽。

 

★「次は安里か克行か?」…広島地検が河井安里・克行夫妻の政策秘書ら3人を公職選挙法違反(買収)容疑で逮捕。

 

★「何を今さらギッチョンチョン」…証券取引等監視委員会(SESC)が“ハコ企業”の誉れも高い「Nutsに対し金商法違反(偽計)容疑で強制調査。

 

◆「安直の極み」香川県警が不正競争防止法違反(顧客の個人情報漏洩)の疑いで百十四銀行行員の横井良亮ら3人を逮捕。

 

 

<政治>

 

★「いよいよ剣が峰」「私たち、ホテルと契約なんかしていませんよ」「追い詰められたらここまで言うのかと、人間性を疑います」――桜を見る会疑惑に関して地元の下関市議が怒りの反論。

 

★「独断専行」…安倍首相の突然の公立小中高学校休校宣言に父兄、教師など関係者一同が唖然、茫然の巻。

 

★「宇宙人、咆哮す!」鳩山由紀夫前首相「政府の新型コロナウィルス感染症対策本部はメディア対策のための安倍首相のやってるフリだ」と批判。

 

◆「出戻り代表」…社民党新党首に7年ぶりに福島瑞穂参院議員が復帰。

 

★「屁理屈法相!」森まさ子法相が東京高検検事長の違法な定年延長について屁理屈こねて頑強に「正義」を主張。

 

◆「KYふたり」…自粛要請も何のその、秋葉賢也首相補佐官(衆院宮城2区)、⊃田水脈衆院議員(中国四国比例)が政治資金パーティーを開催。

 

★「メシを食わなきゃ知恵も出ぬ?」…安倍晋三首相が新型コロナウイルスの感染拡大防止に取り組んでいる最中の宴会について「様々の方と意見交換を行っている」と反論。

 

◆「ゲスの極み大臣(# ゚Д゚)山本朋広副防衛相が公費約118万円を使い、東京都内のホテルに146泊の唖然。

 

◆「バカ丸出し! 「老人は歩かない!」――松川るい・自民党参院議員が参院予算委員会で言わずもがなの野次。

 

★「バカ丸出し!◆「触るな庶民」――あの白川司郎氏自慢?の息子で武田良太国家公安委員長の秘書を務める白川優由仁クンが日本橋で乱暴狼藉の巻。(☚週刊新潮

 

★「コロナよりゴルフ」…コロナ対策でテンヤワンヤの事態をヨソに茂木敏充外相は葉山国際CCでナイス・ショットの巻。

 

★「文科大臣の任に非ず」萩生田光一文科相が夫婦揃ってマカオの「ギャラクシー・エンターテインメント」のご招待で大はしゃぎの迂闊。

 

 

<企業>

 

★「焦土作戦」…親会社の「前田建設工業」から敵対的TOBを仕掛けられている「前田道路」総額535億円の特別配当を実施。

 

◆「コロナとは無関係ですが…」神社・仏閣挙式プロデュースの「晴レの日」が破産。

 

★「反逆者に鉄槌?」…公正取引委員会が「楽天」に対して優越的な立場を利用した不当な要求にあたるとして独占禁止法に基づく緊急停止命令を東京地方裁判所に申し立て。

 

◆「恨みのコロナ肺炎神戸港クルーズ船運航の「ルミナスクルーズ」が民事再生法の適用を申請。

 

★「怒りのツイッター!」「安倍を退陣させるだけでは不十分であり、しかるべき場所へと送り込まなければならない。そしてこの間この腐りきった権力を支えてきた政・官・法・財・学メディアの面々をリストアップし、処断せねばならない」――辰巳孝太郎・共産党前参院議員が怒りのツイッター。

 

◆「コロナ肺炎禍」「エイチ・アイ・エス」(HISの2020年10月期の連結業績予想で純損益が11億円の赤字(前期は122億円の黒字)に転落。

 

 

<海外>

 

★「痩せ馬の先走り?」…米大統領選の民主党指名争いでブティジェッジ・前サウスベンド市長が選挙戦から撤退。

 

★「焼け石に水?」米連邦準備制度理事会(FRB)が肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染拡大による経済への悪影響を防ぐため主要政策金利を0・5%引き下げ。

 

 

<訃報>

 

❁岡部英男さん(おかべ・ひでお=元自民党衆院議員)4日、肺炎のため死去、91

 

❁声優の勝田久さん。行年92。

 

❁ホスニー・ムバラク元エジプト大統領。行年91。

 

作家の古井由吉さん。行年82。

 

高橋紀世子・元参院議員。行年78。

 

❁小林恒人・元社会党衆院議員。行年82。

 

画家の筒井伸輔さん。行年51。

 

俳優の安田正利さん。行年87。

 

朝日新聞社社主の村山美知子さん。行年99。

 

❁俳優の岸野一彦さん。行年86。

 

❁映画カメラマンの仙元誠三さん。行年81。

 

❁俳優の安田正利さん。行年87。

 

俳優の岸野一彦さん。行年86。

 

❁朝日新聞社社主の村山美知子さん。行年99。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする








   

profile

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

還暦川柳
還暦川柳 (JUGEMレビュー »)
公益社団法人 全国老人福祉施設協議会

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

テレビはなぜおかしくなったのか
テレビはなぜおかしくなったのか (JUGEMレビュー »)
金平 茂紀,永田 浩三,水島 宏明,五十嵐 仁

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM