2020年4月2日配信「コロナショックで理事が“敵前逃亡”!――国民の年金を運用するGPIFは大丈夫か?」<政治>

 

 

 世界最大級のファンドで、公的年金の運用を一手に引き受けている「年金積立金管理運用機構」(GPIF)が、コロナショックによる株価大暴落で大変なことになっている。
 
 世界的な株高と円安が寄与して、19年10〜12月期の運用資産の収益率は4・61%で、約169兆円に達した。
 
 それだけに20年に入ってからのコロナショックの落ち込みによる落差は大きく、株式だけで20兆円近い含み損を抱えたと見られる。
 
 天変地異や疫病によって市場が暴落するのは避けられないが、GPIFの場合には政治的、組織的な問題を抱えており、「不可抗力」で逃げることはできない。
 
 GPIFが株式運用に思い切ってシフトしたのは、14年1月、安倍晋三首相がダボス会議で「成長持続へGPIFを改革する」と、国際公約したのがきっかけだった。
 
 有識者会議が立ち上がり、「国債偏重から株式へシフトすべきだ」という結論が出され、同年10月、GPIFは基本ポートフォリオの見直しを決めた。
 
 それまでは、国債を中心とした国内債券に60%、外国債券に11%、国内株式に12%、外国株式に12%、短期資産に5%という比率だった。
 
 面白みはないが手堅く、「減らさない運用」である。
 
 それを国内株式25%、外国株式25%、国内債券35%、海外債券15%と変えた思い切った株式シフトである。
 
 この頃から、「日本銀行」が日本株ETF(上場投資信託)を買い増しており、日本の株式市場は日銀とGPIFが両輪となって株式市場を支える構図となった。
 
 それは、アベノミクスを支えることでもあり、そのためGPIF改革を進めたのは官邸である。
 
 本来、所管の厚生労働省が改革を推進すべきで、塩崎恭久厚労相(当時)はそう構想していたが、14年末、菅義偉官房長官が「GPIF改革について」というペーパーを塩崎大臣に渡したことで方向性は決まった。
 
 官邸推薦で英「コラ―キャピタル」のパートナーだった水野弘道氏が最高投資責任者(CIO)に就いた。
 
 同氏は世耕弘正官房副長官の友人で、その強い推薦もあった。
 
 水野CIOのもとで、新しいポートフォリオに沿った運用が行われることになったが、「コラ―キャピタル」は未公開株流通が専門で、その前職が「住友信託銀行」なので水野氏には巨大ファンド運営の経験がない。
 
 そこで、厚労省は16年3月、農林中金専務理事として運用を担当、「凄腕ファンドマネージャー」として知られる高橋則広氏を独断専行が目立つ水野氏の監視役として理事長に就けた。
 
 高橋―水野体制で運用は、総じて順調だった。
 
 18年10〜12月期の世界同時株安で大きく運用損を出したこともあったが、「トランプ相場」もあって世界が株高に向かい、前述のように、19年末は169兆円にまで運用資産を積み増していた。
 
 それが一気に逆転、20兆円の含み損がどこまで広がるかわからない。
 
 しかも、株価下落を債券でヘッジするというリスク管理が、近年、出来なくなっていた。
 
 それは水野CIOが自覚していたことで、19年8月、米年金基金で行った講演のなかで、「あらゆる資産で損失が発生、為替差損も被るなどして、株価の下落を債券でヘッジするという従来の方程式が使えなくなった」と、述べている。
 
 折も折、GPIFの資産運用の欠落が判明した最中に、高橋理事長の女性スキャンダルが発覚した。
 
 18年12月の日付が入った「デート写真」が流出、それがGPIFや厚労省に送り付けられて、19年10月、高橋理事長は減給6カ月の処分を受けた。
 
 任期が切れる20年3月末での退任が決定的となったが、そうしたスキャンダルの背後に「反高橋派」の工作があったとして、水野CIOと厚労省出向の三石博之理事が疑われ、3人の関係がギクシャクするようになり、結局、3月末での3理事全員の退任が決まった。
 
 投資の継続性を考えれば大問題だ。
 
 ポートフォリオ見直しを含むGPIF改革の時から、「アベノミクス支援の株高」という狙いがあったわけで、その思惑は邪だった。
 
 加えて理事たちはコンプライアンス上の問題を抱えていた。
 
 コロナショックは、図らずも国民の年金が置かれた“歪んだ状況”を伝えることになったが、我らが年金は大丈夫なのだろうか。【🐏】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする








   

profile

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

還暦川柳
還暦川柳 (JUGEMレビュー »)
公益社団法人 全国老人福祉施設協議会

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

テレビはなぜおかしくなったのか
テレビはなぜおかしくなったのか (JUGEMレビュー »)
金平 茂紀,永田 浩三,水島 宏明,五十嵐 仁

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM