2017年12月14日配信<週刊0510archives>「人生は義理と人情と浪花節!!――佐川急便創業者・佐川清会長の思い出」

佐川急便・佐川清会長 
“祇園の夜”に似つかわしくない質問にも嫌な顔ひとつ見せず、時に笑顔を見せる佐川会長の口からは、南禅寺の自宅客間での会話とは、ひと味もふた味も違った迫力ある言葉が間断なく飛んできました。

──企業人としての会長の経営哲学を聞かせてください。

 「常に汗みどろの人生を送ってきたワシにはそんな大それたもんはないが、幹部連中にはいつも『企業の存在価値は社会や社員の秘めたる夢の実現に最大限貢献すること』と言うてきたつもりや。3万5000人の社員全員に、この考えが浸透しているとは言えんが、経営者たるもの、常に社会と社員のことを考えて行動せんと、会社なんてアッと言う間に潰れてしまうぞ」

 「人と出会い、人と交わり、人と育つのが人生だ。その短い人生で縁あって出会った人間が何人いるか、それも損得抜きの付き合いができる仲間や部下が何人いるか。そんな彼らこそが会社にとって最大の財産なんや。とにかく、人に出会うことで仕事が生まれ、人と出会うことで事業が発展する。これこそがワシが身体で覚えた経営哲学やな」

 「とにかく夢を持って、夢を追いかけ、そして夢を実現する。そうした気概を持ち続けとったら、必ず幸運に巡り会える。『継続は力なり』や。夢は持ち続けておかんと逃げてしまう。中途半端はイカン。そのためには素の自分をさらすこっちゃ。そしたら相手もそれに応えてくれるもんや。そして、夢を実現したら仲間同士で分かち合う。自分ばっかりエエ思いしとったら、幸運は長続きせん。『人も良し、我もまた良し』。これでこそ人世やないか。そう思わんか?」

 かすれた声ながら、ズシンと心に響く言葉の連続にメモを取る手も止まりがちです。

 「カネというのは、オモロイ性格を持っとるもんや。執着すれば逃げて行くし、自在に操れば“良き召使い”になり、働かせば友達を仰山連れて戻ってくる。なかには碌でもない友人も居るけどな(笑)。ウチの幹部にはカネの奴隷になっとるドアホも居るが、そんな奴は経営者にもなれんし、悪戦身に付かずで、精神が堕落する。カネは人を測る“物差し”であり、またカネの使い方はその人間を見極める最高の“物差し”とワシは思うとる」

 「組織の大小にかかわらず、トップに立つ者は、常に飢え、常に戦い続け、常に迷いなく決断せないかんもんや。そのためには、あらゆる苦難や逆風を五感で感じられるように自分を鍛錬せなあかん。人生は一度限りや。攻めて、攻めて、攻めまくるこっちゃ。それでもギリギリの立場に追い込まれたら、その時は運を天に任せたらエエんや。世間にはワシのことをワンマン、独裁者や言うて鬼畜生みたいに言う奴も居るけど、トップたる者、ワンマンでなけりゃあ、会社なんていう船は、すぐに難破船になるんや。…『苦中に楽あり、楽中に苦あり』…無事に港に船が着くまでは船長は鬼でなければアカンのや。そして晴れて港に着いたら甲板員から機関員まで、みんなで美味い酒を飲む。これが男の最高の生き方やないか」

 佐川節は絶好調。しかし、あまりの長居は身体に障るのでは?…そう思いながら、「会長、そろそろ〜」と切り出そうとした時を見計らったように……。

 「この話の続きは、今度にするとして、オイ!一曲歌うて帰ろうや。バタやんの『帰り船』を一緒に歌おうやないか」

 ♪♪波の背の背に 揺られて揺れて 月の潮路の帰り船♪♪

 一番を佐川会長が、二番を小生が、そして三番をデュエットで歌いました。
 声といい、節回しといい、なかなかのものです。
 懐かしい思い出です。(続く)【裕】












 


2017年12月12日配信≪週刊0510archive≫「人生は義理と人情と浪花節!――佐川急便創業者・佐川清会長の思い出」

佐川急便・佐川清会長
 涼しい顔で日本皇民党への株券譲渡を語ったと思えば、無邪気な顔でモグラ退治のコツを語る。…佐川節は今日も絶好調です。まだまだ聞きたいことは山ほどあるのですが、間もなく約束の2時間になりました。

──そろそろ、失礼したいと思いますが。

 「何や、もう帰るんか?まだエエやないか。今日は調子がエエから祇園へでも行くか?話の続きはそこでしようやないか」

 頻りに咳き込む会長の体調も気掛かりだったのですが、強い誘いに根負け。場所を祇園のお座敷に移してインタビューすることになりました。
 
 玄関をくぐった会長、下足番のお爺さんに「世話になるぞ。これとっとけや」と“ン万円”をポン。次いで、座敷に向かう廊下で女将に「これ、お運びさんにあげてや。何人おんねん」と一人当たり“ン万円”ずつの心付けを渡しました。
 聞きしに勝る“豪快な散財”にポカンとしている私に、

 「あのなあ、心付けちゅうのは、下に厚く、上に薄くが鉄則やぞ。芸妓や舞妓には高い花代を出しとるんやから要らんがな」

──???

 「ワシかて、ひとりでこんな座敷に来ることは滅多にない。そんなカネがあったらドライバーと焼き肉食うた方がなんぼかエエがな」

──つまり、接待の時だけこういう座敷を使うということですか?

 「そうや。接待ちゅうのは、相手を真心込めてもてなすことや。それを勘違いして自分が気持良うなっとるアホがおるが、そんなカネの遣い方はアカン。死に金や。玄関は最初に入る場所であり、最後に出る場所や。大事な客人に最初と最後に気持良うなって貰うためには、(下足番の)爺さんを大事にしとかな。先に他の座敷の客の靴を手にしていても、佐川の客の姿が見えたら、持っとる靴を放っぽり出して、ウチの客の履物を揃えてくれるがな。あんたが下足番だったら、どないする?」

──もし自分が下足番だったら…(十分に納得です)。

 「別に、こんな高い座敷でのうても同じや。例えば、うどん屋に入ったとしょうか。客人が天麩羅うどんを注文したら、自分はそれよりワンランク、ツーランク落としてキツネか月見にするんや。それを客人と同じ物を頼んでみい、相手は全然、気持エエことあらへんがな。そうやろ。そんな奴は、接待に名を借りて“公金”でうどんを喰うとるのと同じや。今の佐川の役員は、そんな奴ばっかりや。だからワシは、佐川急便に明日はない!って言うんやが、アイツらは現場のドライバーのことを一顧だにせず、自分の懐を肥やすことばかりに夢中になっとるんやからホンマ、守銭奴の集団や。九州の支社長なんか、どないしてカネを抜いたのか分からんが、博多を中心に何軒も焼肉屋を経営しとるちゅうんやから。また北海道の支社長は、札幌に居らないかんのに、しょっちゅう上京、何をしとるかというと、昼はヤクザとゴルフ、夜は銀座か雀荘なんやから、なにをかいわんや。どいつもこいつもアホばっかりや(怒)」

──そういえば北陸支社では、車のトランクから二重帳簿が出てくるという事件もありました。

 「北陸だけやない。大阪支社でもややこしい事件があったし、中国支社にも問題が一杯あった。そういえば四国にも妙な事件があったな。どの事件も、すべてドライバーを大事にせんことに端を発しとるんやが、それを突っつかれたら首が飛ぶから、幹部連中は責任をドライバーになすりつけて、自己保身に汲々としとる。そら、ドライバーは恨むわな。しかし、ワシに上がってくる報告は、ドライバーが一方的に悪いという“ウソ”ばっかりや。そやから、“佐川急便残酷物語”とか“佐川奴隷運送”とかいう怪体な本が、仰山出てくるんや」

──古い話ですが、その手の本に書かれた事をもとに脱税容疑を掛けられたことがありましたね。

 「よう知っとるな。そうよ、きっちり調べられたわ。しかし、ナンボ探しても“タマリ”なんかあらへんがな。結局は脱税なしということで、国税の職員も『世間では佐川さんがガッポリとカネを隠しとると言うてますが、ホンマに持ってへんのですなあ』言うて拍子抜けして帰ったがな。ワシは小細工して貯めたりせんのよ。カネは貯めるもんでのうて、遣うもんや。まあ、その分、先に逝った家内が苦労したけどなあ。実際問題、毎月末になると嫁はんに『おい、カネあるか?』言うて貰うてたぐらいやからな。この家かて、世間では“南禅寺の豪邸”や言うとるようやけど、何が豪邸や。古い家やから冬になるとスキマ風が入ってきて寒いし、庭の手入れかて1年間で何百万も掛かるんやから、それこそ小奇麗なマンションにでも入った方が、ずっと“豪邸暮らし”やぞ。壊すにはもったいない由緒ある屋敷やから、文化財を保護するつもりで買うてくれ言うから買うただけやのに…ホンマに世間ちゅうのはオトロしいもんや(笑)」(続く)【裕】







 


2017年12月8日配信≪週刊0510archive≫「人生は義理と人情と浪花節!――佐川急便創業者・佐川清会長の思い出」

佐川急便・佐川清会長 
  先に逝った盟友を偲ぶような目で、そして時に目を潤ませながら、「田中角栄」を語る佐川会長の表情は、実に穏やかでした。
 1922年生まれの佐川会長に対して、田中元総理は1918年生まれ。会長にとっては4歳違いの“兄”。ともに叩き上げという共通項を蝶番に、雪深い越後の国を故郷に持った“ふたりの英雄”の銭湯での邂逅は、まさに天の配剤、天の持つ磁力の為せるワザだったのかも知れません。
 同志であるとともに、同時に師であり、また好敵手であった「角さん」について、さらに佐川会長の思い出話は続きます。

──田中元総理は会長の目から見てどんな人物でしたか。

 「そうやな。ひと言でいえば、すべての面でお手本になる男だったな。不断の努力、人一倍の優しさ、そして何より時代の先を見通した鋭い感性。どれをとっても1級の大人物だったな。船舶振興会の笹川(良一会長)はんも傑出した人物だったが、ワシにとってはやっぱり角さんが一番だな」

──中国へ佐川急便の中古トラックを“寄付”したのは、日中国交回復に尽力した田中元総理の勧めですか。

 「そうだ。外交のことはよう分からんが、『あれだけの大きな国や。今に日本を凌ぐ世界の大国になる。長い間、睨み合ってきた両国だが、お互い人間や。時間をかけて話せば分かるし、手を携えなければならない時が必ず来る』というのが角さんの口癖だった。ほんなら中古で良ければウチのトラックを送りまひょかということで、翌年から寄付を始めたんや。そやそや、(会長の後ろに掛かった書を見上げながら)あれが1回目にトラックを100台かな、送った時に中国の偉い人が送ってくれた書や」

──他に田中元総理のことで思い出すことは?

 「そうやな。今でもはっきりと覚えとるが、『ワシは人間は利用されるうちが花やと思うとる。人助けこそがワシの務めや』という言葉にはシビれたなあ」

 (佐川会長の豪快な“タニマチ”ぶりは、ひょっとして田中元総理のこの言葉にあったのでは?)

 「男が惚れる男、それが角さんや。角さんの前に角さん無し、角さんの後に角さん無し。今の政治家に角さんを凌ぐ政治家はおらん。どいつもこいつもチマチマ、コソコソする奴ばっかりで国の将来を考えとる政治家はおらん。僅か54歳と言う若さで総理大臣になった“越後の今太閤”にワシは心底、惚れてしもうたんや。ワシが角さんにいくら献金しようが、そのカネはやがて形を変えて世のため、人のためになるんやから、それはそれでエエのんと違うか。それが、なんや!…真に国家を思う政治家を、しかも散々世話になった竹下や金丸は裏切りやがって!…あいつらの裏切りで角さんはダウン(85年に脳梗塞で倒れる)、引導を渡された(93年に政界を引退)んや。こんな非道は断じて許せんのや、ワシは!」

──それが、あの日本皇民党の「褒め殺し事件」に繋がるわけですか?一部には会長があの事件を指図したという声もありますが…。

 「指図したわけではないが、皇民党に“エール”を贈ったのは確かや。それが人の道やないか。皇民党には昔、京都府警絡みの一件でちょっとした縁があったんやが、ひょっとしたらワシの意を汲んで、代わりに竹下に天誅を下してくれたんかもしれんな(笑)。まあ、それが結果的に、東京佐川急便事件の“原因”になるんだが…」

──ところで、会長が保有していた佐川急便の株式を皇民党に譲渡した?という話があるのですが、本当ですか?

 「ホンマや。それがどうしたんや?彼らには諸々世話になったからなあ。当たり前やないか。昔なら、それなりのこともできたんやが、今は手元不如意やし…それに、彼らは昔からカネは受け取らんから、株券にしたんや。一時は持株比率で15%ぐらいあったけど、その後の増資で大分下がってしもうたがなあ。裸で生まれてきたんやから、冥土へ行く時も裸でエエやないか(笑)」

 (きわどい質問ゆえに、内心恐る恐る聞いたのに、あっさりと肯定。それがどうした?と涼しい顔で返されて、二の句が継げないままに、話題を変えて…)

──ところで、庭で放し飼いにされている鶴は幾らぐらいするのですか?

 「ああ、あれか。番いがふた組で50万円ぐらいかな。羽を切ってあるんで飛ばんがな。あれを狙うて、夜中にモグラが来よるんや。それで、今晩は徹夜で張り番をして、これで(おもちゃのゴム銃)モグラを撃ってやろうと思うてな(笑)。どや、お前もひと晩ぐらい付き合わんか」(続く)【裕】








 


2017年12月6日配信≪週刊0510archive≫「人生は義理と人情と浪花節!――佐川急便創業者・佐川清会長の思い出」


佐川急便・佐川清会長 
「タニマチ」すなわち「特別営業部長」とは、何ぞや?…世間の噂を笑い飛ばしながら佐川会長は淡々と話を続けます。

「何遍も言うが、ワシは贅沢や道楽のためにカネを遣うてきたんやない。格好つけるつもりはないが、“将来の佐川急便”、“ワシ亡き後の佐川急便”のために遣うとるんや。世間は往々にして表面だけ見て勝手なことを言うが、ドライバーが汗水垂らして儲けてくれたカネをチャラチャラしたことには遣えんよ」

──ところで、政治家とのお付き合いも相当なものだったようですが。

 「ワシは一遍も来てくれ、会いたいと言うたことはない。そやけど、向こうから来るんやから、そら会わな失礼やろ」

──どんな方が見えたのですか?

「共産党以外は皆、来たよ。ちょっと、待てよ」

 書斎から戻った会長が目の前に置いたのは借用証書や手形が詰まった古い手文庫でした。
 
 「これは、ここに来るのが一番多かった"黄門様"とか何とか言われとったF元総理が書いた借用証文や。大した用事もないのに、顔出すんやからしゃあないがな。来るたびに500万円や。控え目にいうても都合1億は下らんやろな。民社党の3代目委員長K、6代目のTもよう来たなあ。彼らは野党やから300万や。そうやな、金額的に一番多いのは、赤いマフラー巻いて、ダ―ッとか言うとるやな。ブラジルの牧場がどうした、こうしたで嫁はんのM子と一緒に来て、金22億円拝借致し候や。プロレス会社の株券を置いて行って、上場したら返せます言うとったが、どないなったんやろな。喜劇役者の(故人)や女優の(故人)も、公演のたびにチケットの束持って、しょっちゅう来とったなあ(笑)」

──この証文が未だに手許にあるということは…つまり、全然、返済されてないということですか。

 「そうや。たとえ貸したカネでも一旦、ワシの手を離れたら、どない遣おうと、また相手が返そうと返すまいと、ワシは頓着せん。返す奴は返すし、返さん奴は返さん。そんなことより世間をグルッと回って、またワシの所へ戻って来るように一生懸命、努力したらエエやないか。カネにしがみついたかて、あの世へは持って行けんがな。そうやろ」

──田中角栄元総理との交流は別格ですか?

 「角さんと知り会うたんは、ワシがまだトビやっとる時分やった。茨城・高萩の現場で仕事が終わった後、銭湯行った時に、湯船で天保水滸伝(㊟浪花節)唸っとる若い男がおったんや。『兄さん、エエ声しとるやないか。どこの産まれや?』『越後です』、『ワシもや』。同郷ということで、すっかり意気投合。その晩は二人で故郷の話を肴にして飲み明かしたのが付き合いの始まりや。その後だいぶ経ってから角さんが総理大臣になる前、確か通産大臣か何かになった頃からかな、本格的に“応援”するようになったんは」

──応援と言いますと、やはり政治献金ですか?

 「政治献金なんてそんな大袈裟なもんちゃう。『佐川急便』が軌道に乗ってからは、毎年暮れに12億円づつ目白へ運んだよ。『おーい角さん、裏の物置に入れといたでぇ』言うて、段ボールを母屋の裏の納屋にポーンと放り込むだけのことやけどな。領収書?そんなもんあるかい。『持って来たでえ』、『おう、いつも済まんなぁ』、『ほな帰るわ』で終わりや。そういえば半端な数字やったから、今でも覚えとるんやが、総裁選か何かでモノ要りだったんかな、1回だけ追加の要請があって、別枠で14億5000万円頼むと言われて、持って行ったことがあるなあ」

──もっと”生臭い場面”を想像していたのですが、随分と簡単なんですね(笑)。

 「そうや。カネは、グチャグチャ言わんと出してこそ値打ちがあるんや。世間が何かの見返り云々を想像すること自体、それこそゲスの勘繰りちゅうもんや(笑)」

――物置に“荷物”を入れたら、お茶を飲むどころか、話もしないで、そのまま帰るんですか?

 「“荷物”届けたら、それ以外に何の用があるんや。お互い忙しい身や。上がり込んで、グダグダ言う暇なんかないわ」

――「ハンコ不要の荷物は迅速を旨にすべし」ですね(笑)。

 「但し、ワシは唯の一度も角さんに生臭い頼みごとをしたことはないぞ。世間ではワシのことを札束で頬を引っぱたく“極悪商人”みたいに噂しとるようだが、ワシと角さんの付き合いは今、言うた通りや。もっとドロドロしとったら、アンタが喜ぶような話も出来たんだろうが、期待に添えずにスマンなあ(笑)。そうそう、角さんに直接、頼みごとをしたといえば、前妻の子供のが新潟の高田駅で切符切りをしとるんで、もっと大きい駅に配置換えしてやってくれんかと言うたら、当時の国鉄総裁の計らいで隣の直江津駅に移してくれたぐらいやなあ。そんなもんや、ワシと角さんの付き合いは。信じる、信じないはお前の勝手やけどな(笑)」

――娘の田中真紀子氏とは?

 「知らん。目白で何度か会ったことはあるけど、話をしたことはない。もちろん付き合いもない。角さんとは一代限りの付き合いや」(続く)【裕】

 

 

 

 

 

 

 

 





 


2017年12月1日配信≪週刊0510archive≫「人生は義理と人情と浪花節!――佐川急便創業者・佐川清会長の思い出」

佐川急便・佐川清会長 
 いささか抽象的な表現ながら、佐川会長は東京佐川急便事件について「儲かり過ぎたこと」をその原因として挙げました。
 「儲かり過ぎたからですか?」…わたしの怪訝な顔を見ながら、さらに続けました。

 「そうや。持ち慣れんカネを持ったことで、カネの威力を過信してしもうたんや。カネがあれば何でもできると思うてしもうたんやな。そのカネも自分自身が額に汗して稼いだんなら、それもエエがな。しかし、上のモンがどこぞの銀行員みたいに背広着て、ネクタイ締めて能書き垂れとったんではアカンがな。人間ちゅうんは、そんなカネにほど執着するもんや。だから二重帳簿作って差額を懐に入れたり、架空経費を計上してその分、着服したりするんや。そんなことせんと、儲けたカネは全部ドライバーに還元したったらエエのに、己の懐を肥やすことばっかりに知恵を巡らそうとするから、結局は自分で自分の墓穴を掘ってしまうんや。東京佐川の事件と直接関係ないと思うかも知らんが、自分の身体を24時間、目一杯使うて稼いだカネは、あんな風には使えんもんやぞ」

──つまり、東京佐川急便事件は、誰がどうしたこうしたではなく、“カネの質”が引き起こした事件だったと?

 「そういうこっちゃな。飛脚業はドライバーあっての商売や。頑張っとるドライバーには月給100万円以上出してもエエやないか。すべてのドライバーの月給140万円、年俸1500万円というのがワシの願いやったんやがなあ」

──随分と高給ですが、1500万円に意味はあるのですか。

 「3年で3000万円貯めるには、それぐらい必要やろ。佐川でみっちり働いて3000万円貯めて、それをタネ銭にして自分で商売するなり、会社起こしたりしたらエエんや。青春時代の一時期を佐川で過ごし、仕事の何たるかを身体で覚え、やがては佐川を越える企業の長になる。それが男の人生、男の本懐やし、ワシの夢やがな。いつまでも佐川に居るんでのうて、貯めるモノ貯めたらサッサと辞めて、己の道を行かないとアカン」

──現在、居酒屋チェーンを展開しているWさんも確か…。

 「そうや。彼がお手本や。ドライバーみんなにWみたいになって欲しいんやけどなあ。今のKの許では、まあ無理やろなあ。運送会社でドライバーを大事にせんちゅうんは、結局は荷主が離れていく原因や。それが分からん奴が経営者になると、佐川は潰れるか、良くて横這いや。どない逆立ちしたって、今より大きくなることはないわな」

──ところで、会長は多くの芸能人やスポーツ選手の“タニマチ”と言われていますが。

 「儲けたカネは天下の回りもの、ヘタに貯め込まんと有意義なことにはバンバン使うたらエエんや。無駄遣いはイカンが、活きたカネは断固遣うべしや。世間ではワシのことを芸能人や相撲取り相手にカネばら撒いて有頂天になっとる言うて騒いどるが、それは下衆の勘ぐりや。何でワシが、彼らを応援しとるか、お前分かるか?」

 こう聞くからには、単なる道楽ではないはずと思っても即座に答えは出ない。

 「当時の運送業界いうたら、一に日通、二に西濃、三、四がなくて五に福山や。佐川なんか吹けば飛ぶような存在やった。地方に荷主の開拓に行ったかて、全然相手にしてくれへん。そこでや、ワシは『社長、もう仕事の話は止めまひょ』言うて、『ところで、社長は歌手で誰のファンでっか?』、『北島三郎、サブちゃんや』、『ホウでっか、ほなサブちゃんの身体が空いとったらここへ来て貰いまひょか』、『テンゴ言うて、ホンマかい?』。ワシはその場でサブちゃんに電話するんやオウ、サブちゃんか?悪いけど、時間あったら金沢まで来てくれんか?』、『今、コマ劇場の舞台ですが、今日は夜の部は休演ですから、終わり次第駆けつけます』、『待っとるでぇ』。実際、夜になったらホンマにサブちゃんが、金沢まで来るんや。まさかの大スターが目の前に現れるんやから、誰かてビックリするわな。そこでサブちゃんが、何曲も持ち歌を歌うてくれるんやが、さっきまで『ウチは日通しか信用しとらん』言い張ってた件の社長が、『分かった。来月からオタクに頼むわ』で決まりや。ワシの寿命は有限やけど、荷主との契約はそれ以上や。さしずめ、ワシは佐川急便の“特別営業マン”ちゅうところかな(笑)」(続く)【裕】








 


2017年11月29日配信≪週刊0510archives≫「人生は義理と人情と浪花節!!――佐川急便創業者・佐川清会長の思い出」--

佐川急便・佐川清会長
 雑誌記者時代に出会った多くの人のなかで、「最も思い出に残る人物は?」と問われたら、わたしは迷わず佐川急便の創始者である佐川清会長の名を挙げます。

 最初に京都・南禅寺の佐川会長宅を訪問したのは、東京佐川急便事件から8年を経た2000年の初夏でした。
 ある出版社から依頼された「佐川会長自らの言葉による『東京佐川急便事件』の総括」という企画記事の取材のためです。

 当時の佐川会長は肺気腫の療養中ということを聞いていましたので、「多分、だめだろう」と半ば諦めの気持ちで取材依頼書を送付致しました。
 ところが、数日後、会長自身から電話で連絡がありました。

京都の佐川や。明後日の午後は空いとるから来いや。待っとるで

 あっけないほどの「取材了承」の返事に、欣喜雀喜。翌々日の新幹線に飛び乗ったのはいうまでもありません。

 噂の“佐川御殿”の応接間に通され、挨拶を終える間もなく、「よう来たな。2時間はお前の時間や。何が聞きたいんや。せっかく東京から来たんや、遠慮せんと何でも聞きなはれ」――想像していた“佐川清像”とあまりにも違いすぎる、あけっぴろげな言葉に度肝を抜かれました。

 「おう、タバコ吸うんやろ。遠慮せんと吸いなはれや」…わたしの前に灰皿を進めながら、肺気腫を患っているにもかかわらず、なんと会長自身がタバコをくわえているのです。

 今思えば汗顔の極みですが、調子に乗ったわたしは勧められるままにプカプカ。しかし、会長はひとふかししただけで、そのまま灰皿にポイ。その時は何も思わなかったのですが、後日、お手伝いさんに聞いたところ、「お客さんに気を遣わせないように、まず自分が率先してタバコに火をつけるのよ。お医者さんからはダメと言われてるのに、全然止めようとしないのよ(苦笑)」とのことでした。

 不躾な取材依頼を快諾してくれたうえ、若輩者に対しても、細やかな心遣いを示してくれるとは!――まさにホスピタリティの極致――“飛脚の心”の真髄を垣間見せられた思いです。

 さて、取材開始です。

 ──8年前の「東京佐川急便事件」ですが、あの事件の原因をひと言でいうと…。

 「そうやな。儲かり過ぎたことや。分不相応なカネが人の心を変えてしもうたんや。『カネは天下の回りもの。しっかり働いて、しっかり稼いで、しっかり使うたら、それが世のため、人のためになる』のに、持ち慣れん奴はヘタに貯め込もうとするから結局、悪さをするようになるんや。カネは人間を活かしもするし殺しもする。今の佐川の役員はKをはじめ、どいつもこいつもカネに毒されとる奴ばっかりや」(続く)【裕】






 


2017年10月18日配信「阿修羅になったヤス」 <寄稿>

 

 交通事故右肩腱板損傷の痛みがひどく、夜眠れず、痛み止めも効かず東京での活動を1週間切り上げ、戻りました。

 

9月29日東京地裁で行われた、清水節知的財産高等裁判所(以下、知財高裁という)所長を訴えた裁判は、1回で結審しませんでした。幸運です。

 

裁判・判決を行った二人の知財高裁所長(中野哲弘第3代所長並びに今回の清水節所長)を訴えた人間は、日本にいないでしょう。

日本にひとつしかない知的財産の裁判を行う知財高裁の所長が二人もお粗末な裁判と判決で訴えられたのですから、世界の恥でしょう。

 

以下、東京報告です。また、Mさんが書いてくれた、被告清水節答弁書に対する準備書面原稿を添付送付いたします。ご参考ください。

 

19日(火) 本来月曜日にはすべて終わり、東京に向かう予定でしたが、日曜日が台風18号で表に出られず、広島市作業所での作業はできませんでした。月曜日に作業をして東京に向かうとしたら月1回の休日だとわかり、やむなく火曜、朝一番で作業所に行き、「パネル板中国塗料との裁判履歴の作りかえ」をやり午前10時過ぎ東京へ向かいました。

途中、20日午前3時、駿河健康ランドで入浴し、9時過ぎまで仮眠、荻窪のKさん宅に向いましたが湘南バイバスを出てから渋滞がひどく荻窪に着いたのは、午後6時過ぎでした。

Kさん宅に預かってもらったパネル板、机を積み、宿に着いたのは午後8時過ぎでした。広島の自宅を出て34時間近くかかったことになりました。

21日(木) 午前10時過ぎには裁判所前に着いたが、運転中足が吊った後遺症、右肩の痛み、痛み止め薬などのせいで歩いたらふらつき、満足に歩けず、チラシ配りの気力もなく、若林・大高さんと歓談し、車の中で寝たりし、午後2時過ぎ、三井霞が関ビル隣の東京倶楽部ビルにあある中国塗料東京本社に行き、清水節9月29日「第1回口頭弁論傍聴チラシ」、「中国塗料求釈明申立書に対する清水節の対応などチラシ」、準備書面などをポスティングし、ビル近辺でチラシを配り、その後、虎の門4丁目、富士火災本社ビルを探し、交通事故第8回傍聴チラシを1時間ほど配ったが、人通りが少なく、10枚程度しか配れなかった。

9月22日(金) 清水節知財高裁所長第1回口頭弁論チラシを配り、午後中国塗料東京本社ビル、富士火災本社でチラシ配りをやったが人通りが少なく、効果がないことがわかり、午後6時ころ、荻窪Kさん宅に向かい、金、土、日とKさん宅に泊まらせてもらいました。

24日(日) 妻から東京の裁判所から書類が特別送達されたと連絡があり、中を見てもらったら国からの答弁書だったので転送してもらった。

25日(月)7時30分にはKさん宅を出たが、渋滞がひどく、裁判所前には2時間近くかかってしまった。中国塗料本社ビル、富士火災本社ビルでのチラシ配りはやめ、裁判当日まで裁判所前で清水節傍聴チラシを配ることにした。

チラシ配りの間に、民事16部へ出向き、準備書面(1)、清水節証人尋問申立書、証拠甲11号証から13号証及び証拠説明書を提出した。書記官から国の答弁書は広島に送ってしまったと言われたので現在転送してもらっていると答えた。姫野、山田さんが陣中見舞いに来られた。

26日(火) 国賠償、国側答弁書が妻から届いた。内容は、不知、争うの羅列だったが、何が不知で、何を争うとは書いていないものだった。

29日(金) 午前中まで傍聴チラシを配り、裁判所の駐車場に車を移動し、姫野さん、山田さんと昼食をご馳走になり、530号法廷に向かった。

  第1回口頭弁論には若林、大高、姫野、山田、酒井さん他3名が傍聴してくれました。

 思ったよりすくない傍聴人でした。

担当裁判官は谷口安史裁判長,安江一平,丹野由莉裁判官です。

裁判長は、表向き紳士的でした。

 

今回、清水節知財高裁所長を訴えた傍聴チラシを配ったが、判決を出した裁判官を訴えるのは珍しいので、けっこう手応えがありました。

 ある弁護士は、「これほどの能力をこんなことに使わず、違ったことをやれ、」と言われたので、能力があるからできることで、能力がなければできないと答えたら笑っていました。

 

以下は、口頭弁論の概要です。

1        裁判長は、原告準備書面(1)、清水節証人尋問申立書、証拠甲11号証から13号証及び証拠説明書の陳述をしますかと言った後、「清水節と国は、分離します。清水節裁判は今回で結審します」と裁判長が言ったので、「行為者は清水節であり結審は

2        納得できない。どうしても結審するのであれば弁論再開申立てを行う」と伝えた。

3      そして以下清水節答弁書内容を読み上げ、この答弁書内容はお粗末極まりない。このような人物が知財高裁所長であることは日本の裁判所の恥である。更迭することをお願いすると訴えた。

「第2 請求の原因に対する認否 被告清水節が知的財産高等裁判所平成20年(ネ)第10064号事件の審理に関与し、判決をした合議体の構成員であったことは認める。原告の主張は、裁判官による訴訟の審理方針ないし判決内容に関するものであって、被告清水節への損害賠償の法的効果が生じることは争う。」

4        国答弁書答弁書の内容は、「不知、争う」の羅列であるが、何が不知で、何を争うか内容は不明だから、当方が次回までの「不知、争う」の内容をすべて書き出し提出するので、国に回答をお願いすると申し出たら、裁判長は了承した。

5        清水節本人尋問申立てについては、裁判長の発言がなかったので、ぜひとも本人尋問を行うよう申し入れたが、無視された。

6        本人尋問を行わず、結審することは不当であるとも発言したが、「行う」という答は得られなかった。

7        今後、清水本人尋問を行わず結審することは、不当だと裁判忌避申立てを出し続けて戦うか、それとも国賠償裁判で「清水の本人尋問」を訴え続けるか、どちらを選ぶか迷うところです。

8        次回、12月8日(金)10時30分より530号法廷と決まった。 

 

翌日、Mさんに裁判報告を行い、清水節のお粗末な答弁書を報告したところ、「被告清水節への損害賠償の法的効果が生じることは争う」と「争うのは法的効果だけ」で事実関係は争ってなく、認めていると言われ、この点についての反論書原稿を書きましょうと心強い言葉をもらいました。

Mさんからの原稿は、日曜日、添付立派な準備書面原稿が届きました。これで、次回、清水節裁判は結審されても、私を敗訴にする判決は書きにくくなり、面白くなりました。

Mさんとの打ち合わせ終了後5時前広島へ向かい、仮眠しながら30日(日)4時前、無事自宅に着きました。

風呂に入り、朝、パンを一つ食べただけだったので、軽い食事をとり、7時過ぎには寝ましたが、疲れと身体の痛みで熟睡できなかった。

12時過ぎ、腰、右肩の痛みで目が覚め2時間近く眠れず、2時過ぎにやっと眠り、翌朝8時過ぎに起き、朝食をとりまた寝ました。

1時過ぎ目が覚め、昼食後、整形外科に出向き、右肩の痛みがひどく、眠れないので東京での滞在を1週間切り上げて戻ってきた。何とかして欲しいと伝え、治療を受けたが、治療中、右肩のどこを触られても痛みが走り、あまり効果があったようには思えなかった。

 

 火曜日から昨日まで相変わらず夜間、肩の痛みで眠れず、薬のせいで日中はボウとし、ふらふらしてパソコンもできず、情けない日々が続いています。ただ、毎日運動公園に出向き、ウオーキング、ストレッチに励んでいますので体力は回復すると期待し、励んでいます。

 痛み止めを飲んでもあまり効かずまたふらふらするので6日から薬をやめています。痛みがひどくつらいですが耐え、頑張っています。

 

以上が今回の東京での報告です。

いつものことですが、いろいろ皆さんのご支援をいただきありがとうございます。

 

                                                                                                                                 以上

 

日本の民事裁判を考える会

阿修羅になったヤス
―日本のきしみと悲鳴が聞こえる―
阿修羅になったヤスPART2
『路上はヤスの法廷だ!』 CDROM
―民事裁判(官)のカラクリがわる、目には目をー
著者 原敏恭
hon-ashura @do.enjoy.ne.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2017年8月1日配信「世の中で一番ばかばかしい買い物、民事裁判!」<『阿修羅になったヤス』>




 山口宏、副島隆彦著『裁判のからくり』には、日本の裁判における「法曹ギルド」(裁判官・検察官・弁護組の法曹三者からなる機能団体)の隠された大犯罪についてこう書かれている。

 「〜〜どうやら、弁護士たちは、自分の客が『これは弁護士先生を信頼して、正直にお話することなのですが…』としゃべったことを、なんと相手方の弁護組、あるいは検事にまで、こっそり漏らしているようなのである。さらには、裁判官にまで筒抜けになっていることが多いらしい。これが本当なら由々しき事態である。日本の裁判制度の根幹に関わる大スキャンダルである。法曹三者としては、絶対やってはいけないことのはずなのだ。が、実際には頻繁に起きている」

 「私たち一般国民も滅多にないが、仕方なく裁判に関わることがある。自分が抱え込んだ苦しい揉め事を、せっかく信頼できそうな弁護士を捜し出して依頼して、自分の権利と正義の実現を求めて裁判所に訴えたのに、裁判が始まってしばらくすると、どうも自分の弁護士が相手方の弁護士と直接連絡を取り合っているようなのだ。『この件については、これぐらいの金額で手を打ちませんか』と電話で話し合っているのである。どうも日常茶飯事で、この裁判外の弁護士同士による勝手な取引が行われているらしい。これらは『裁判外の和解』の手続きとも異なる。当事者双方(原告、被告)は、何も知らされていないのだから」

 「民事事件においてだけではない。前述した通り、刑事裁判においても、この悪事は見られる。犯罪容疑で起訴された被疑者(刑事被告人)の弁護士が、それとなく検察側とつながることが多いのである。それだけでも問題なのに、さらには裁判官にまでも話がつながっている場合が多い。まさか、そんな、と耳を疑う人が多いだろう。しかし、これが現行の日本の裁判制度の最大の秘密なのである。私たちは警戒心を持たなければならない」

 「日本の法曹ギルドは、この法曹悪事を深刻に反省しなければならない。代理人弁護士は、絶対に依頼人を裏切ってはならないのだ。すでに多くの法律関係者が、いまの自体が危機的状況にまで来ていることを知っている。ここに日本の裁判制度の真の崩壊の危機が横たわっていると言っても過言ではない」

 「日本では起訴された事件の98,88%が有罪になる。この恐るべき数字の理由もここにある。刑事被告人たちは、法曹三者の“”阿吽の呼吸“によって、見事にテンプラ一丁であげられていく。だから被告人が法廷に立って弁明し、「私は、そこまではやっていない。そんことまでは認めていない」と喚いても、もう遅いのである。法曹三者の方がすべての情報と知識を共有しているのだから、被告人は気付いた時には、もう丸裸も同然である」

 何という司法の世界であろうか。社会常識も良識も品格もない世界である。裁判を経験した者が、2度と裁判をやりたくないと思うのは当然だろう。【原 敏恭】

 

 

 

 

 

 

 

 


2017年7月19日配信「世の中で一番ばかばかしい買い物、民事裁判!」<『阿修羅になったヤス』>




 裁判官の出世主義について、江波戸哲夫著『官僚大研究』には、次のように書いてある。

1 物言えば唇寒し裁判所


 元最高裁判事・谷口正孝に会った時、「どうも最近は最高裁が行政追随になっているようですが」と水を向けた。

 

 「無礼な!」と反撃されることも覚悟していたのだが、谷口は、「そうなんですよ。どうしてそういうことになってしまったのですかね」と屈託のない表情を返してきた」。

 

 谷口は、驚くほどの率直さで、現在、最高裁について抱いている思いを話してくれた。

 「私は、裁判官は自らの良心と法に従って堂々と判決を下すことだけ心を傾けていればいいと、常々思ってきたのですが、そんな話をしたら、小田中(聡樹・東北大教授)君に『あなたがおかしい。自分の知っている良心的で、いい論文を発表しているような判事は地方の裁判所ばかりを回っている』と言われてしまいました。確かに立身出世主義を掻き立てるような風潮が裁判所内部にあって、それに勝ち残れなければ昇給や任地に大きな差が出るということであれば、裁判官は自己保身するようになって、長いものに巻かれろということになるでしょうね」

 もう少し谷口の話を聞こう。


 「最近の若い陪席判事など、自らの良心と法どころか、裁判長の顔色ばかりうかがっている者もいるようですな。こういう風潮の中で、若い諸君に向かって「冷遇されても構わんじゃないか。勇気を持って頑張れ」とはとても言えない。公平な人事を保証するために、第三者委員会のような制度を作った方がいいのかもしれないですね」と。

 最高裁判事までが、ここまであっけらかんと認めている裁判官出世主義が、今の裁判官の世界であるということを、どれだけの人が知っているのだろうか。


 これでは「正しいことを正しい」と判決する裁判官に巡り会えるのは、宝くじに当たるようなもの。こんな裁判に高いお金を払って民事裁判を買っている国民はたまらない。



2 今の裁判制度では社会・生活常識のない欠陥裁判官しか育たない


 裁判官には書記官、調査官、事務官が裁判官に仕え、裁判官の指示に従い、裁判官の言いなりに仕事を行う。時には裁判官の指示で調書の改竄まで行うとまで言われている。裁判官の住むところは感謝で、一般市民との接触がない人たちである。

 安倍晴彦弁護士は、著書『犬になれなかった裁判官』で次のように書いている。

 「他人との接触といえば、それは裁判官と言う職業的地位・立場、いうなれば『権力的地位・立場』に基づいた場合に限られていく、一般市民からかけ離れた人たち(人種)である。・・市民の感情がわからない」と。

 民法は、社会常識の中で良識部分が法律になったものと私は思う。それゆえ、民事裁判官に求められるものは、社会常識・良識、そして人間性である。


 市民生活・常識がわからない裁判官たちが、市民生活の「軋みや軋轢から生じる民事事件」を裁くことは出来ない。【原敏恭】

 

 

 

 

 

 


2017年5月18日配信「古いアルバムめくってみれば嗚呼、懐かしや、懐かしや!」 


 ツワモノどもが暴れまくった夢の跡あり、これから夢を紡ぐ黄金郷あり、既に夢が叶った新天地あり!――嗚呼、懐かしや、懐かしや!――間もなく平成の世も遠くなりにけり!

 

 















 

 

 



profile

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

還暦川柳
還暦川柳 (JUGEMレビュー »)
公益社団法人 全国老人福祉施設協議会

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

テレビはなぜおかしくなったのか
テレビはなぜおかしくなったのか (JUGEMレビュー »)
金平 茂紀,永田 浩三,水島 宏明,五十嵐 仁

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM