2019年1月8日配信「日産事件、ゴーン再逮捕は吉か凶か?――地検特捜部70年の盛衰史」<事件>


 裁判所の思いがけない“造反"にあって、カルロス・ゴーン被告が保釈されそうになった12月21日、東京地検特捜部は特別背任容疑での再逮捕、という“荒技”を繰り出した。

 最初の有価証券報告書への役員報酬の不記載と同じように、いかにゴーン容疑者が「日産自動車」を“食い物”にしたかという検察のリークをもとにしたマスコミ報道が連日のように続いている。

 私的な投資で発生した評価損18億5000万円を自身の資産管理会社から日産に付け替えたうえ、その際に“世話”になったサウジアラビアの知人に、「委託費」などの名目で1479万ドル(現在のレートで約16億円)を振り込ませた――。

 確かに、露骨な特別背任行為である。

 報道によれば「海外の連結子会社の中東日産から、業務委託費など偽装しやすい名目にして、3〜4億円ずつ分散して送金した」という。

 だが、ゴーン容疑者は、相変わらず強気に容疑を否認。「損失の付け替えでは日産に実害は出ておらず、知人への送金はトラブル解決などのために業務委託をしていた」と、主張している。

 特捜検察には捜査権と公訴権がある。

 自らが逮捕した容疑者は、自らの手で起訴するのは当然のこと。公判では、金融商品取引法違反(有価証券報告書の不記載)と、会社法違反(特別背任)の二つで裁かれるが、合法にこだわり、部下などにそう指示したハズの「ゴーンのカベ」を突破できるのか。

 「不記載」についてゴーン被告は、弁護士のグレッグ・ケリー被告や、やはり弁護士で今回は司法取引で敵に回ったハリ・ナダ専務執行役に、しつこく「合法的にやれ」と命じていた。

 おそらく今回も同じだろうが、08年のリーマンショック後の付け替えと09〜12年にかけての振り込みが、直接、つながる証拠はない。

 ブラジル、フランス、レバノンと3ヵ国の国籍を持ち、紛争地帯レバノンで大学までを過ごしたゴーン容疑者は、違法が身を滅ぼすことは百も承知。合法の仕掛けは怠りなくやっているに違いない。

 今回、スキーム作りに関わったのが、司法取引に応じた二人のウチのひとりで、秘書室元幹部であることが特捜部の“強み”だが、この容疑には、「自己または第三者の利益を図る目的」を立証しなければならないという高いハードルがある。

 加えて、サウジアラビア人を共犯にしなければならないが、「資産家の王族」という人物の捜査などできるのか。

 実質的に初めての「司法取引案件」となったことで、検察に失敗は許されない。

 万一、戦いに敗れれば、ゴーンの逆襲とそれに乗るルノーの攻勢にあい、日産経営陣は追い詰められ、それは日本の国益に沿わないばかりか、今後の司法取引を利用した捜査に重大な影響を及ぼす。

 それが、一度は諦めた「特別背任での逮捕」を復活させた理由である。

 特捜部は、マスコミを引き連れて、世論をリードしながら自分たちの思い通りの決着を目指すかつての唯我独尊組織に“先祖返り”した。

 そうした姿勢が吉と出るか凶と出るか――。

 2018年は、特捜部誕生から70年目の年だった。

 旧日本軍の不正を取り締まる陰退蔵事件捜査部として47年11月に発足。昭電疑獄、炭管疑獄などの摘発を経て存在価値を認められ、49年5月、東京地検特捜部となる。

 そこからは、政官財の不正摘発を任務とするだけに、浮沈の連続で勢いよく捜査着手し、国民の喝采を浴びるかと思えば、調子に乗って突き進み、政界からの逆襲、無理な捜査への国民的批判を浴びて失速する。

 戦後の混乱期、政治家の連続摘発などで恐れられる存在となり、54年、造船会社からの賄賂を多数の政治家が受け取っていた造船疑獄では、佐藤栄作・自民党幹事長の逮捕許諾請求を出した段階で、法務大臣が指揮権を発動、事件は潰された。

 そこから復活を遂げ、76年、「今太閤」といわれた実力者の田中角栄元首相を逮捕したロッキード事件では、「闇将軍」となった角栄元首相が、法相を自派閥で独占、以降10年、「検察冬の時代」に突入した。

 85年、「闇将軍」が脳梗塞に倒れてから、政界捜査が復活、砂利船汚職、撚糸工連事件などを経て、「政・官・財・マスコミ」を未公開株で汚染していたリクルート事件に着手、喝采を浴びた。

 以降、特捜部は「黄金期」を迎えたものの、98年、総会屋事件を機に、旧大蔵省と日本銀行の官僚たちを接待容疑で逮捕(大蔵・日銀接待汚職事件)、「接待は潤滑油で慣行。特捜部はやり過ぎだ」という批判を浴び、しばらく小休止に入った。

 捜査手法の見直し、特捜検事のローテーション人事などもあり、全体に捜査力の衰えを指摘されるようになった09年頃から、大阪地検と東京地検のそれぞれ特捜部が、特捜弱体化の声に反発するように“無理筋”の案件を手掛けるようになり、いずれも失敗した。

 「西」が厚労省局長を狙った村木厚子事件であり、「東」が小沢一郎・旧民主党幹事長を狙った陸山会事件である。

 なかでも大阪地検特捜部は、証拠資料まで改ざんしていたことが発覚、特捜部長以下が逮捕された。

 以降、「厳冬期」といわれる状況となったが、その陰で検察幹部が腐心していたのが、新しい捜査手法の司法取引を獲得するための刑事訴訟法の改正だった。

 ゴーン事件の実体は、「ルノー」に「日産」を併合させないという国策捜査であり、グローバル化のなか海外要人でも逮捕するという意気込みを見せた捜査であり、司法取引を使った絶対に負けられない捜査事例の第1号である。

 掛かっているのは71年目に入った特捜部の意地と名誉であり、存在価値である。

 

 はてさて賽の目はどちらに出るか?――吉と出て当然、凶と出れば地獄である。【戌】

 

 

 

 

 

 

 

 


2019年1月5日配信「週刊0510の特選レース」<週間レース社提供>

 

 

 


2019年1月4日配信「週刊0510のおススメ展覧会」


2019年1月1日配信「新年のご挨拶」

 

 

  謹 賀 新 年

 

    『世の中は 「こそ」の2文字の置き処

    「こそ」で乱れて 「こそ」で収まる』

   

     重ねて明けましておめでとうございま〜す。wanwan!

     弊社CEO・勘太郎で〜す。wannwan!

     浅学非才の若輩犬ですが、wanダフルな1年になるよう

               編集部一同、粉骨砕身頑張ります。

     今年もご愛読のほどお願い申し上げます。wanwan!

 

            平成31年1月元旦    KANTAROU                

 

 


2018年12月31日配信「週刊0510のおススメBOOKS」

 

 

 


2018年12月29日配信「東京仙人島週間mini情報」

 

「本当のヤクザは命を張っている。よく勘違いしている奴がいるけど、ヤクザは学校で落ちこぼれた連中がなるんだと思われている節がある。俺から言わせてもらえば、勘違いもいいところだ。その辺の会社員にヤクザなんか務まらない。それはそれは厳しい社会で、人と人との繋がりの濃さが違う」(「歌舞伎町阿弥陀如来」・藤井学著・サイゾー)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

<社会>

 

★「大山鳴動?」日大アメフト部、パワハラ騒動の体操も共に第三者委員会が「お咎めなし」のスカタン裁定!

 

★「バカも休み休み言え!」「女子の方がコミユニケーション能力が高いので〜」――順天堂大学医学部不公平入試で医学部長がハチャメチャ言い訳。

 

★「世間ではこれを裏口と言う!」日大医学部の入学試験で医学部OBの子弟を優先入学のデタラメも高山学部長は「他大学に比べれば悪質に非ず」と逆ギレコメント。

 

◆「フェイク景気!」…戦後2番目の長さで景気が「いざなぎ越え」の怪。

 

★「任に非ず!」…東京証券取引所のボス・磯田瞭CEOがインフラ投信購入で大幅利食い。

 

◆「やってられるか!」…「もはや法治国家ではない」――田中正明・産業革新投資機構ら民間役員9人が嘘つき経産省に罵声を浴びせて辞任。

 

◆「出し遅れの証文⁉」…インチキ入試の東京医大の理事11人が辞任。

 

★「宣伝したTV局も同罪!」…元不良が経営するワンステップスクール湘南校から寮生10人が脱走。

 

★「それ見たことか!」岩手県雫石町の水道事業を運営する「イーテックジャパン」の突然の値上げ要求に住民たちが反発。

 

★「見返りは何?」…文科省が416万円の負担を ベネッセHDに要求。

 

★「隠すより顕わる」…42人の重軽傷者を出した札幌爆発事故で「アパマンHD」の株価が大暴落。

 

★「これで全員集合だべ!」…逃亡中だった五反田海喜館事件の主犯・小山某がフィリピンで逮捕。

 

★「前倒し逮捕で脱牢阻止!」…東京地検特捜部が保釈目前のゴーン容疑者特別背任容疑で再逮捕。

 

 

<政治>

 

★「スッテンコロリン」…安倍首相の今年の漢字「転」は、転機の「転」でなくて転倒の「転」だろうwwwの声。

 

★「トップセールスマン失格⁉」トルコ、ベトナム、アメリカ、リトアニアに続き「日立製作所」のイギリスへの原発輸出頓挫も安倍首相は「ボクちん、知〜らない!」の能天気。

 

◆「派閥内はガラクタばかりで心労?」…後任は竹下亘前総務会長?――検査入院した二階俊博幹事長に重病説。

 

★「バカ呼ばわりの巻」「やれることをやらないで、やれないことをやろうとする安倍首相は判断力が悪い」――小泉純一郎元首相が安倍首相を痛烈批判。

 

★「暗愚外相」…「次の質問どうぞ!」――記者の質問に答えない(答えられない?)河野太郎外相「史上最低の無能外相!」の声。

 

★「IQは小学生並み?」桜田五輪相「大臣の仕事は答弁書を正確に読むことです」と胸を張って答弁の巻。

 

◆「既成事実作り?」…防衛省が沖縄辺野古基地建設のための土砂搬入を開始。

 

 

<企業>

 

★「日立最大のM&A」「日立製作所」がスイスの重電大手「ABB社」をから送配電事業を8000憶円で買収。

 

◆「将来は分社化⁉」「日本郵政」が米保険大手「アフラック・インコーポレッド」3000億円を出資。

 

◆「日仏戦争⁉」仏・ルノー社はゴーンの社長・会長職を解かず。

 

◆「西川会長のはずが…」「日産自動車」が後任会長を選ぶ予定の取締役会(17日)を延期。

 

★「10万弗を返せ」「日産自動車」が不当利益でゴーン氏の姉をリオデジャネイロ州の裁判所に提訴。

 

★「ファーウェイの呪い⁉」…新規上場の「ソフトバンク」株価が売り出し価格1500円に対し終値は1282

 

 

<海外>

 

★「人質合戦⁉」…中国国家安全省がカナダ元外交官マイケル・コブリグ氏と会社経営者のマイケル・スパバ氏を拘束。

 

★「米国移送?」…カナダ当局に逮捕された孟晩舟・ファーウェイ副会長が8億5000万円で保釈。

 

★「外堀埋まる?」…口止め、ロシア疑惑のトランプ大統領コーエン元顧問弁護士に禁固3年の実刑判決

 

◆「次から次に〜」…米連邦検察がカタール、サウジアラビア、アラブ首長国連邦から違法献金を受け取った容疑でトランプ大統領の捜査を開始。

 

★「独裁国家へまっしぐら!」…トランプ大統領と対立のマティス国防長官が2月末で辞任。

 

 

<訃報>

 

🌸落語家の三遊亭笑三さんが肺炎のため死去。享年92。

 

🌸落語家の三遊亭小円朝さんが肺のため死去。享年49。

 

🌸能楽小鼓方幸清流の福井四郎兵衛さんが心不全のため死去。享年88。

 

🌸俳人の遠藤若狭男さんが死去。享年71。

 

🌸宮田親平・元週刊文春編集長が死去。享年87歳。

 

 

 

 

 

 


2018年12月28日配信「お笑い界の巨匠もお手上げ!?――ビートたけし、夫人と愛人の対立激化で離婚調停は遅々として進まず!」<芸能>

 

 

 芸能界の誰もが感じているのが、ビートたけしを襲っている「老い」だ。

 もともと悪かった滑舌は、歯切れの良いスピード感のあるコメントで補っていたが、今は頭の回転が衰えたのか、反応は遅く、言葉が口にこもって聞き取りにくい。

 好奇心旺盛で知識欲もあり、政治経済からお笑い、芸術に至るまで、一家言持っていたのに、最近は語る範囲は狭まった。

 「老い」は誰にも訪れるが、「四天王」といわれた「タモリ」「所」「さんま」といった他の面々が、それを感じさせない各自の境地を保っていることを考えれば、たけしの71歳という年齢だけのせいではあるまい。

 指摘されるのは、18歳下の愛人・恵美子女史の存在である。

 今年に入ってたけしは、弁護士を立てて幹子夫人との離婚調停を進めている。

 これまで、たけしの“浮気”は認めてきた夫人だが、“本気”は許さない。

 「離婚調停は、最終的に資産をどう分与するか、慰謝料をどうするか、といった金銭面の話し合いとなり、どこかで折り合いがつけられるものだが、幹子夫人の感情のもつれもあって、長引いている。『今まで稼いだものはすべて渡す』と、たけしが覚悟を決めればいいが、それでは愛人が許さない」(離婚事情を知るたけしの知人)

 恵美子さんは、通称「エミゴン」――。たけしは、今年3月に独立、恵美子さんと2人で設立した「T、Nゴン」の所属になった。社名の「ゴン」は、彼女の愛称に由来するが、どんな女性なのか。

 「もともとは銀座の著名クラブ『姫』、でホステスをやっていました。そんな出会いのなかホテル業の男性とつきあうようになり、ビジネスパートナーを務めていた。たけしさんとは、元ラグビー選手が六本木でやっているクラブで出会った。細身の美人で頭が良く、強気の彼女をひと目で気に入ったそうです」(芸能プロ社長)

 たけしの母は、怖い教育ママとして知られた北野さきさんの影響もあって、たけしは「マザコン」であることを隠さない。

 86年のフライデー襲撃事件が、「おネエちゃんを守るため」で、94年の生死をさまよったバイク事故が、「細川ふみえとの密会」に駆けつけるためだったように、たけしは芸人らしく破天荒で、女性絡みのスキャンダルは少なくない。

 だが、売れない芸人時代からの糟糠の妻である幹子さんも、そしてエミゴンも、本気で好きになった女性は、「時に本気で怒るかと思えば、弱気になった時は励まし、甘えさせてくれる母のような存在」(前出の知人)だという。

 だから互いに譲らず、金銭だけではない女の意地が絡んでくる。

 エミゴンとのつきあいのなかで、たけしのなかにあった毒気は失せた。

 今は、どこに行くにもエミゴンを同行させ、芸人仲間と呑み歩くことも、各界の人と交流し、刺激を受けることもない。

 T・Nゴンの所在地は、2人が暮らす世田谷区等々力の豪邸で、仕事が済めば、そこに直帰して手料理で酒を飲む。ゴルフの回数もめっきり減り、腹が突き出て運動不足と不節制は明らかだ。

  たけし独立の後、たけしが唯一の稼ぎ頭の「オフィス北野」は、たけし軍団の造反もあって森昌行社長は退任。同社は、解体寸前である。

 同時に、森氏との別れは、「たけし映画」を支えた辣腕の映画プロデューサーを失うことでもある。

 「天才たけし」は、最後の生き場所と寄り添う相手を愛人に求めた。――それは本人の生き方だが、その代償は「老いの露呈」という形で現れている。【亥】

 

 

 

 

 


2018年12月26日配信「人生本因坊師の甘辛時事問答」

 
(東京映画・1963年)


――さあ、今日のテーマはお約束の種子法水道法、それに水産関連法ですよ。

本因坊師「エエ〜ッ!――法案の内容も十分議論されとらんのに、入管法同様、数の力でダダーッと強行採決しやがって、ホンマに今の内閣の横暴ぶりは目に余るなあ。しかし、もう決まったこと。今さらワシらがワイワイ言うたところでゴマメの歯ぎしり。気が抜けてしもうて、話をする元気もないがな」

――確かに。でも、だからと言って、このまま黙っていたのでは益々、奴らは調子に乗るんちゃいますか。

本因坊師「それはそうだが、あんな馬鹿議員を選んだのは国民やぞ。今さら、文句を言うんなら、バカを選んだ自分たちの一票を反省するほうが先だろうよ」

――そらまあ、そうですが…。

本因坊師「ところで、よく刑事ドラマなどで、『アイツはシロだ』とか『いや、クロだ』とか言うセリフがあるけど、何故、赤や青でなくて、白と黒なのか知っとるか?」

――エ〜ッ! う〜ん! 分かりません。

本因坊師「ボーッと生きてんじゃねえよ!」

――(またナントカのひとつ覚えで、チコちゃんの真似をして)何故ですか?

本因坊師「よっしゃ、よっしゃ。じゃあ、教えてやるか。その代わり、特上天ぷら蕎麦大盛一丁な」

――(特上のうえ大盛とは!)御意!

本因坊師「あのなあ、人間は死んだ時――善行を積んできた人物の場合は顔色が白くなり、反対に悪行の限りを尽くして人生を送ってきた人間は真っ黒になることが由来なんじゃよ。――ウオッホン!」

――さすがは老師、随分と博識ですねえ。

本因坊師「まあな…」

――どこから、そんな知識を仕入れたんですか?

本因坊師「それはヒ・ミ・ツ!」

――そんなこと言わないで教えてくださいよ。

本因坊師「親交のある奈良県の某寺のクソ坊主じゃよ」

――そんなあ。さぞかし高名なお坊さんのはず。クソ坊主だなんて失礼にも程があるでしょ。

本因坊師「なんの、なんの。世間では高僧、名僧と言われとるが、奴は高校の同級生。大学時代はあっちのオンナ、こっちのオンナと、色道修行に励んだ破戒坊主よ。クソ坊主で悪けりゃ、エロ坊主だよ」

――じゃあ、そのエロ坊主、失敬!そのお坊様が死んだ時の顔色は、きっと桃色ですねwww」

本因坊師「『棺を覆いて定まる』――先人の言葉は含蓄があるなあ」

――今の世で成功者と呼ばれ、栄誉栄華を謳歌している人間の大半の死に顔は、おそらく真っ黒でしょうね

本因坊師「( ̄∇ ̄;)ハッハッハ――そうかも知れんなあ」

 

 

 

 

 

 

 


2018年12月24日配信「週刊0510のおススメBOOKS」

 

 


2018年12月20日配信「“反社スーパー玉手”を買収⁉――“エッグ・キング”伊勢彦信イセ食品社長の迂闊!」<事件>

 

 黄色い外観の派手な電飾で知られた「スーパー玉出」の創業者逮捕が、鶏卵生産トップの「イセ食品」や、同社に出資する「豊田通商」のコンプライアンス問題にまで発展、今後の動静が注目されている。

 大阪府警は12月3日、「スーパー玉出」創業者の前田託次容疑者(74)が、飛田新地の「売春宿」として使われている店舗の賃料を、指定暴力団山口組系極心連合会幹部などから受け取っていたという組織犯罪処罰法違反容疑で逮捕した。(☛罰金30万円)

 前田容疑者と反社の関係は、関西ではよく知られたところで、過去に外国人不法就労で問題になったこともあるし、不動産を巡る怪しい取引に、前田容疑者の名が指摘されることも少なくなかった。

 だが、「スーパー玉出」自体が、今回の事件で、直接、影響を受けることはなかった。

 今年7月、営業権を「イセ食品」の関連会社に譲渡していたからだ。

 45店舗の営業権総額は約50億円。不動産は、そのまま前田容疑者の関係会社が保有するものの、「反社スーパー」という“汚名”は免れた。

 逆にいえば、最良のタイミングで売り抜けた⁉わけだが、焦ったのは「イセ食品」である。

 同社は、創業100年を超える老舗で、売上高は471億円。「森のたまご」というブランド名で知られ、北米など海外でも事業展開、伊勢彦信代表「エッグ・キング」と呼ばれている。

 「前田逮捕」を受けて、「イセ食品」には問い合わせが殺到、急遽、ホームページで関係を否定した。

 <株式会社アイセ・リアリティーが設立した株式会社フライフィッシュがスーパー玉出のスーパー事業を譲り受けた件に関して、当社は株式会社アイセ・リアリティーと何らの情報共有を行なっておらず、方針決定にも全く関与しておりません>

 確かに「アイセ社」は、伊勢氏が全額出資する不動産会社。スーパー事業と鶏卵事業を分けるために、「アイセ社」が35%を出資、他の卸売業者や運送業者などからの出資を得て、「フライフィッシュ」を設立した。

 会社法上は完全な別会社だが、伊勢氏が経営に関与しており、広い意味ではイセ食品グループだろう。

 また、「イセ食品」とかねてより業務提携するなど親しかった「豊田通商」が、今年4月の時点で「イセ食品」に資本参加、社外取締役を送り込んでいる。

 飽和状態の国内市場から、東南アジア、インド、中国などに販路を広げたい「イセ食品」は、トヨタグループの商社部門である「豊田通商」の総合力に期待した。

 安売りスーパーの買収とトヨタグループとの連携――伊勢氏が、前向きな事業意欲を見せて、半年も経たずに反社との関係が表面化。前田容疑者の所有物件で営業を続けているという意味では“反社つながり”であり、トヨタグループまでその“輪”のなかに入れ込んでおり、早急の対策に迫られている。

 それにしても驚かされるのは、伊勢氏の89歳を迎えてなお衰えぬ事業意欲である。

 富山県出身で、農業高校を卒業後、父親が創業した「伊勢養鶏園」に入り、育種改良の技術者だった父のもとで養鶏を学ぶ。

 伊勢氏は、その小規模事業をアメリカの養鶏業を取り入れて大規模展開、グループ40数社の今の規模にした。

 一方で、伊勢氏は日本有数の美術品収集家として知られ、これまでに1000億円以上を投じたという。

 印象派絵画の一大コレクターで、尾形光琳によって大成した琳派の絵画、中国陶磁器、アール・ヌーボーなどのガラス器などでも日本屈指のレベル。所有するのはイセ文化基金だが、コレクションの収集意欲にも衰えはない。

 卒寿を迎えても意欲満々のワンマン経営者に意見する人などいないが、「スーパー玉出」の買収には、前田容疑者の評判もあり、社内に反対意見は少なくなかった。

 それを押しての買収だけに、「個人出資」の形を取ったが、「イセ食品」とトヨタグループにコンプラ問題を発生させてしまったのは痛恨の極みであろう。

 お節介ながら、いくら元気溌溂とはいえ、今回の“事件”は後継へのバトンタッチを考えるべき時期に来ていることを暗示する予兆なのでは…。【辰】

 

 

 

 

 

 

 



profile

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

還暦川柳
還暦川柳 (JUGEMレビュー »)
公益社団法人 全国老人福祉施設協議会

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

テレビはなぜおかしくなったのか
テレビはなぜおかしくなったのか (JUGEMレビュー »)
金平 茂紀,永田 浩三,水島 宏明,五十嵐 仁

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM