未公開株詐欺会社ドーマー追及第5弾! 「塚原は私たちの命を奪うのか!」老後資金を騙し取られた被害者夫婦が怒りの告発!!

ドーマー

 度重なる警察当局の摘発にもかかわらず「未公開株詐欺事件」は後を絶たない。そればかりか、その手口はますます悪質化、巧妙化しつつある。つい先日も、発足したばかりの消費者庁の関連団体を装って「未公開株の被害者を救済するための社債を買わないか」とか、「消費者庁が主催する高利回りの基金に出資しませんか」などという怪しい勧誘が横行、“第二の振り込め詐欺”ともいうべき様相を呈しつつある。
 こうした事態に対して、当局関係者は「これまでの一罰百戒的な摘発では根絶できない。今後は税務当局とも連携、あらゆる法律を駆使して販売業者はもとより、株券発行会社、仲介ブローカーを徹底的に取り締まるつもりだ」と語るが、折しも来月は“この種の犯罪の摘発月間”とのこと。果たして“年貢”を強制納付させられるのは誰であろうか。

 さて、未公開株詐欺会社「ドーマー蝓廖碧楴辧δ耕邯上田市、塚原菊一社長)を徹底追及する本誌渾身の連載企画も今回で5回目を迎えた。これまでに被害者から寄せられた“激励メール”、“SOSメール”の数は既に30件以を越えつつある。
 詐欺師たちの甘い言葉に易々と大枚を叩いた被害者の迂闊さは責められるが、それ以上に塚原社長の所行について許せないのは、同社が「上場」どころか、「完全な倒産状態」(=取引金融機関)にあるにもかかわらず、「2009年春のジャスダック上場」のために「あずさ監査法人に監査を依頼」し、「上場時の公募価格は1株=40〜45万円」と明言して、“無価値な紙切れ”を「1株=25万円」という“騙しそのものの価格”で一般に販売するという、例えれば“木の葉”を“小判”に変えてほくそ笑む“タヌキ”が如き、あまりにも“世間を舐めた厚かましさ”である。

 今週は、別件の取材も兼ねて、本誌にメールを寄せてくれたS氏(北関東某県在住)の許に足を運び、購入の経緯や「株式公開準備室」との遣り取りについて話を聞いた。
 S氏は定年退職した元公務員。老人会の集まりで、やはりドーマーを買っていた友人に教えられて本誌の記事を知り、「まさか?と思いつつメールをした」とのことであった。

 記者が座るやいなや、挨拶もそこそこに不安な面持ちのS氏が聞いてきた。

S「失礼な聞き方で申し訳ありませんが、『週刊0510』で書かれていることは事実ですか?…事実だったら、家族には内緒で老後資金のほとんどを注ぎ込んでしまったものですから大変なことになります」

──残念ながら事実です。(ドーマー社の決算書、調査報告書、旧本社と現在の本社、および塚原社長の自宅不動産登記簿謄本、あずさ監査法人回答書、金融機関担当者との取材メモなどを見せ、さらに株式公開取引室の営業トーク録音テープを聞かせる)

S「(食い入るように資料を見つめる同氏が口を開いた)ドーマーのセールスマンは電話で『確かに今年の春に上場します』と言ったのに。(株式売出要項と書かれた書類を見せながら)この資料にもちゃんと2009年春に上場と書いてありますよ」

──残念ですが、みんなデタラメです。詐欺師は何とでも言いますし、平気で書類を作るものです。でも、この資料は決定的な証拠ですから、大事に保管しておいてください。

S「(それでも恨めしそうに)25万円で買っても40〜45万円で売れればと思って買ったのですが」

──上場間近になっても幹事証券が未定だなんて、新規上場の実際を知らない人間の“仕事”です。

S「株を買ったのは初めてですし、そんなものかなと思ってしまいました」

──ドーマーに約束が違うのでお金を返して欲しいと請求したことは?

S「一度だけ上場時期が遅れているので問い合わせたことがありますが、その時は『株式市場の環境が良くないので秋頃にズレた』と電話に出た社員が言ってました」

──株主総会の招集通知なんかは送られてきたことがありますか?

S「そんなものは今まで、一度もありません。確か、株を買った時に玄米の小さい袋が送られてきただけです。(急に肩を落として)そうですか、上場するなんていう話はみんな嘘っぱちだったんですね。このことは家内には打ち明けましたが、息子や娘にはまだ内緒なんです。老後の資金と葬式代にと思って貯めていた大事なお金なんですが、会社自体が倒産状態だともう返ってきませんか。塚原さんは『私たちに首を吊れ!』と言ってるのと同じですよね。酷い人だなあ」

──警察や弁護士には相談されましたか。

S「(小さな声で)まだです。今まで警察や弁護士にお世話になったことは一度もありませんから。でも、記事によると塚原さんは『3万円』と強調していましたが、私は25万円で買ってるんですよ。差額の22万円は何処へ行ったのですかね。『株式公開準備室』で保管しているのだったら、22万円だけでも返してくれないですかね。同じ会社でありながら、3万円と22万円に分けるなんて、おかしいと思うんですが」

──その「おかしいこと」については既に税務署と警察が動いています。いずれSさんのところへも問い合わせがあるはずですが、その時は刑事事件ですから、残念ですが、お金は返って来ない可能性が大きいと思います。現段階では、未だしっかりした確認は取れていないんですが、塚原には未公開株販売以外にも余罪があるようなので、ひょっとしたら“そっちの事件”の方から火の手が上がるかもしれません。

S「……(虚ろな目で天井を見上げながら沈黙)……」

──私で協力できることがあれば、いつでも相談に乗ります。警察に相談に行かれるのなら、県警本部から所轄に紹介して貰うように手配します。塚原やその背後にいる悪い奴をこのままにしておいたら、Sさんみたいな方が次から次へと生まれますから。奥さんとよく相談して、またご連絡ください」

 「未公開株詐欺」は、平凡な人生を歩んできた善良な人々の余生の糧を奪うばかりでなく、精神を絶望の淵に叩きこむ卑劣極まる犯罪である。
 「ドーマー許すまじ!株式公開準備室許すまじ!塚原菊一許すまじ!」…本誌は彼らが縛に就くまで、さらに追及を続ける所存である。(以下次号)【甚八郎】

ドーマー未公開株詐欺事件追及第4弾! 「ドーマー」と「株式公開準備室」の奇妙な関係に税務当局が特段の関心!!

「ドーマー」と「株式公開準備室」

 御年59歳、来年にはめでたく還暦を迎える塚原菊一社長のダンマリはなおも続く。取材開始から延々40分。額に脂汗を浮かべ、眼の下のクマを何度も擦りながら只管、沈黙を守ってきた同社長が突然、口を開いた。

「今、資生堂とダイドー・ドリンコと業務提携の話を進めています。株式の持ち合いの話も出ていますし、これさえ決まれば我が社は立ち直りますから、株主の皆さんにも喜んで戴けると思います。(急に声を張り上げて)場合によっては、売却した株券を買い戻してもいいと思っています」

──お聞きしたいのは、そんなことではありません。ドーマー株式は25万円で一般株主に売られているのに、社長の手許には3万円しか入金されていない。一体、どういうことですか。

「うーん。(困ったような顔をしながら)保秘義務がありますから今は言いたくありません」

──ドーマーは社長の会社でしょ。自社の株を自分で売るのに「保秘義務」というのはおかしい話ですね。
 それはともかく、先程、株券を買い戻すとおっしゃいましたが、幾らで買い戻すお積りですか。25万円ですよね、当然。

「冗談じゃありません、3万円ですよ。私は3万円しか受け取っていないのですから」

──株主は25万円で買ってるんですよ。差額の22万円はどうなるんですか。

「株主がいくらで買おうと私には関係ない!ドーマーには3万円しか入っていないんだから」

──しかし、「株式公開準備室」(中央区八丁堀・上掲右写真)もドーマーの一部門でしょう?それなのに、どうしてドーマー本体には3万円しか入金されないのですか。おかしいじゃないですか。22万円はどこへ行ったのですか。名目は何にせよ、ドーマーの帳簿に載っていなければ「脱税」になるのじゃないですか。それとも、公開準備室はドーマーとは独立した特別なセクションなのですか。

「そ、それは。…(またもや沈黙)…後日、顧問税理士に聞いてお答えします」

──登記簿謄本によれば、ドーマー社の発行株数は4800株ですが、社長は今までに何株売却し、何人の新しい株主が誕生したのですか。

「はっきりは分かりませんが、売ったのは1000株ぐらいで、株主は400人くらいでしょうか」

──随分と曖昧な話ですが、20%もの株式を400人もの一般の方に売却して、よくノホホーンとしていられますね(苦笑)。株券売却について取締役会は開いたのですか。
 そもそも株券は社長の手許にあるのですか。元社員の方から、どこかに担保として入っているという話を聞きました。

「取締会の決議はキチンと取っていますし、株券も会社の金庫の中にありますよ。その中から少しずつ売却分を持ち出しました」

──25万円で購入した方の名前は株主名簿に記載されているのですか。

「順次、事務員に作成させています。次の決算までにはキチンとしますよ」

──失礼な質問かもしれませんが、新たに株券を刷って販売したということではありませんか。さっきも言いましたが、株券は借金の担保で第三者の手許にあるのじゃありませんか。もし、これが事実なら現在販売している株券はダブル・ブッキング。すなわち『偽造』ということになりますが。

「(声を荒げて)誰がそんなことを言っているのか。担保になんか入れていない。売却したのは私が保有している株券だ。たかが4000万円程度の資金調達で、そんなことはしない。失礼なことを言うな(穏やかな表情から一転してキレる)」

──しかし、株主名簿は作成中、売却した株数も曖昧では無責任の誹りを免れないのでは。

「だから、それはさっきも言ったように、もうすぐハッキリさせます」

──でも、本社はいつの間にやら移転。東京支店も、大阪支店も既になし。あずさ監査法人では監査はしていないと明言するし、「株式公開準備室」の言っていることは嘘ばかりじゃないですか。本当に株式を公開するのですか、公開できるのですか。

「あずさ監査法人なんて、私は知らない。(パンフレットを見ながら、真面目な顔つきで)こんないい加減なパンフレットは初めて見ました。私は絶対に作っていない。公開準備室が勝手に作ったのかもしれない」

──じゃあ、株式公開の話も公開準備室の勝手な作り話ですか。

「いや、株式は公開したいと思っていますし、出来ると思っています。詐欺と言う認識はまったくありません。責任者によく聞いておきます」

──いくら上場基準が甘くなったとはいえ、今なお監査法人もない、幹事証券も未定で、上場日が今年の春なんて、世間をなめるのもいい加減にしないと。

「………(記者を睨みつけながら再び、沈黙の行に入る)」

 現在、ドーマーについては警察に加えて、税務署も内偵を開始しているのを知ってか知らずか、平気で口から出任せの「作り話」を連発する塚原社長。…最大限の弁護をすれば「未公開株詐欺は、発芽玄米に懸けた夢を実現するための已むを得ない手段」ということになろうが、詐欺は詐欺。本誌はさらに取材を進める。(以下次号)【甚八郎】

ドーマー未公開株詐欺事件追及第3弾! 塚原菊一社長が「1株3万円で卸したのは事実だが、25万円で売っているのは知らない」と責任転嫁発言!!

ドーマー蠅硫饉勸篤皀僖鵐侫譽奪

 前々号から始まった本誌の連載記事に対しては、その後も「株式公開準備室から奨められて1株25万円で購入した」方々からの問い合わせが続いている。なかには「それでも上場すると思います」、「書かれていることは間違っている」とドーマー蠅棒擇覆ご待を懸ける意見もあったが、「おかしいとは思っていたのですが、やはり…」、「記事が本当なら詐欺じゃないですか。許せません。告訴します」と落胆、あるいは怒りに震えるものがほとんどであったことをまず報告しておきたい。

 インターネットで「ドーマー株式会社」でクリックすると発芽玄米を大々的にPRするドーマー社のHPが出現する。会社概要の画面に掲載された塚原菊一社長の余裕たっぷりの表情は頼もしい。しかし、社名と社長名以外、書かれていることは(先週の記事で指摘したように)本社所在地をはじめ、取引金融機関、社員数など基本的なことですら、すべては嘘、あるいは数年以上も前のことだらけである。未公開株を販売する詐欺会社は多いが、ここまで嘘で固めた会社も珍しい。

 かつては“玄米の匠”として、地元メディアにも頻繁に登場、発芽玄米の効用を滔々と語っていた塚原社長は、なぜ“詐欺師”に転落したのか。
 
 「人柄も穏やかで、いつもニコニコ。会っても話題は決まって玄米のことばかりで、そんな大それたことをする人ではないはずです」
 数年前の同社長を知る複数の業界関係者は異口同音に、彼の人柄の良さ、真面目さを口にする。

 また、数年前まで同社と取引していた中堅スーパーの担当者も、本誌の取材に驚きを隠さない。
 「玄米は一般のコメより値段も高いのですが、ドーマーさんの『発芽美人』は評判が良くて仕入れてもすぐに売り切れるほどの人気商品でした。少なくとも商品に関しては騙しはありません」

 意外すぎる好評判?には驚きだが、ドーマーが「取引金融機関」と掲げる地元銀行の声は違った。個別の取材には「NGですが…」と断りつつ、匿名を条件に次のように語ってくれた。
 「正直なところ、塚原さんには翻弄されっ放しで頭を痛めています。一部は整理回収機構に回しましたが、ご指摘の通り融資に対する返済は完全に焦げ付いており、手前どもでは事実上の倒産状態と判断しています。塚原さんはアイディアマンではあるんですが、次から次に新商品の開発に乗り出しては失敗の連続で、その度に取引先とトラブルを起こしていたようです。
 未公開株販売ですか?ええ、株主からの問い合わせも相当件数あったみたいで、我々も困っています。手形、小切手の類いを発行していないので(法律上の)倒産はないし、このままだと破産を申請するしか手はなさそうです。昔はそれなりの人物だっただけに残念と言うしかありません」

 すべてが「昔の名前で出ています」式のインチキ口上で「発芽玄米」の代わりに「自社株券」を販売することで糊口をしのぐドーマーの窮状が目に浮かんでくるが、ここはやはり社長直々に、話を聞くしかあるまい。
 「商談で関西に出張中」(同社女子事務員)のはずの塚原社長を都内で発見、話を聞いた。

──早速ですが、派手に自社株を販売しているようですが。

塚原「えっ、ええ!…………(沈黙)」

──どう見ても株式公開なんて、ありえない経営状況だと思うのですが。

塚原「経営が苦しいのは事実ですが、上場できるように頑張っています。現在も大手企業との業務提携話を進めていますし、これさえ決まれば立ち直れます」

──どこですか、大手企業って?

塚原「言えません。(胸を張って)保秘義務がありますから言えません」

──取引金融機関も融資が焦げ付いて頭を抱えていましたよ。現在の借入金は全部でいくらあるのですか?

塚原「………(なぜかニコニコしながら沈黙。しきりに額の汗を拭く)」

──本当にあずさ監査法人に監査を依頼しているのですか?

塚原「………(なおも沈黙。しきりにコップの水を口に運ぶ)」

──社長は1株25万円で株券を販売しているようですが。

塚原「(ムキになって)そんな高い値段じゃありません。3万、3万円ですよ。私が売った値段は!…25万円だなんていう値段は知りません」

──3万円で誰に売ったのですか?

塚原「………(またもや沈黙)」

 3万円で自社株を販売したことだけは認めたが、販売先を聞いた途端、またもやダンマリ。貝になってしまった塚原社長と対峙すること20分。この期に及んでも、時にため息、時に薄笑いを浮かべながらも依然として“黙秘権”を行使するふてぶてしさは天下一品。販売相手に余程の弱みを握られているのか、それとも、これが本性なのか。弱々しい風貌には似合わぬふてぶてしさは、人を食って生きる“大物知能犯”の風格さえ感じさせるものがあった。(以下次号)【甚八郎】

ドーマー未公開株詐欺事件追及第2弾! 開店休業でも売上高は8億円!? 堂々の架空決算で株券販売に拍車!

ドーマー株券

 手許に大手調査会社が今年の4月に作成したドーマー蠅亡悗垢詈鷙霆颪氾亠簿謄本がある。
 まず、同社の本社所在地であるが、登記簿謄本では長野県上田市常磐城3丁目3の19となっているのに、報告書によれば同市下之郷812の31と記されている。
 一体、どういうことなのか。同社の元社員によれば「常磐城の本社は上田駅からも近くて便利でしたが、家賃が払えなくなって追い出され、工場があった下之郷に引っ越しを余儀なくされたのです」

 支店登記がされている東京都港区芝5丁目9の12の東京支店はどうなのか。
 「東京支店も家賃を1年以上溜めて叩き出されました。…大阪支店ですか?…HPにはそう書かれているようですが、とっくの昔になくなっていますよ。…中国の現地法人?…何年も前のことですが、中国で開催された見本市に参加した際に、構想として出た業務提携話をもっともらしく書いているだけで、実体はありません」(前出の元社員)
 いやはや、「会社案内」からして嘘まみれとは畏れ入る。これでは先週号でご登場願った捜査関係者が怒り狂うのも無理はない。

 次に、役員はどうなのか。塚原菊一社長以下、山内里子、木村栄一は平成17年以後も変わっていないが、監査役の牧俊夫は同18年の就任である。電話番の事務員しかいない同社にあっては、どうせ員数合わせのための“借名役員”であろうが、念の為に聞いてみると、苦笑しながら「ご指摘の通りです」(前出同)のひと言が返ってきた。

 また、社員数も報告書では13名、ドーマー発行の会社概要には57名と書かれているのだが、実際は何人なのか。「注文があっても商品を作る資金がないのですから電話番を入れて2〜3名しかいないはずです」(前出同)

 やれやれ、何から何までインチキだらけ!?…肝腎の決算だが、報告書には03年10月期の売り上げ18億9000万円をピークに、年を追う毎にほぼ20%づつ減少、07年には最盛期の55%減の8億6000万円に、さらに昨年には同70%減の6億3000万円と釣瓶落としの減収が記載されている。
 いかにも倒産に向けて助走をしているかのような売上高の減少だが、ちょっと待って欲しい。開店休業でありながら、厚かましくも6億円を越える売上高を計上するとは、これまた偽装の匂いがプンプンする。

 「私が知る限り、ドーマーがまともな決算を発表したのは、ここ数年ではまったくありません。社長は、カネを引っ張るためなら平気で粉飾決算をする人でしたから、本業が傾き始めた05年以降の決算は、利益が出ていないのに利益を計上するなど、まったくのデタラメのオンパレードでした。とにかく、私が辞める時には仕入代金にすら四苦八苦していましたから、実際の売上高は桁がふたつぐらい違うのではないでしょうか(笑)」

 
 以前は融資を受けるために、そして現在は未公開株を販売するために平気で粉飾決算を行う!…「貧すれば鈍する」…かつては“玄米大学総長”と評されたこともある塚原社長に似合わない大胆すぎる詐欺師ぶりには仰天させられるが、この悪行の数々は「貧すれば鈍する」ゆえの暴走なのか、それとも「塚原社長の手許不如意につけ込んだ第三者の入れ知恵」でもあったのか。
 いずれにしても、死に体企業にインチキ決算の衣装を着せて「株式公開」を口にするとは、正真正銘の詐欺と言っても過言ではない。次週では、“紙切れ販売”の窓口となった「ドーマー株式公開準備室」についてレポートする予定である。(以下次号)【甚八郎】

※先週号の小誌記事に対しては、ドーマー蠅粒主(と思しき方)から9件、西日本地方の某県警から1件の問い合わせを戴いた。株主のなかには「上場の邪魔をしないで欲しい」、「発芽美人は美味しいし、信頼できる会社です」と純真無垢な方(あるいはドーマー社関係者)からの“お叱りの言葉”もあった(2件)が、それ以外は「心配していましたが、やっぱり…」、「老後の資金がなくなりました。どうしましょう?」と途方に暮れるものばかりであった。


profile

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

還暦川柳
還暦川柳 (JUGEMレビュー »)
公益社団法人 全国老人福祉施設協議会

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

テレビはなぜおかしくなったのか
テレビはなぜおかしくなったのか (JUGEMレビュー »)
金平 茂紀,永田 浩三,水島 宏明,五十嵐 仁

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM