倒産寸前のJALで西松社長を盾に使う岸田副社長一派の深慮遠謀

 日本航空(JAL)が、相変わらず、倒産寸前の綱渡りのような経営を続けている。
 昨年3月、金融機関など15社に優先株を発行して1350億円を調達、「年間60億円を配当します!」と、西松遥社長は見えを切ったが、09年3月期は下方修正を続けて630億円もの赤字に転落、初年度から約束を果たせず、これで金融機関からの資金調達の道は閉ざされた。
 結局、頼るところは国で、西松社長は国交省に泣きついて財務省への橋渡しを頼み、勝栄二郎官房長が事実上の「社長」といわれる日本政策投資銀行から約2000億円の融資の約束を取り付けるのに成功、民事再生法申請という最悪の事態は免れた。
 西松氏は徳な人である。再生への期待を裏切り続け、増資や調達の際の約束は何ひとつ果たさないのに、責任論が出てこない。財務畑出身でしがらみがなくJAL利権に無縁。昨年には「年収960万円でバス通勤する」という清貧ぶりが米CNNに流され、高い評価を得たこともあって、「政官」も金融機関も責任を問いにくい。
 この据わりの良さを利用、西松氏を盾に自分たちの権益を確保、待遇を守ろうとしているのが岸田清副社長をはじめとするJAL最大派閥である。パイロット出身の岸田氏は、機長組合、乗員組合などに顔が利き、経営企画、運行、経理、調達、客室など枢要部分は岸田派の役員で占めている。
 3年前の内紛で、「4人組」といわれた岸田派は当時の新町敏行社長に反旗を翻し、一時、冷や飯を食ったものの、完全に復活、役員会を牛耳る。一匹狼の西松社長のクビをすげ替えることは可能だが、国の監視が強まり、一層のリストラ要求が予想されるため、彼らの頭のなかには、国やマスコミの批判をかわしつつ、現在の高給与、高待遇、高保障をいかに維持するかしかない。
 それには受けのいい西松社長体制を継続、イザという時の詰め腹を西松氏に切らせ、その後継を岸田氏でワンポイントつないで、T、O、Kといった守旧派の“仲間”で回したいというのが彼らの本音である。
 岸田氏がワンポイントなのは、会社謄本上の住所は静岡県伊東市ながら、そこには帰宅せず、会社にも居場所を隠して都内高級マンションを転々、「火宅の人」を続けているからだという。そんな人が最大派閥を率いるJALに、自主再生など望むべくもあるまい。【伯】

SFCGにローン債権を二重売買された日本振興銀行の経営危機

 保証人を取ったうえでの強気の貸し付けと情け容赦のないシビアな回収で、「ザ・カネ貸し」の代表として君臨した大島健伸前SFCG社長は、昨年秋以降の金融断末魔に、完全に常軌を逸していた。
 「恥知らず」はカネ貸しにとっての褒め言葉だが、ここまで徹底すると怖いし、なによりSFCGの関係者が、「どんなに厳しいことを言っても筋が通っていたのに、今回は錯乱状態だった」とまでいう。
 それはそうだろう。2670億円相当の債権や株などの資産が、破綻直前の4ヶ月間に大島氏の親族会社などに無償や格安で譲渡、特別背任、民事再生詐欺など数々の罪に問われるのは確実で、「すべて立件されれば、無期懲役(15年)並の実刑判決になるのではないか」(司法関係者)と、言われている。
 最大の被害者は日本振興銀行だ。新銀行として新銀行東京とともにビジネスモデルを探しあぐねていたが、商工ローンと消費者金融への「卸し金融」の道を見つけたことで、飛躍的発展を遂げる。09年3月期見通しは、預金残高が4024億円、貸出残高3134億円で、経常収支は29億円の黒字だった。
 メガバンクが軒並み大赤字を記録するなかこの業績見通しは凄いが、SFCGからのローン債権買取残が930億円あり、そのうち同行のサンプリング調査の結果で2割、経済誌の報道では700億円近くが二重譲渡されているというのに、引当金をまったく積まずに業績予想を発表しているのが不可解だ。
 実際、二重譲渡の際の優先権は、日興シティ信託、新生信託など証券化した信託銀行にあるという。しかも、過払い利息返還請求が発生する可能性もあれば、SFCGの厳しさとしつこさ抜きには回収できないリスクも存在、「十分に担保は取っている」という銀行サイドの発表は甘いというしかない。
 既に金融庁は、庁内に「振興銀行対策班」を設置、もしもの場合に備えている。というのも、日本振興銀行の正味の自己資本は200億円しかなく、SFCG分の引当次第では、債務超過に陥る可能性がある。そうなると、「ペイオフ第一号」が現実味を帯びる。
 日本振興銀行といえば、竹中平蔵元金融相の右腕だった木村剛氏がオーナーを務める。「かんぽの宿」のオリックス問題ではないが、竹中氏の新自由主義路線への反発が強まるなか、財務省・金融庁に敵の多い木村氏の銀行が、金融庁の「指導」で危機を迎える可能性は十分にある。【駿】


profile

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

還暦川柳
還暦川柳 (JUGEMレビュー »)
公益社団法人 全国老人福祉施設協議会

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

テレビはなぜおかしくなったのか
テレビはなぜおかしくなったのか (JUGEMレビュー »)
金平 茂紀,永田 浩三,水島 宏明,五十嵐 仁

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM