2017年1月1日配信  −<新年のご挨拶>−



 

  『過ぎにし方を思えば昨日の夢の如し』――「木の葉が沈んで石が浮く」ーー仮初の愛国心を掲げ、正義と平和を声高に叫ぶ“妖怪たち”が跋扈する時代が続いています。

 思うに、そんな“妖怪たち”を産んだのは、彼らの危険な主張に無関心を決め込む多くの国民であり、そして彼らを育てたのは、社会の木鐸とは名ばかり。権力と対峙するという本分を放棄し、“妖怪たちの提灯持ち”となって恥じない大新聞、TV各局など大マスコミではないでしょうか。

 『翻然悔悟』――こうした時代の趨勢に鑑み、今年も小誌は「金持ち相手に喧嘩せず」をモットーに老骨に鞭を打ちつつ「賽の河原の石積み」に精を出したいと心を新たにしています。 (平成29年1月元旦)










 


2016年12月31日配信「年の納めの仏さま巡り」<寄稿>

 



 



 




 

 

 

 


 


2016年12月30日配信「人生本因坊師の甘辛時事問答」<連載>


 
いい加減に…(☚wikipedia)

 

――良い悪いは別にして、トランプ氏の当選で為替は円安、株価は2万円も指乎の間。大騒ぎした"黒田バズーカ"、"異次元の緩和"、"マイナス金利の導入"などすべてが空振り。ガッカリです。

本因坊師「何を今さらギッチョンチョン。お前は『黒田東彦総裁なら大丈夫』とアホみたいに言うとったが、ワシは就任当初から、『黒田ではアカン。為替も株も国際情勢によって動く時代に小手先の戦術は通用しないぞ』と言ったはずや。論より証拠。その通りになったやないか(笑)」

――老師の慧眼には脱帽ですが、どうして黒田総裁ではダメと言い切ったのですか?」

本因坊師「足跡と人相や」
 
――顔は老師の好みでないのは分かりますが、足跡って何ですか?

本因坊師「文字通り経歴や」

――東大卒、大蔵省財務官、一橋大の教授を経てアジア開発銀行総裁、そして日銀総裁と赫赫たる経歴じゃないですか。

本因坊師「能吏なのは分かるが、アジア開銀は大蔵省の外郭銀行のなかでも一番、年俸の高いところで有名だし、日銀もまた然り。退官後はお国のために御恩返しをするのならまだしも、御身大事、ギャラの多寡で転々とする守銭奴に腹の座った仕事ができるはずないやないか!」

――御意!

本因坊師「大蔵省のOB連中も、顔を会わすたびに『そろそろ〜』、『エエ加減に〜』と忠告しとるようだが、本人は馬耳東風。いまだに2%がどうの、緩やかな回復がどうのと、グダグダ寝言をつぶやいとるんやから始末が悪いわな」

――職責は重大。世が世であれば、腹掻っ捌いて責任を取らなければいけない立場ですよね。

本因坊師「白髪頭の腹なんかどうでもいいが、注目すべきは、年末から年始にかけて行われるヨーロッパの選挙だ。クレイジー・トランプに続けとばかりに、排外主義を掲げる国民戦線が勢力を増しているフランスをはじめ、イタリア、ドイツでもEU離脱の動きが強まっている折、もしヨーロッパがバラバラになればユーロは"ユースレス通貨"になり、結局はドルが基軸通貨になってしまうことになる。そんな先が見えない時代だというのに、含み損10兆円、自己資本7兆円、引当金3兆円で債務超過寸前というのに、日銀券を刷りまくっている黒田クンは、おそらく『後は野となれ山となれ』と思っているんじゃないかな」

――もちろん、役立たずの黒田総裁を任命した安倍首相も同罪ですよね。

本因坊師「シンゾウ首相のことや、『わしゃ知らん』だろう(笑)」

――「時代の大きな変わり目」に、こういうリーダーの責任放棄現象が起こると聞いたことがありますが…。

本因坊師「たまにはエエこと言うやないか。その通りや」

――(チッ!たまにはが余計です)2017年は激動の年になりそうですね。

本因坊師「The richにもThe poorにも時間は平等じゃ。お前も、いい年を迎えろよ」

――御意。「無事是名馬也」です。老師こそ…」

 

 

 

 

 

 


2016年12月29日配信「東京仙人島通信局週間ミニ情報」<連載>

 

 「安倍外交の最大の特徴は、本人はその場、その場でうまく立ち回っていると思っているのでしょうが、結局、支離滅裂に陥り、失敗に終わっていることです。たとえば、サミットの議長国としてロシアへの"経済制裁"を宣言しながら、日ロ会談ではロシアへの"経済支援"を決めている。一体、何をやりたいのかサッパリ分からない。結果的に国際社会から信用を失っている。27日に真珠湾まで飛んでいくのも、大統領就任前にトランプと会談したことに激怒したオバマ大統領のご機嫌を取るためでしょう。矛盾が生じるたびに、ツケを払っている。安部首相が動くたびに国益を損なっている状況です」(五十嵐仁・日刊ゲンダイ12/22)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

<社会>

 

★「職務犯罪!」…「小便は調べ室でせんかい!」――袴田事件弁護団が再審請求理由に「違法な取り調べがあった」ことを追加して東京高裁に申し立て。

 

★「スカタン市役所!」横浜市役所が内規に違反する誤操作でマイナンバー交付障害

 

◆「職責を考えたら『誠に遺憾』で済まんやろ!」 …同僚女性に対するセクハラ行為の河本某・兵庫県警監察官室長警務部長訓戒の大甘処分。

 

★「テラ銭取りが飯のタネ!」金利よりも手数料!――社会的使命を忘れて投信、個人年金販売で富裕層の財産狙いに狂奔する銀行は今や白昼堂々の"追い剥ぎ"に変身!!

 

★「背景に深刻な人材不足!」…大森支店に続き「三井住友銀行」松戸支店のベテラン女性行員が顧客の預金4億円を横領。

 

★「主幹事欲しさにお目こぼし?」…「勧角+大東」では当たり前!?…東京地裁が「エフオーアイ」の粉飾決算事件で旧経営陣に1億4400万円、主幹事の「みずほ証券」に3100万円の賠償判決

 

★「原因は過度のパワハラ!?…海上自衛隊の遠洋実習航海中の護衛艦「あさぎり」「せとゆき」の海曹クラスの男性隊員2人が自殺。

 

◆「普天間飛行場の移設以外に手はなし!」「知事の辺野古沖埋め立て承認取り消しは違法」――最高裁が翁長雄志・沖縄県知事の上告を棄却

 

★「玉虫色決定!」「違法でも証拠に採用」――東京地裁立川支部が令状なきGPS端末取り付け捜査を×としつつ証拠能力は◎の玉虫色の判断。

 

◆「火の用心!」…師走の火災相次ぐ中で今度は新潟県糸魚川市で150戸、40000が消失の大火。

 

 

<政治>

 

★「頼りなさは相変わらず!」…沖縄・米軍オスプレイ墜落事故で稲田朋美・防衛相が原稿棒読み答弁。

 

★「ヨカ、ヨカ」…さすがは飯塚!――斎藤守史市長田中秀哲副市長が真昼間から仲良く賭けマージャンで「みんなやっていること」と居直り釈明。

 

 

<企業>

 

◆「8期ぶりの無配転落!」…シンガポール向け海洋掘削船建造など実績ゼロの海洋構造物建設事業の相次ぐトラブルで「IHI」が7四半期連続の下方修正。

 

 

<国際>

 

◆「アラー・アクバル!」…トルコでアンドレイ・カルロフ駐ロシア大使がトルコ警察機動隊員に撃たれて死亡。

 

◆「南シナ海波高し」…中国初の空母「遼寧」が台湾東部に接近、台湾が実効支配する東沙諸島沖を航行。

 

 

<原発>

 

 

<訃報>

 

◆元プロ野球選手の加藤 初さんが直腸ガンのため死去。享年66。合掌。

 

◆書家の國吉幸舟さんが肺炎のため死去。享年91。合掌。

 

森下洋一・元松下電産社長が肝不全のため死去。享年82。合掌。

 

◆兜町の風雲児・加藤嵩さんが死去。享年75。合掌。

 

◆ワムの元メンバー、ジョージ・マイケルさんが死去。享年53。合掌。

 

酒井新二・元共同通信社長が肺炎のため死去。享年96。合掌。

 

 

 

 

 

 

 

 


2016年12月28日配信<0510archives>「"第2の豊洲"?ーー大赤字の都立広尾病院移転は必要なのか!」<政治>

 

 

 「豊洲と広尾は相似形だ!」「第2の豊洲」として広尾病院の移転が問題化の様相を強めている。

 移転場所を都が勝手に決め、「豊洲」の場合は築地の仲卸業者や利用者、「広尾」の場合は広尾病院や医療業界関係者の意見をまったく聞いていない。

 どちらも最初に土地と予算ありきの構図である。

 「豊洲」は、築地に近いまとまった土地が「東京ガス跡地」の豊洲にあった。

 ここに移転すれば、銀座に近い一等地である築地を民間に高値で売却できるので、臨海副都心など都の特別会計の赤字を補填したうえで、築地再開発という事業をゼネコンなど再開発業者に与えることができた。

 また、「広尾」の場合は、国にとっては青山の国有地「こどもの城跡地」を都に高値で売却できるというメリットがあったし、都にとっても「こどもの城」と隣接した都有地の「青山病院跡地」を一体開発できるメリットがあった。

 同時に広尾病院跡地は、築地同様、開発業者にとっては魅力ある一等地である。

 欠けているのは、利用者のメリットと都民の目線である。

 豊洲では、東ガス跡地に環境基準4万3000倍のベンゼンが検出され、仲卸業者の多くが「安全性に問題あり」と、反対の立場だったが、既に決定していることだからと、反対業者を切り崩しつつ強引に建設を決定、消費者団体などの反対意見は、最初から聞く耳を持たなかった。

 広尾病院では、都が佐々木勝・前院長などの反対意見をねじ伏せ、息のかかった設計事務所に、お手盛りのような「移転推進」のための報告書を提出させ、密かに370億円の土地買収資金を予算化、今年3月の都議会を通してしまった。

 医師会や病院協会など医療関係者が猛反発しているが、都は一度、決めた移転を取りやめるつもりはない。

 だが、反対意見は根強い。

 広尾病院は「首都災害医療センター」で、都内の救急救命医療の拠点と位置づけられている。

 その役割の重要性についての異論はないが、広尾病院の移転問題を機に、「そもそも都立病院は必要なのか?」という意見が盛り上がっている。

 「都内には、8つの都立病院と都の保健医療公社に属する6つの病院があります。これがいずれも大赤字状態で、都立病院には年間400億円の、公社病院には100億円の運営費補助金が支出されています。救急医療や僻地医療などの役割を担わされているとはいえ、公立病院ゆえの放漫経営と政治家や官僚などの政治利用が、赤字の大きな原因です。民業圧迫の公立病院は見直すべきでしょう」(医療評論家)

 確かに、民間の及ばない部分をカバーする目的で存在している公立病院だが、赤字体質はかねてより問題になっていた。

 前述の数字は都内だが、全国に広げると公立病院の運営費補助金はピーク時で1兆2000億円、現在でも8000億円に達している。

 こうした現状を変えるために、総務省は今年3月、新たにガイドラインを策定、地域医療構想のなかでの公立病院の役割の明確化を求めている。

 そうなると住民が密集、医療体制の充実した都内に、都立病院が病床を多く抱えた現状のままで存続する意味はない。

 なかでも年々、病床利用率が落ち込み、昨年度は60%台となり、都が運営費を27億円も補てんした広尾病院は、「存続の意味」が問われており、新たに土地代に建設費も加えて750億円を投じて青山に移転する必要性などないという。

 「首都災害医療センターは、その役割に特化したものを23区内に設置するか、現在の広尾病院を改修すればいい話。移転の必要性を感じているのは官僚と再開発業者だけでしょう」(前出の医療評論家)

 しかし都の役人は、「第2の豊洲」と呼ばれるようになっても、「騒ぎは一時的なものにすぎない」と意に介さず、青山移転を進める考えである。

 「百年河清を俟つ」――東京都庁の懲りない面々の“悪癖”を変えるのは容易ではない。【子】

 

 

 

 

 

 

 


2016年12月27日配信「人生本因坊師の甘辛時事問答」<連載>  

千葉県立幕張総合高校(☚wikipedia)


――生徒間のいじめ、暴行、恐喝、強姦、そして無残な自殺。先生の体罰、買春、児童ポルノ、盗撮、わいせつ事件。そして学校や教育委員会の卑劣な自己保身と隠蔽。――今や大学から小学校まで「学校の事件」が新聞に載らない日はないと言っても過言ではないぐらい教育現場が荒廃の一途を辿っています。

本因坊師「確かに『仰げば尊しわが師の恩』なんて今は昔の物語じゃが、どないしたんや、今日は?――いきなり格調の高い問題を持ち出して?」

――古くは早大、最近では東大、慶大、近大、千葉大の集団強姦事件は、学生とはいえ一応は成人。刑事事件としてビシッと処理すればいいのですが、問題は、表沙汰になりにくい中学や高校の事件です。

本因坊師「ワシらの時代は、先生といえば生徒はもちろん、親からも"尊敬の眼差し"で見られとったから、仮に問題を起こしても『まさか。何かの間違いでは?』と驚きの声が上がったもんじゃが、今ではそんな声は皆無。反対に『先生に気をつけよう』なんだから…(嘆)」

――昔は「でも、しか先生」が多かったと聞きましたが、今は「公務員」の3文字に憧れて先生になる学生が多いみたいですね。

本因坊師「『出藍の誉れ』――先生というのは人を育てる誇り高き職業ぞ。その聖職にある者が、己の生活を一番に考えるようではアカンわな」

――そうは言っても…。

本因坊師「黙らっしゃい!――生徒を教え育てる情熱無き者が、先生なんぞになってはイカンのじゃ!嫌ならさっさと辞めればエエだけやないか(怒)」

――御意!

本因坊師「分かればよろしい。――ところで、お前が手に持ってる本は何ぞ?」

――高名な教育評論家が書いたものですが、なるほどと思ったのは、教師の不祥事をなくすためには「教員の『情熱度チエック制度』を設けると同時に教師の給料をもっと上げるべし!」とする著者の提言です。

本因坊師「給料はともかく、情熱度のチエックは、誰が判定員を務めるんや。事なかれ主義に凝り固まった教育委員会じゃあ意味がないし…」

――その著者は、「3年毎に生徒会が中心になって主催すればいいのでは」と主張しています。

本因坊師「教師に最も接しているのは生徒だから、先生の実態を知るにはGOOD-IDEAかもしれんな」
 
――そうすれば、千葉県立幕張総合高校(千葉市美浜区・由利聡校長)の島田 洋のような裏表のある教師もいなくなると思います。

本因坊師「幕張総合高校? 島田 洋?――藪から棒に何や。漫才師の島田洋七なら知っとるけど、順を追って話さんかい」

――先日の忘年会で地元紙の記者から聞いた話なんですが――幕張総合高校は、千葉市美浜区にあった幕張北高など4つの高校が合併して出来た高校で、島田は日本サッカー協会A級ライセンス、千葉サッカー協会指導者育成チーフインストラクターの肩書を持っており、同校サッカー部の監督を務めている他、地元のサッカーチームの指導もしている、地元では少しは知られた先生だそうです。

本因坊師「ふ〜ん。ローカルとはいえ、そんな熱心な先生がどないしたんや。体罰とかしごき事件でもあったんかい?」

――そこまであからさまではなくて、HPでは『前向きにサッカーのできる環境づくり』を標榜しているにもかかわらず、部員に丸坊主を強制したり、母親を亡くした選手に無神経な詮索をしたり、好き嫌いで試合に出さなかったり、精神的にダメージを与える陰湿ないじめを繰り返していたそうです。

本因坊師「『スポーツマン必ずしも人格者に非ず』――プロサッカー選手にもおかしいのがチョイチョイおるが、いやしくも『教師』という立場に在る人間が、多感な年頃の生徒に、そんな姑息なことをしちゃあイカンなあ。やるんなら、いっそのこと鉄拳制裁や回し蹴りの方が分かりやすいし、男らしいのになあ」

――昨今の国会議員みたいな、そんな暴論を吐いちゃダメですよ。――これ以上、話を続けていると何を言い出すか分かりませんので、本日はこれにて終わります」 (了)

 

 

 

 

 

 


2016年12月24日配信「週刊0510のおススメイベント」

 


2016年12月22日配信「『立石建設工業』対K氏!――防衛省が買収を躊躇する馬毛島を巡るトラブルの中身」<事件>

馬毛島(☚wikipedia)

 

 防衛省は、米空母艦載機の陸上離着陸訓練(FCLP)のために、馬毛島の買収を内定。2017年3月末を期限に土地価格の算定作業に入っている。

 最終的には、島を持つ「タストン・エアポート」立石勲代表との交渉になるが、その前に問題視されているのが、16年1月に設定されている5億円の根抵当権設定仮登記である。

 権利者は、東京・町田の金融業者のK氏で、債権の範囲は「金銭消費貸借取引手形債権 小切手債権」だが、問題となっているのは、K氏が広域暴力団傘下の元組長であることだ。

 「元」とはいえ、5年前にも銃刀法違反で逮捕された過去があり、どういう経緯で立石氏が資金提供を受け、現状、どうなっているかを確認しないことには、日米安保の“要”ともなるFCLPの訓練基地用に馬毛島を取得することはできない。

 東京に本社を持つ立石建設グループは、砂利採石、産業廃棄物などを営む事業会社だが、95年に4億円で馬毛島を取得して以来、防衛省の買い取りを想定した飛行場建設工事に着手、立石氏は事業家としての「夢」を膨らませてきた。

 馬毛島は、鹿児島県種子島の西方約15キロの東シナ海に浮かぶ無人島で、軍事・訓練基地には最適。現在、南北4200メートル、東西2400メートルの滑走路が敷設されている。

 もちろん米軍基地用には、精緻な舗装作業が必要だが、この段階に漕ぎつけるまでに立石氏は約150億円を投じたという。

 防衛省がこれまでにも働きかけたことはあったが、積年の思いと無理をした資金繰りの苦しさもあって、立石氏が一定期間リースしたうえでの売却を希望するなど条件が合わず、交渉はまとまらなかった。
 
 今回、再び動いたのは、リース契約を引っ込め、一括売却に同意したからで、83歳を迎えた立石氏としては、自分の代での決着を望んでいるという。

 障害となっている仮登記は、資金繰りが苦しくなった立石氏が、「急ぎのカネ」を用意してくれるK氏に頼らざるを得なかったためで、K氏が用立てたカネは4億円にのぼり、立石氏は3億円と1億円の二つの手形を切り、K氏は書き換えに応じていたという。

 だが、16年の段階で立石氏は、警視庁に恐喝被害を訴え、警視庁は同年11月末、恐喝容疑でK氏を逮捕。再逮捕までしたもののK氏は不起訴処分に終わった。

 ぶち切れたK氏は、信頼関係が完全に切れたとして、16年1月、それまで留保していた根抵当権を設定した。

 この仮登記については、16年10月、タストン社が原告となって、K氏に対して登記抹消を求めた訴訟を起こしている。

 まだ係争中だが、14年9月6日付で、立石氏が「確約書」を提出。そこには「9月20日までに返済できなければ、馬毛島に抵当権を設定致します」と、書かれており、切迫した状況が窺える。

設定そのものは16年1月だが、設定原因は14年10月であるのは、登記書類を預かりながら、猶予していたからで、その理由は「元暴力団組長からの借金が表沙汰になるのは、防衛省との交渉のうえからも拙い」という立石氏サイドの意向で、K氏もそれを容認していたためである。
 
 また、仮登記を巡る訴訟の前には、3億円と1億円の手形の支払いを求める手形訴訟も起こされている。

 こちらは原告がK氏で被告が「立石建設工業」である。

 訴訟のなかで立石氏は、借金があるのは認めたものの、そのうちの一部は、仲介者であるW氏に返済したと陳述するなど、複雑な金銭模様が窺える。

  また、15年8月には、「覚書」として立石氏が、K氏とその近親者に、「馬毛島が決まりましたら6億7000万円をお礼として支払います」という文書も残している。


 防衛省は、土地交渉の前に、まずは両者間の「ややこしい人間模様」を解明する必要があろう。でなければ、話は前に進まない。【戌】

 

 

 

 

 


2016年12月21日配信「東京仙人島通信局週間ミニ情報」<連載>

 

 「安倍政権が4年も続いている最大の理由は、メディアを支配下に置いたことでしょう。大新聞やテレビの社長を支配下に置いたことでしょう。大新聞、テレビの社長、政治部長、解説委員といった幹部と頻繁に主席をともにして抱き込む一方、政権批判したメディアには容赦がない。朝日新聞を名指しで批判したこともあります。総務大臣は『テレビ局が公平性を欠いた放送をすれば電波停止もありうる』と露骨に脅している。いつの間にか、政権に批判的なコメンテーターは一掃されてしまった。いまや安倍政権が介入しなくても、委縮したメディアが政権批判を自粛している状態です。メディアが権力批判をやめたら、民主主義は機能しませんよ」(五十嵐仁・日刊ゲンダイ12/7

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

<社会>

 

◆「堕ちた飛脚魂!?…駐車違反で常習身代わり出頭発覚の「佐川急便」東京営業所・佐藤某係長ら6人を犯人隠避教唆で再逮捕

 

★「まさか、まさかの歳末シャブ騒動!?」…「小便ではなくお茶を入れた」の迷言崩せず覚醒剤取締法違反で逮捕のASKAに不起訴処分。

 

◆「破廉恥学生を起訴」…千葉地検が集団強姦致傷事件の千葉大医学部5年生の山田某容疑者ら3人を起訴。

 

◆「何を今さら!?」「法定相続分に応じて配分すべし」→「生前贈与も考慮し遺産分割」――最高裁が預貯金の相続に新判断。

 

★「金・カネ・かね」…世相を1字で表す「今年の漢字」は拝金主義『金』!?

 

★「東芝問題不発?で後ろ髪を引かれながら〜!」証券取引等監視委員会・佐渡賢一委員長が在任10年で無念の退任。

 

◆「本来ならば涜職の罪!?…防衛省が次期多用途ヘリコプター選定で「川崎重工」のSH101を推した武居智久海上幕僚長「訓戒」の大甘処分。

 

★「先手必勝!?「お台場テレビ」「週刊ポスト」発売(12/21)直前に敏腕記者・K君の暴力団関係者に対する名義貸し疑惑に早々とコメント。

 

◆「記者の鑑!?」…落日の「お台場テレビ」が独占映像欲しさにASKA容疑者が利用した「三陽自動車交通」運転手を9時間にわたって"拘束取材"。

 

◆「任命責任はウヤムヤ!」籾井勝人・NHK会長の任期満了での"更迭"の決め手は350億円の不動産購入問題。

 

 

<政治>

 

★「引き分けどころか"完敗"の巻!」…急がば回れと言うけれど結局は"招待旅行"!――鳴り物入りのプーチン大統領&シンゾウ首相の「長州会談」は4島返還には触れない曖昧な共同宣言でシャンシャン。

 

★「悪い冗談!」「私の世代でこの問題に終止符を打つ!」――北方領土の元島民と懇談したシンゾウ首相が十八番の気休め喇叭を高らかに!

 

◆「利権まみれの"亡国法案"が成立!」カジノ法案(IR法案)が衆院本会議で可決、成立。

 

◆「"戦犯爺さん"が豹変!?「アベノミクスは失敗だった」――生みの親の浜田宏一・内閣官房参与が「文藝春秋」誌上で遅まきながら反省の弁。

 

◆「言語道断!」「被害が出なかっただけでも沖縄県民は感謝しろ!」――オスプレイ墜落で在沖米軍トップのニコルソン4軍調整官が上から目線の大放言。

 

◆「雪辱の立候補」逆転有罪判決で辞職した藤井浩人・前美濃加茂市長が出直し選挙(1/29)に立候補。

 

★「都議選は百合子姐さんと一緒に!」…議員報酬削減案めぐって対立の都議会公明党自民党に突然の"離縁状"。

 

 

<企業>

 

◆「2000億円企業へ!」「アサヒグループHDアンハイザー・ブッシュ・インベブ」(ベルギー)傘下の「SABミラー」(英国)を8883億円で買収。

 

◆「住友系がツートップを独占」…三井住友FG社長(CEO)に国部毅・住友銀行頭取、住友銀行頭取に高島誠・同行専務取締役の就任が決定。

 

◆「それでも出光家は合併に反対」「出光興産」が蘭「ロイヤル・ダッチ・シェル」所有の「昭和シェル石油」株式31.3%を取得。

 

◆「引責辞任!」英バーバリー社との提携解消で業績悪化、退任の杉浦昌彦・三陽商会社長の後任に岩田功常務が昇格。

 

 

<国際>

 

◆「出資続々!」「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」にサウジアラビアの「公共投資ファンド」(450億ドル)に続き「アップル」が10億ドルの出資か。

 

◆「全面否認」…国政介入で職権乱用罪などに問われた朴槿恵・韓国大統領の友人=崔順実被告「朴氏との共謀」を否認

 

◆「信頼失墜!?」…仏・共和国法院が職務不履行罪に問われたクリスティーヌ・ラガルドIMF専務理事に刑罰ナシの有罪判決。

 

◆「1年ぶりの利上げ」FRB(米連邦準備制度理事会)が主要政策金利の025%引き上げを決定。

 

◆「過去最大規模!」米「ヤフー」から10億人の個人情報が流出の大失態。

 

 

<原発>

 

◆「甲状腺ガンに初の労災認定」…福島労働局富岡労働基準監督署が福島原発の収束作業に従事、甲状腺ガンを発症した東電社員に初の労災認定

 

★「"利権"めぐって条件闘争」「国の十分な反省が示されていない。廃炉にはさらなる総括が必要だ」――西川一誠・福井県知事「高速増殖炉もんじゅ」の廃炉にブツブツの巻。

 

 

<訃報>

 

◆淡路人形浄瑠璃の人間国宝・鶴澤友路さんが心不全のため死去。享年103。合掌。

 

小里貞利・元衆院議員が肝不全のため死去。享年86。合掌。

 

◆劇団民芸の演出家・高橋清祐さんが心筋梗塞のため死去。享年84。合掌。

 

◆吉本新喜劇の島木譲二さんが脳溢血のため死去。享年72。合掌。

 

◆音楽評論家の伊藤強さんが肺炎のため死去。享年81。合掌。

 

◆俳優の伊東理昭さんが脳腫瘍のため死去。享年63。合掌。

 

◆俳人の小笠原和男さんが心臓麻痺のため死去。享年92。合掌。

 

◆俳優の中津川衛さんが肺炎のため死去。享年79。合掌。

 

◆米女優のザ・ザ・ガボールさんが心臓麻痺のため死去。享年99。

 

 

 

 

 

 

 

 


2016年12月20日<0510archives>「読者の投稿写真-橋- 


























 



profile

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

還暦川柳
還暦川柳 (JUGEMレビュー »)
公益社団法人 全国老人福祉施設協議会

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

テレビはなぜおかしくなったのか
テレビはなぜおかしくなったのか (JUGEMレビュー »)
金平 茂紀,永田 浩三,水島 宏明,五十嵐 仁

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM